ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2022年05月18日

兵庫での家づくりvol.8に掲載

本日発売の「兵庫での家づくりvol.8」という雑誌に掲載!



Amazonでの販売リンク先も念のためお知らせいたします。
https://www.amazon.co.jp/dp/4910670165

まず、家づくり成功物語に掲載

「家づくり学校」を利用して理想のマイホームをかなえた方々。

成功までの物語や家づくりへの思いを質問から紡ぎます。



  『FREEQ小束山の家の成功物語

~「家づくり学校」を利用しようと思ったのは?~

社宅を出なくてはならない時期が近づき、財産を残すためにも家を
持とうと思うようになりました。建てるなら自由度の高い工務店で、
と考えていたのですが、「兵庫での家づくり」で「家づくり学校」には
工務店の情報が揃っていると知り、「これだ!」と思って訪問しました。
最初は予算のことばかり気になっていましたが、大日南さんから
性能も大事だと教わり、家づくりに対する考え方が変わりました。



~ズバリ、この会社に決めた理由は?~

「日置建設」さんの収納のショールームが、私のイメージに近くて。
床下エアコン1台で家全体が暖まるというのもよかったです。
夏に見学したモデルハウスでは、廊下や2階も涼しくて驚きました。
「家づくり学校」が紹介してくれる会社なら、基本性能はクリアしている
という安心感もありました。
打ち合わせ時、決めきれず何度も変更したのに、設計士さんはいつも
穏やかな対応で、意図を汲み取り形にしてくださり、本当に感謝しています。



~家づくりを考える皆さんへ先輩としてのアドバイスを~

まずは「家づくり学校」に行って、話を聞いてみてください。
私は土地が見つかってからじゃないと会社は探せないと
思っていましたが、同時進行で考えた方がいいです。



~担当した私からのコメント~

コストも考慮して規格住宅のLOAFERを選択。
開放感と、1階に収納たっぷり取りたいと言うご要望を踏まえて、
玄関正面はスケルトン階段にし、大容量のリビングクロークを設置。
規格住宅でもしっかりとご満足いただけるお家が提供でき、
快適で過ごされているとお聞きし、よかったです。

今後ともしっかりとアフターメンテナンスも
行いますのでよろしくお願いします。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:27Comments(0)FREEQ小束山の家

2022年04月10日

FREEQ小束山の家 

先日、 FREEQ小束山の家へ ライターさん取材に伺い、

お客様の声をまとめていただきました。



Q 家づくりのきっかけをお聞かせください。

A 社宅の退去期限が近づき、ローンもぎりぎりの年齢なので、
  どうせなら建売住宅を買うのではなく、思い通りの家を
  建てようと思いました。


Q 住宅会社探しはどのようにされましたか?

A 最初はローコスト住宅でいいと思い、ネットで探して
  話を聞きに行きました。

  でも施工された家を見たら建売住宅と変わりなく、
  注文住宅の意味がないと感じたんです。

  たまたま「家づくり学校」の本を見つけて個別相談に行き、
  「性能も大切なんだ」と考えが変わりました。



Q 弊社に依頼いただいた決め手は?

A モデルハウスが素敵で、規格住宅のイメージとは違っていました。
  
  しかも見学したのが夏だったのですが、
  家じゅう2階まで涼しかったんです。

  断熱がしっかりしているんだと思いました。

  あと、収納のショールームが私の希望に近かったことも
  決め手になりました。


Q 家づくりではどんな点にこだわりましたか?

A 今までいろんな家に住んできて、どの家も玄関を入って
  すぐ目の前に壁があるのがイヤだなあと思っていたんです。

  前に遮るものがなく、奥の窓まで見えるようにと希望しました。



  提案されたのがストリップ階段を家の真ん中に配置したプランです。

  階段がちょうどいい目隠しになって、とても気に入っています。



Q 洗面室に隣接した広いファミリークローゼットも便利そうですね。

A これもこだわりました。

  リビングが狭くなっても、衣類を一括管理できる広い
  ウォークインクローゼットが欲しいと希望したんです。

  洗濯物を乾燥機からそのまましまえてスムーズです。


Q 外観の色はどのように選んだのですか?

A モスグリーンとネイビーで迷ったので、
  息子に尋ねたら、「ネイビー!」と即答されました(笑)。




Q 弊社の対応はいかがでしたか?

A 伝えたイメージを汲み取って形にしてくださり、
  設計士さんにはほんとに感謝しています。

  家づくりの途中で様々な情報を目にしてしまい、
  迷って何度も変更したこともあるのですが、
  穏やかに対応していただけました。


Q 住み心地はいかがですか?

A 「エアコン1台で家じゅう暖かい」というのを実感しています。

  玄関を入ってすぐに暖かく、トイレもお風呂も暖かいので、
  ストレスがありません。

  無垢の床は足あたりが柔らかく、キッチンに立っていても
  疲れなくてラクです。
 
  傷はつきますが、もともとつるつるの質感は好きじゃないので、
  気になりません。




Q これから家を建てる人にアドバイスを。

A 私は土地が見つかってからじゃないと工務店探しはできないと
  思っていましたが、同時進行で考えたほうがいいです。

  あと、外溝は最初からきちんと予算をとって考えたほうが
  いいと思います。

  この敷地ははじめジャングルのようで、樹木は全撤去しようと
  思っていたのですが、ほどよく残したおかげで目隠しにもなり、
  きれいなモミジを楽しむこともできます。



  

Posted by 明石の日置建設  at 09:00Comments(0)FREEQ小束山の家

2022年03月02日

FREEQ小束山の家、カメラマンと取材

先日、FREEQ小束山の家へ取材に伺い、

プロのカメラマンに撮影していただきました。



天気も良く、暖かく 外観もいい写真が撮れました。



植栽は、以前あった樹木をリメイクしています。



「主役は階段」の言うコンセプトの建物。



勾配天井の吹き抜けのある開放的で広々とした明るいLDK。



ご家族も撮影に参加していただきました。



こだわりのあるタイルで造作した洗面台。




  

Posted by 明石の日置建設  at 08:56Comments(0)FREEQ小束山の家

2022年02月28日

LOAFERの西玄関の家を3軒取材

LOAFER(平屋+@)で西側に玄関のお宅3軒、

ライターとカメラマンと3人で取材させていただきました。

LOAFERは規格住宅ですが、個々にアレンジをして建てさせていただき、

暮らされてからの様子を取材させていただき、改めてそれぞれの

個性が出たお宅ばかりでした。


FRハウス野口の家(LOAFER)



南西からの外観です。



東側に大きな開口を設けたLDK。



LDKは、女の子2人の子どもさんとくつろげる場所に。


FREEQ野添の家(LOAFER)



南西からの外観です。



インスタを見て、モルタル壁やタイル張りとこだわられましたLDK。



LDKは、雑貨や家具などを揃えておしゃれにしつらえを施していました。


FREEQ小束山の家(LOAFER)



西南からの外観です。



玄関入った正面にスケルトン階段を設置した開放的はLDK。



LDKは、家具や物を必要最低限にして、スッキリと暮らされていました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 09:24Comments(0)FRハウス野口の家FREEQ野添の家FREEQ小束山の家

2021年12月18日

小束山の家 床下エアコン1台で快適体感!

「FREEQ小束山の家」、 平屋+@のLOAFERの見学会の案内。

今週末の垂水区小束山で12/18と19で見学会を開催します。

詳しくは、こちら  から申し込みください  (予約制)



4KW(16畳用)の床下エアコン1台で本当に快適なのか?



LDKと吹き抜けがあり、これだけ広い家が暖かく快適です。



玄関を入るとひときわ目立つのが、スケルトンの木製階段。



階段奥には対面キッチン。



キッチンの後ろには広い収納スペースを設けました。



収納スペースと続きで、洗面スペースは造作とタイル張り。


急に寒くなりました、是非、エアコン1台で快適なのか体感しに来てください。

予約制で残り枠がわずかです。



  

Posted by 明石の日置建設  at 02:21Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年12月16日

小束山の家 植栽のリメイクで外構施工中

「FREEQ小束山の家」、 平屋+@のLOAFERの見学会の案内。

今週末の12/18と19で見学会を開催します。

詳しくは、こちらから申し込みください  (予約制)

既存の建物を解体して、植栽は残し、選定し、植栽のリメイクをしました。



既存の植栽、



建物解体時に植栽の剪定



建物が完成し、植栽の補充をして外構造園のリメイク。



ウッドデッキ前に大きな樹木と廻りの植栽もきれいに選定。



シンボルツリーの足元は芝を貼りました。



玄関前のアプローチも下草を植えました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:24Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年12月10日

小束山の家 見学会開催

「FREEQ小束山の家」、 平屋+@のLOAFERの見学会の案内。



今朝の神戸新聞明石欄の広告です。

来週末の12/18と19で見学会を開催します。

詳しくは、こちらから申し込みください。(予約制)


~主役は階段~.



玄関を入るとまず目に飛び込む階段。



まわりの壁や柱をすべてなくしLDKの真ん中に位置する階段。



規格住宅の中でもオリジナリティが高い。

階段まわりのものをすべてとっぱらってしまいたいと言う
ご要望が形になりました。  

Posted by 明石の日置建設  at 08:19Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年12月06日

小束山の家 外装完成、外壁材の供給制限

「FREEQ小束山の家」、 平屋+@のLOAFERの外部足場を撤去。



ガルバリウム鋼板(ガルステージ)張りでクールネイビー色です。

★ ガルバリウム鋼板の販売休止、受注制限が出ています。

アイジー工業より 焼付けフッ素樹脂塗料の供給制限に対する対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アイジーサイディングの表面塗装に用いているフッ素樹脂塗料の
世界的な供給不足により、12月以降のフッ素樹脂鋼板の供給量が
大幅に削減されるため、対象商品で一時販売休止・受注制限の
対応になると一報が入りました。
塗料原料となる鉱産物の大幅な採掘制限で、この状況は暫く続くものと
見込まれます。

対応:
1.フッ素樹脂商品は、大臣認定上 ポリエステル樹脂塗装へ
  切り替えできない一部商品などに限定した 継続販売となります。
2.販売を一時休止させて頂く商品については、可能な限り 関係する
  大臣認定の範囲で品質確認を徹底した上でポリエステル樹脂鋼板へ
  切り替えて製造し、販売準備を順次進めます。

以上のことから、出荷可能な商品を除き 受注制限による対応とさせて頂きます。



既存の残した樹木が真っ赤に紅葉しています。

12/18と19で見学会を開催します。

詳しくは、こちらから申し込みください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 01:15Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年10月21日

小束山の家 気密測定

「FREEQ小束山の家」、 規格住宅も気密測定を行い、いい測定数値が出ました。



気密性能 C値{0.3㎠/㎡}でした。




規格住宅の断熱材は発泡断熱です。

弊社では、性能の高い住宅を施工していますので、

一邸ごとに断熱工事が終わると必ず気密測定検査を行います。

気密測定は、測定後「C値」(相当隙間面積)の数値を算出します。

「C値」とは、

総隙間面積を建物の延べ床面積で割った数値です。

すなわち、建物全体の隙間がどれくらいあるかを測定した結果の値です。


次世代省エネ基準では、この地域(神戸市)は5.0㎠/㎡以下が基準です。

この数値が低いほど温度差による影響が少なく熱の損失が抑えれます。


弊社では、C値は0.7㎠/㎡以下を基準としていて、それ以上になると

測定中に徹底的に調査して、その基準以下になるまで補修を行います。


なぜ、高い気密性にするのか?

  快適な住宅に「高い気密性」が欠かせない理由は3つあります。

① 熱損失を防止し、省エネルギーで部屋の温度を快適にする。

せっかく冷暖房で快適な環境を整えても、隙間が多ければ空気が
 外部へ流れ出てしまいます。

 このため、高気密を保つ方が快適な温度管理ができるようになります。

② 計画的に換気を行ない、きれいな空気環境にする。

 高気密化されていない住宅や第3種換気の住宅は、外気に含まれる
 ホコリや花粉、PM2.5など不快に感じる物質が、換気扇や家の隙間から侵入します。
 これらを防ぐために、気密性を高め、全熱交換型の24時間換気などで
 有害物質や室内の二酸化炭素などを排出し、良質な空気のみ取り入れ、
  計画的に家全体が換気できることが大切です。

③ どのお宅でも一定以上の性能を確保する。

 基準を決めて、全棟工事中に気密測定をすることで、施工ミスを防ぎ、
 測定中に数値が悪ければ補修できますので気密測定は欠かせません。
 そうすることで、全棟基準値以上の高性能の住宅が確保できます。  

Posted by 明石の日置建設  at 09:45Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年10月12日

FREEQ小束山 上棟の動画

FREEQ小束山の家、、上棟の様子を動画撮影しました。





建物の 上棟時に定点カメラを足場に設置して撮影、

それとドローンを使って上空から撮影していただき、

YouTube動画として編集が完成しました。
  

Posted by 明石の日置建設  at 08:25Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年09月23日

小束山の家、上棟後に雨

「FREEQ小束山の家」 は平屋+@のLOFER、上棟



心配していた雨も何とか持ち、



屋根の下地合板を貼り、ブルーシート養生し始めたときに

通り雨が降ってきましたが、無事養生まで終わり上棟できました。

昔から、上棟日に雨が降ると『福が降り込む』とか『幸せが降り込む』とか、

『永遠の火消し』で火事にならないと言われ、縁起がよいとされています。



朝から材料を建物内へ取込み、



レッカーを使って、順次手際よく作業を進めます。



そして夕方棟が上がり、雨養生をして、上棟式を行いました。


ちょうど上棟日と息子さんの誕生日が一緒になり記念すべき日になりました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 09:00Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年09月22日

小束山の家、第三者監査で配筋検査

FREEQ小束山の家」 は平屋+@のLOFERの基礎工事。



基礎配筋完了時に第三者監査にて配筋検査。

是正箇所はなく、写真撮影をしてコンクリート打設。



立上り型枠を行い、アンカーセット後第三者監査にて検査。

是最箇所もなく、写真撮影をしてコンクリート打設。



しっかりとした基礎が完成し、土台の据付け、

先行配管、24時間換気システムの設置を行い、

先行足場を組んで、上棟に向けて準備万端へ。

  

Posted by 明石の日置建設  at 22:54Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年09月05日

小束山の家、工事着手

FREEQ小束山の家」 は平屋+@のLOFERで西玄関です。



完成イメージパースです。



風雨がきつかったので、紅白幕は垂らさずに地鎮祭を行い、

工事着手前に近隣さんへのご挨拶をしました。



メインの協力業者さん来ていただき、着工式。



掘削、転圧をして、防湿シートを敷き、捨てコンクリート打設。



基礎の配筋作業中。

9/22の上棟日に向けて、基礎工事の施工中です・

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:28Comments(0)FREEQ小束山の家

2021年09月03日

小束山の家、樹木のリユース

「FREEQ小束山の家」 建物解体前に現調をして、



既存の樹木が覆い茂っていましたが、なんとかうまく利用できないかを

検討し、お客様と建物の配置計画をして残す方向で打合せをしました。



解体業さんに必要な樹木を残して解体していただきました。



その後、造園屋さんに入っていただき、きれいに選定。



敷地内の樹木がすっきりとして、地鎮祭にかかりました。


建物南側に大きな樹木があることで、太陽のコントロールが出來、景観も良くなり、

新たに樹木を植えることを考えると「樹木のリユース」は、大きなメリットがあります。




  

Posted by 明石の日置建設  at 08:50Comments(0)FREEQ小束山の家