ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2022年10月23日

明石公園の千畳芝でブース出展。

私が、ひょうご木の匠の会の会長と

ひょうご木づかい王国学校の副会長にしているので、

10/22の兵庫県民農業漁業祭にブース出展しました。



毎年開催している兵庫県民農業漁業祭は、



コロナも落ち着き今年はたくさんの方が来場。



ブースでは兵庫県の地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫で

入賞した施工実例のパネル展示と兵庫県産木造住宅のPR。



また、桧の箸置きをやすりですって仕上げる体験も実施。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:57Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2022年10月08日

木材フェアでインタビュー

本日、「ひょうご木材フェアin元町」が



元町6丁目商店街で開催され、

ひょうご木の匠の会でブース出展をし、



ラジオ関西よりひょうご木の匠の会長として、

30分ほどの取材を受けました。



取材をしていただいた大西由梨アナウンサーとツーショット。

放送は、(★左記の日時に変更) 11月8日(水)の16:45~16:52の

「しっとう?兵庫の木材」で放送予定です。




  

Posted by 明石の日置建設  at 21:25Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2022年08月20日

お盆休みは、ゆっくりと家族で鹿児島旅行



霧島神宮は、 閑寂な緑に包まれた参道を抜けると、

格調高い朱塗りの荘厳な社殿があらわれます。

天孫降臨神話の主人公であるニニギノミコトを祀った霧島神宮は、

創建が6世紀頃と伝わり、数少ない「神宮号」を名乗る神社です。



高さ46メートル、幅43メートルの雄大な龍門滝は、

古来から薩摩の名所とされ、「日本の滝百選」にも選ばれた。

昔、唐人がこの滝を称して「漢土の龍門の滝を見るのが如し」と

言ったことから、龍門滝と呼ぶようになったと伝えられています。



その龍門滝の近くで、孫娘と一緒に回転するそうめん流しを頂きました。



鹿児島県・霧島連山の南西に点在する「霧島温泉郷」。

江戸後期には、坂本龍馬とおりょう夫妻が日本初の新婚旅行に

訪れた場所としても知られていて、歴史を色濃く感じられる場所。

そんな、霧島温泉で東京から娘夫婦も来て、ゆっくりと家族で、

お盆休みを過ごさせていただきました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 20:23Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2022年08月19日

お盆休みは鹿児島へ

お盆休みに、二人目の孫娘に会いに鹿児島へ



息子がお世話になっているベガハウスの萌櫱を見学と宿泊。

萌蘖(ホウゲツ)は「⿅児島の伝統的建築を、現代に再構築する」を

テーマに、和の建築の真髄を知る 建築家 横内敏⼈⽒、

⿅児島の武家屋敷を研究する⿅児島⼤学准教授 鷹野敦⽒協⼒の元、

息子が工事担当で、2019 年に完成し、民泊として運営。



7/7の七夕に生まれた二人目の孫娘。



広い縁側から庭を愉しむ空間。



ダイニングは暖炉を設置。



今年に、事業再構築補助金をうまく利用して露天風呂を増築。



105年になる牛小屋のあった古民家を改修したナカマの家も見学。



石積の蔵を改修して雑店にされていて、広い庭を利用して、

地元に人ともイベント開催もされているそうです。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:04Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2022年05月31日

ひょうご木の匠の会、「森を元気に!」

「ひょうご木の匠の会」の理念は、

兵庫県産木材の利用を通じて資源循環型林業の確立と

豊かな森づくりを応援するため、「ひょうご木の匠」 登録工務店が

互いにゆるやかに連携し、地域材を使用する意義や木の良さの

PRを一体的に行うほか、情報交換や各種研修の開催、 県行政では

対応が困難であった企業情報を前面に出したエンドユーザー向け

広報活動などを柔軟かつ積極的に展開するための組織として設立した。

県産木材の家づくり工務店一覧です。


本日、兵庫県県民会館で「ひょうご木の匠の会」の総会があり、

今期も会長を務めさせていただくことになりました。



少し古いですが、 ひょうご木の匠の会規約です

総会後の研修会では、

「地球環境問題に寄与する地域工務店の果たすべき役割」と題し、

兵庫県立大学人間環境学部の土川教授に講演いただき、



㈱鷲見製材(ひだまりほーむ)の石橋社長に事例発表していただきました。



「ひょうご木の匠の会」としても久々のリアル開催で、

研究会終了後、懇親会で互いに意見交換をしました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:17Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2022年01月16日

姫路でリノベーション工事その③

昨年より鉄骨2階建ての2階部分の全面リノベーション工事中。



内装下地工事中で、LDKの右奥には小上がりの和室になります。



小上がりの和室下には引き出し収納を作成中です。



小上がりの引き出し収納が最大限確保できるよう

このような薄型のキャスターを下板材に彫り込んで取付けます。



LDKの天井に大工さんが無垢材のヘムパネル板を施工中です。



石膏ボードの施工中で、ほぼ下地か出来上がってきました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 11:23Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2022年01月01日

明けましておめでとうございます。 

新年、明けましておめでとうございます。



江井ヶ島海岸からの初日の出です。



今年もたくさんの人が、明石海峡大橋をバックに初日の出を

写真に収めようと携帯を持って撮影していました。




以下は 12月の日の出の様子です。



12月25日



12月24日



12月23日



12月22日



12月21日

日の出が雲で出で来ない日もありました。





  

Posted by 明石の日置建設  at 11:17Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2021年05月19日

兵庫での家づくりvol.6発売

昨日5月18日に「兵庫での家づくりvol.6」が住宅雑誌が発行されます。



今号の表紙データで、

今号から取扱い書店が前号より30店舗程増えています。

アマゾンでの販売リンク先

https://www.amazon.co.jp/dp/4906619916



「FREEQ 東野の家」が会社紹介のページです。

{家づくり成功物語}では、2邸分をご紹介。



HKハウス高丸Ⅱの家 {眺めの家}



HKハウス西明石北町の家

  {木の香りとくつろぎに満ちた‘落ち着く家‘}

見開きで3邸分を掲載していただきました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 19:08Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2021年01月12日

今年は「残りえびす」で商売繁盛の祈願

昨日、残り福を頂きに、柳原の蛭子神社にお参りしてきました。 



新型コロナの感染爆発で、車で行き、駐車場も近くに止めれました。



夕方16:30頃伺いましたが、露店も全くなく、人はまばらで、空いていました。



それでも、 今年も商売繁盛を願い、神様に今年度の目標達成を誓いました。


「えびす」は日本の神で、現在では七福神の一員として日本古来の唯一の福の神。

古くから漁業の神でもあり、後に留守神、さらには商いの神ともされた。

夷、戎、胡、蛭子、蝦夷、恵比須、恵比寿、恵美須などとも表記し、

えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼称される。   

Posted by 明石の日置建設  at 23:12Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2021年01月01日

新年明けましておめでとうございます

今年も江井ヶ島海岸から初日の出を見に行きました。

日の出時刻は7:07でしたが雲がかかっていました。



それでもたくさんの人が雲の隙間から日の出を見ようと待っていました。



そうすると雲の隙間から下と上に光が漏れ始め、



ようやく雲の隙間から初日の出が出始め、



待つこと30分、初日の出を見ることが出来ました。

左が本州、右が淡路島、それを結ぶ世界一の吊り橋

「明石海峡大橋」の左の支柱から初日の出。



すごくたくさんの方々が、初日の出のベストショットを携帯で撮影中。

海岸の突堤の先まで人が並び、その奥に見えるのが江井ヶ島の灯台です。


本年もどうぞよろしくお願いします。

  

Posted by 明石の日置建設  at 16:03Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年12月31日

今年の漢字 「変}

2020年度の今年の漢字は「変」と書きました。

「51年目の新たな取り組み!」



今年度は新型コロナの影響で弊社も営業方法や働き方等今までとは

違った形で変化し、素早く変化させることで、何とか今期もおかげさまで

業績を下げることなく進めています。

経営理念は変えず本質を求め、手段や方法を時代に応じて変化させて

いくことが大切であり、その事を貫き来年も邁進していきたいと

考えています。

その変化の一つとして只今、弊社の事務所を大改修して、

3/19にはリニューアルオープンしますので宜しくお願いします。

今朝の神戸新聞 朝刊 明石欄です。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:00Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年12月25日

江井島の地域新聞に記事が掲載!

「ワンダフル江井島」という江井島まちづくり協議会が毎月

発行している地元、江井島の地域新聞第46号に私の記事を

掲載していただきました。



その内容は、

私のふるさと

   「ボランティア活動を通して」



                         
この度、「JBN・全国工務店協会」の理事を長年してきた功績に対して、
国土交通大臣表彰を拝受し身に余る光栄です。

これも今まで行なってきた地域でのボランティア活動を活かして、
全国の工務店に対して良質な住宅づくりを進めていくために
下支えしてきたことがこのような形となりました。

 「JBN・全国工務店協会」とは、全国の地域工務店をサポート、
関係省庁や関連事業者と協力・連携し、地域の良好な住環境と、
木造建築物の整備や維持で、地域社会に貢献することを目的とした
全国組織の団体で、現在正会員は2,650社の工務店です。

もともと私は江井島で生まれ育ち、工務店としての事業もしています。
その関係で江井島小学校・中学校でPTA会長や、連合PTAの役員、
また、明石西高等学校の同窓会長も拝命され、その他もボランティアに
いろいろな形で携わってきました。

そのボランティア活動の延長として、弊社の事業にも役に立ち、
地域の社会貢献のため、今なお「JBN・全国工務店協会」の理事として、
近畿ブロックの担当理事として役を担っております。

今後においてもボランティア活動は、このふるさと江井島のためにも、
貢献していきたいと思います。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:27Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年11月26日

京丹後の伊根町にある船屋群

伊根湾を見下ろす高台にある舟屋の里公園は、



山裾にある舟屋群と、波穏やかな伊根湾を眺めるには絶好のビューポイント。



伊根湾は日本海側では珍しい南向きの良港であり、その波静かな海と

山並みの峡間に、海上すれすれに珍しい建築様式の舟屋がすき間なく建ち並ぶ。



一階は伊根湾に向って大きな口を空けた船のガレージで船を引き上げれる、

二階は居室等生活の場となっていて、舟屋は海面すれすれに建っているため、

満潮時ともなれば、あたかも家が海に浮かんでいるような景観となる。



伊根湾には、筏がたくさんあり餌も豊富なので、カモメやウミネコも多い、

そのため、かっぱえびせんを持って遊覧船に乗船すると餌を求めて並走します。

地域独特の建造物が並ぶこの町並は、重要伝統的建造物群保存地区です。
  

Posted by 明石の日置建設  at 07:57Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年11月25日

週末、京丹後へ

京丹後にある和久傳ノ森



何もない場所に、2007年より56種3万本の植樹をして育んで、森のように!



その場所に「森に抱かれてひっそりと佇むような美術館」



 「森の中の家・ 安野光雅館」



コンクリート打ちっぱなしの壁がある長い回廊、周囲の景観に溶け込む杉板張りの外壁。



安藤忠雄氏のデッサンで、設計して2017年6月に完成した建物です。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:49Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年09月23日

勝山町並み保存地区にリファイニング建物

連休で、古き良き町並みをゆっくり散歩。



色鮮やかな「のれん」がかかる町、岡山県勝山町並み保存地区。

コロナの影響か?午前中はほとんど人はいませんでした。



アートスポットでもある「勝山文化往来館ひしお」へ寄って、



明治創業の清友醤油店の醤油蔵を改築した建物で、カフェを頂きました。

その勝山町並み保存地区の端にある きれいな建物「真庭市立中央図書館」



ガラス張りのカーテンウォールに黒とシルバーのガルバリウム鋼板張り、



木も目隠しルーバーとして使ったり、天井にも張っています。



裏に回り外観をよくよく見ると、タイル張り、しかもカーテンウォールの中は、

既設の外壁のタイル張りを残して、リファイニングされた建物でした。

ネットでリファイニング建築を調べてみると、

建築家 青木茂氏が提唱した建築を再生する手法のことでした。

リファイニング建築は、リフォームやリノベーションと異なり、弱体化した

構造躯体の耐震性能を軽量化や補強によって現行レベルまで向上させるとともに、

既存躯体の約80%を再利用しながら、建て替えの60〜70%のコストで、

大胆な意匠の転換や用途変更、設備一新を行い、その行為を繰り返すことで、

建物の建築の長寿命化を図る新たな再生手法である。



改修前の建物の写真をネットで見つけました。

 本計画は,昭和55年に建設された築37年の勝山振興局庁舎を耐震補強すると
ともに、図書館として再生するリファイニング計画。コンセプトは誰もが気軽に訪れ、
思い思いの時間を過ごすことのできるみんなに開いた「広場のような図書館」で、
2018年7月完成。

既存建物を最大限利用しつつ、1,2階を繋ぐ吹き抜けや分散配置された様々な
用途の個室、屋外 テラス、シアターなどを配置しています。庁舎として使われていた
既存建物を一新させ、多様 な空間を持つ図書館。

中も見学したかったのですが、休館日で見ることができませんでした。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:43Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年09月22日

江井島の少年自然の家で、面白い模型を発見

先日、地元の江井島にある「少年自然の家の建物調査に伺い、



夕方でしたので、北側のベランダから西江井島の街並み越しに

きれいな夕日が瀬戸内海に落ちた後でした。



北東側の眼下には体育館と研修棟と江井島の街並みが広がっています。



南側の屋上からは淡路島が一望出来ます。

その、少年自然の家に面白い、立体模型が、



緑色部分の上部は本州で、天文科学館の模型があり、

下部は淡路島で、その中央の白い部分の立体模型が明石海峡です。

海底の深さを表して模型で、たぶん明石海峡大橋のケーソン(柱脚)は、

両サイドの浅い部分に設置されているのでしょう!

また、左の白く光っている部分は、鹿の瀬と言い、

いい漁場場として知られています。



  

Posted by 明石の日置建設  at 08:30Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年09月19日

お施主様がピザ窯を自作 

弊社のお施主様より、耐火レンガ安く手に入りませんかと

問い合わせがあり、何かされますかと尋ねると、

自作でピザ窯を造って楽しもうと思っていますと!

弊社に現場で余ったレンガが種類はバラバラでしたが、

お譲りすると、すぐにピザ窯完成し、



ピザの初焼きが出来ました、というメールをいただき、

おいしそうな手作りのピザにきれいインスタ映えする写真を頂きました。



余ったレンガで上手に組み上げてピザ窯を造られた写真もいただき、

この連休もピザ窯を使って、楽しまれるのかなと思いました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:00Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年08月17日

近場でゆっくりとお盆を過ごしました。

お盆休みは、家でバーベキューと花火で楽しんだり、



孫娘と一緒に須磨の水族館とアンパンマンミュージアムへ。



コロナの関係で、どこの施設も入場制限されているため、

ファミリーパックを使って予約すると、日時の制限のない

チケットが取れるし、割引きがあります。

ファミリーパックとは、

多くの企業が加入することによる「スケールメリット」の強みを活かして、

大企業並みの福利厚生を提供し、会員事業所(企業や店舗等)の

福利厚生制度の拡充や合理化を実現するために実施している

福利厚生サービスです。

兵庫県内の中小企業に勤務する従業員に対し、

兵庫県中小企業従業員共済事業を実施することにより、

当該従業員の福祉増進を図るとともに、あわせて安定した

労働者の確保と企業の健全な発展に寄与することを目的とします。

従業員一人当たり500円/月なので、使えばメリットは大きいです。

詳しくは、こちら




さすがにアンパンマンミュージアムは、息子家族だけで行ってもらって、



私たちはハーバーランドのスターバックスでゆっくりと休憩。

お盆ですが、ハーバーランドも普段の休日程度で、

あまり人も多くありませんでした。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:20Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年08月16日

お盆休みに兵庫県立美術館へ



安藤忠雄設計の兵庫県立美術館で開催中の



「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」へ。



その展覧会の「つづく」というタイトルは、

文字通りブランドの時間的な継続性を示すものですが、

それだけでなく、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、

モノや人が連鎖し何かを生み出していく生成のエネルギーを想起させる言葉。




展示の中で大きな存在感を放つ小屋 shell house は、

皆川の思う簡素な宿を、建築家の中村好文が設計した共作。



中村好文と皆川明のトークの動画が、

展覧会特設サイトにて公開されました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 22:31Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2020年06月21日

あじさい神苑

毎年、この時期に魚住の住吉神社であじさい祭りを

開催されているそうですが、



今年は新型コロナの影響で、中止だそうです。



先日、「あじさい神苑」の矢印があったので、初めて行ってみると



たくさんのきれいなあじさいが咲き誇っていました。



参道があじさいに覆われていて、



あじさいの回路もあります。



カメラを持った方が何人か来られていて、



あじさいを一つずつ撮影もしていました。
  

Posted by 明石の日置建設  at 10:26Comments(0)私の仕事以外の取り組み