ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2020年09月15日

播磨町で3階建てのリノベーション工事、解体中

お施主様が、播磨町で3階建ての中古住宅を購入されて、

弊社にてリノベーション工事させていただくことになり、

只今、解体中です。



1階部分は店舗と駐車場、2階の住居への玄関と階段で、

その店舗部分は2室分の防音工事を行い、ピアノ教室に変更します。



1階の天井を解体し中で、1階は鉄骨構造で2階3階は木造の混構造です。


混構造とは、異種の構造を組み合わせた形式のものです。

混構造は単一の構造形式の利点を活かし、弱点が補える構造です。

但し、構造的に難しい面も多く、設計の難易度は高いため、

構造設計者と基本計画段階から打ち合わせが必要です。





2階は玄関、LDK、和室、水廻りがあり、間取り変更と断熱強化のため、



木造の構造材を残して、全面解体しています。



1階は鉄骨造のため、2階の床はコンクリートで、土台を直付けしています。



3階は間取りの変更がないため、断熱強化で、屋根断熱と壁内貼り断熱、

インナーサッシの取付けと仕上げ材を貼り、きれいに改修します。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:53Comments(0)リノベーション工事

2020年08月18日

二世帯住宅のビフォーアフター

長田区で二世帯住宅のリノベーション工事の内部を

完成させ、お盆には親世帯のみ、先に暮らしていただくため、

立会検査を終え、お盆前に引き渡しをしました。



工事施工前で、玄関を入ると和室と縁側があり、奥に押し入れ。



和室を3枚引戸で仕切り、お母様の部屋を確保し、

手前の和室は玄関からすぐ入れる来客用と

家族みんなが団欒できる、くつろぐ場としました。

そのため、奥にあった押し入れ部分を半分使って

キッチンのあるリビングに行ける通路を確保しました。



施工前は、和室の奥にキッチンと水廻りがありましたが、



キッチンは移動させ、広い洗面スペースと浴室、トイレの

場所を少し移動させ、一新しました。



洗面スペースからリビングに通り抜けれるようになっています。



1階に作業場がありましたが、全面撤去して、



2世帯で使えるキッチンスペースとしました。


長雨と猛暑で延び延びになっていた外構部分を残して、

設備等の取扱説明とメンテナンス等の説明をして引き渡し。

ありがとうございました。
  

Posted by 明石の日置建設  at 08:51Comments(0)リノベーション工事

2020年08月08日

二世帯住宅のリノベーション完成

新型コロナの影響と長雨、暑い日が続いている中、

職方さんも頑張って、お盆前にようやく完成。

2世帯住宅の1階部分をリノベーション(改修)、

2階はリフォーム(模様替え)。

本日、10時から16時までの1日だけの見学会を開催します。



玄関の引き違い戸も取り換え、壁際にニッチを2か所設置。



収納棚がたくさんある洗面脱衣室。



トイレにカウンターと手洗いを設置。



2階は和室を洋室に変えて、塗装仕上げとインナーサッシを設置。



リビングにテレビ台とリビングローボードを造作家具として設置。

  

Posted by 明石の日置建設  at 01:06Comments(0)リノベーション工事

2020年08月07日

明日、1日だけ二世帯住宅のリノベーション完成見学会

二世帯住宅のリノベーション完成見学会

長田区で2世帯住宅1階部分のリノベーション(改修)を施工中で、

8月8日(土)の10時から16時までの1日だけの見学会を開催します。



1階にご両親の住まいと仕事場がありましたが、その場も含め、

親世帯の住まい(それぞれの個室)と水廻りと1階を全面改修しました。



LDKの天井を勾配天井にして、梁を現しにしました。



工場部分の建物が細長いため、キッチンをセンターに設置し、

3世代が使えるよう回遊できる設計にしました。

また、造作家具も使いやすさを優先し、お客様と打ち合わせをしながら

図面を書いて、特注で制作し、設置しています。




キッチンの腰にはシナ合板を貼り、床材はカラ松を貼っています。


日時:8月8日 10:00~16:00 予約制

場所:神戸市長田区駒ヶ林町


詳しくは、こちら
  

Posted by 明石の日置建設  at 08:38Comments(0)リノベーション工事

2020年07月27日

二世帯住宅のリノベーション完成見学会

長田区で2世帯住宅の1階部分をリノベーション(改修)を施工中で、

8月8日(土)の10時から16時までの1日だけの見学会を開催します。



今朝の神戸新聞の明石版に掲載の記事です。



1階にご両親の住まいと仕事場がありましたが、その場も含め、

親世帯の住まい(それぞれの個室)と水廻りと1階を全面改修しました。



内観イメージパースです。



近いアングルから施工中の様子で、LDKを勾配天井にして化粧梁を

現しにして空間の広がりをつけました。



LDKの内観イメージパースです。




2階は子世帯の住まいでトイレの新設と模様替えをしています。
  

Posted by 明石の日置建設  at 08:32Comments(0)リノベーション工事

2020年06月23日

長田でフルリノベーション工事中 その②

長田区でご両親が工場兼ご自宅として住んでいたお宅を、

娘さんご家族と同居され2世帯住宅にされるので、

只今、フルリノベーションの工事中です。

1階は、ご両親の部屋とLDKと水廻りです。



構造体の補強に床合板を貼り、給排水の配管と電気配線を行い、

外周面には断熱材を入れて、外周のプラスターボード貼り施工中。



LDK部分は天井高さが低いため、化粧梁に入れ替えて

勾配天井にして、屋根部分に断熱材を入れて、梁を表しにします。



和室の塗り壁は撤去せず、そのまま断熱材として利用し、

耐力面材の補強を行い、下地の施工中です。

2階は娘様ご家族が暮らされます。



和室の天井を撤去して、他の天井にも断熱材を入れて、

天井を貼り寝室として改修します。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:48Comments(0)リノベーション工事

2020年06月18日

明石で大型リフォームその③

明石で、中古住宅を購入され、間取りはあまり変えることなく、

内部は、和室をモダン和風に、水廻り機器の交換とクロスの張替え、

サッシをカバー工法とインナーサッシで断熱性能のアップと

エアコン等の空調機器の入れ替えをさせていただき、施工状況は

以前にご紹介しました。 こちら と こちら



新型コロナの影響もあり、引き渡し時に外構工事が残っていましたが、

手直し工事のみとなり、外部の確認をしてきました。



一部雨漏れ後もあったので、内部の壁面を撤去したときに

外部から水かけテストを行い、止水処理をしっかり行った後、

外装・屋根の塗装の塗り替えとテラスやカーポートの取付け等の

外構工事の改修をさせていただきました。



アプローチは子供さん家族やお客様が車で来た時に

駐車できるようフラット仕上げにしました。
  

Posted by 明石の日置建設  at 08:20Comments(0)リノベーション工事

2020年05月25日

長田でフルリノベーション工事中

長田区でご両親が工場兼ご自宅として住んでいたお宅を、

娘さんご家族と同居され2世帯住宅にされるので、

只今、フルリノベーションの工事中です。



和室をリビングとしていた場所を荷物をすべて移動し、



壁、天井と解体して、



床も解体し、土台も腐食していたので、床石据えて土台を組みました。



工場跡地も床、壁、天井と解体し、



外壁も撤去して、窓を付けて補強をしていきます。



  

Posted by 明石の日置建設  at 09:08Comments(0)リノベーション工事

2020年05月05日

明石で大型リフォーム工事、その②

リフォーム工事を行う上で、建物の状態がよく、

間取りがそのまま使えそうであれば、コストは抑えれます。

そのために、事前に建物診断が大切になり、特に雨漏れ等は

施工時にも部分解体し、疑わしい箇所に放水テスト行い点検をしました。



北側のキッチンの上に六角形の寝室があります。

壁掛けエアコンが付けにくいので、床置き式のエアコンを設置。



枕もとの壁は色を変えられました。



二階もロフトも全面壁紙を変えられました。



TOTOの肩楽湯と腰楽湯のユニットバスを設置。

TOTO楽湯は動画で詳しくご紹介、こちら



心配していたトイレの機器も取り換え完了。


その③については、外構工事完了時にご紹介。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:00Comments(0)リノベーション工事

2020年05月04日

明石で大型リフォーム工事、その①

明石で、中古住宅を購入され、間取りはあまり変えることなく、

外部では外装・屋根の塗装の塗り替えと外構工事の改修、

内部では、和室をモダン和風に、水廻り機器の交換とクロスの張替え、

サッシをカバー工法とインナーサッシで断熱性能のアップと

エアコン等の空調機器の入れ替えをさせていただきました。

打合せ時は新型コロナのことは関係ない時期でしたが、

着工前から新型コロナの影響が出始め、設備機器も間に合い、

何とか連休前に引き渡しをさせていただきことができました。

一部外構工事と手直しが残っていますが、連休に引っ越しされます。



大きなLDKとつながるモダン和風の寝室に変更。



施工前は純和室の真壁仕様でした。



LDKとつながる和室はガラス張りですが、就寝時にはブラインドで遮閉します。

1階は全て断熱性能をよくするため、断熱サッシに変更しています。



広いLDKの奥にはキッチンスペースです。



六角形の広いキッチンスペースは設備機器の交換をしました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:40Comments(0)リノベーション工事

2020年03月30日

垂水のリノベーション工事の取材 その③


昨年完了した、神戸市垂水区のフルリノベーション工事を

カメラマンとライターさんと一緒に取材させていただき、

これからリノベーションや家づくりをする人へのアドバイスをいただきました。



屋根の葺き替え、外装の補修と塗り替えをして完成した外観。


計画当初は、建て替えも視野に入れて話をしていましたが、
垂水区の傾斜地を造成した場所で、敷地の間口が狭く、
建物へは階段を上がっていくため、建物解体費用にコストがかかる。

仮設費や運搬費等建築工事費にもコストがかかる、。
解体後、地盤調査をして地耐力が弱い場合、高い擁壁があるため、
地盤改良費に多額のコストもかかるかもしれない。

ということでフルリノベーションに決定して、内外装含め全面改修しました。



リビングからの眺望もよく、アルミ樹脂複層ガラスで断熱力を確保し、

開口をさらに大きくしてより開放的にしました。


Q:住み心地はいかがですか?

A:キレイになり、憧れのイメージが実現したのももちろんうれしいのですし、
暖かくなったのでありがたいですね。以前の家は寒かったのですが、
断熱材を入れ、サッシを複層ガラスに変えたので快適になりました。
屋根も瓦から軽量の屋根材に葺き替え、外壁も塗装し直したので安心です。
木の床は傷や汚れが心配でしたが、日置さんにお手入れの仕方を
教えていただいたし、少々のへこみなどは味になると思っています。



眺望のいい2階の窓もインナーサッシを入れて断熱力もアップ。


Q:これからリノベーションや家づくりをする人へのアドバイスをお願いします。

A:時間の許す限り、工務店の担当者とじっくり相談するのがいいと思います。
図面だけではピンとこない部分もありますから、モデルハウスや施工実例を
見学するのもいいですね。私たちも日置建設さんの2階のショールームを
収納の参考にしました。また、完成後もお付き合いが続くわけですから、
ビジネスだけではない、いい関係性をつくっていくことが大事ではないでしょうか?
わが家は今後も何かあれば日置さんに頼めるので、安心感があります。




玄関廻りも無垢材をたくさん使用し、建具もウッドワンの
ラジアターパイン材とオリジナル建具を作成しました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:00Comments(0)リノベーション工事

2020年03月29日

垂水のリノベーション工事の取材 その②

昨年完了した、神戸市垂水区のフルリノベーション工事を

カメラマンとライターさんと一緒に取材させていただき、

奥様のこだわられた部分もお聞きして、撮影。



天井を撤去して、地松を化粧にして、ロフトスペースを設けました。


Q:奥様がこだわられた点は?

A:昔から「大草原の小さな家」に憧れていたので、
そんなイメージを希望しました。
木のキッチンや、ホウロウやタイルを使った洗面台などです。
梁を見せるのも夢だったのですが、LDでは実現できなかったので、
自分の部屋の天井を撤去して梁を見せ、ロフトもつくってもらいました。




奥様こだわりの1階のオリジナル洗面と脱衣スペース。



2階のホールにもタイル張りのオリジナル洗面スペース。



奥様が最もこだわったキッチンスペースで、床は300角タイル張り、

天井は熊野杉、キッチンはウッドワンのスイージー、奥にパントリーと

手前に使い勝手のいい造作のキッチン家具を設置しました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:30Comments(0)リノベーション工事

2020年03月28日

垂水のリノベーション工事の取材 その①

昨年完了した、神戸市垂水区のフルリノベーション工事を

カメラマンとライターさんと一緒に取材させていただき、

家づくりのきっかけから施工会社の決め手、家へのこだわり、

家づくりの打合せの様子や取り組み、暮らしてからの住み心地、

また、家づくりを考えている方へのアドバイスをいただけました。




床はあずみのカラ松、天井を熊野杉の上小節の無垢材のLDK。


Q:リノベーションされたきっかけをお聞かせください。

A:築31年の家に自分で手を入れながら住んでいたのですが、
1昨年の台風のあたりから雨漏りがひどく、素人には手に負えなくなりました。
シロアリのような小さな虫も発生したので、プロに頼もうと思ったんです。

Q:それで「家づくり学校」を訪問されたのですね。

A:はい。そのときは建て替えや引っ越しも考えていて、
漠然とした状態だったので、費用のことなども含めて何度か相談しました




リビングに小上がりの和室を設け、キッチンとのつながりも考慮した間取り。


Q:弊社にご依頼いただいた決め手はなんでしたか?

A:(ご主人)大手のハウスメーカーより、地元の工務店の方が、
人間関係の部分においても安心だと思いました。
住宅展示場のモデルハウスは大きすぎて、
私たちの生活からかけ離れた気がしましたが、
日置建設さんのモデルハウスはちょうどいい感じでしたし。

A:(奥様)私はもともと木の家が好きだったんです。
日置建設さんのモデルハウスを見て、
すごく素敵だなあと思いました。
以前、外観を見て「いいなあ、中を見てみたいなあ」と
思っていたお家があったんです。
それが実は日置建設さんの建てたお家だったんですね。
中を見せていただいたらやっぱり素敵でした。




小上がりの和室の一角に杉の無垢のカウンターテーブルを設け、

畳の下にはスライド式の収納も設けました。


Q:リノベーションに際してご主人がこだわられた点は?

A:せっかくリノベーションするのだからガラリと変えたいと思い、
キッチンと和室の位置を逆にしてもらいました。
和室は住宅展示場で見た小上がりにし、下を収納にしています。
もとの家は2階にトイレがなかったので、2階に水回りをつくれるか
尋ねたところ、できるということでしたので、トイレと洗面所を
つくってもらいました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 08:54Comments(0)リノベーション工事

2020年03月11日

マンションの間仕切り撤去改修工事

中古マンションを購入され、一人暮らしのため、

マンションが3LDKでLDKが10.1畳ほどしかなく狭いので、

LDKと洋室の間仕切り壁と収納を撤去して、

和室も開放的にして、引き戸を閉めれば寝室として

利用できるように改修工事をしました




工事完了後の開放的なLDFと一体感のある和室に変身。



改修前は仕切り壁で部屋が分断されていました。



引戸を開けるとLDKと和室のつながりがあり、開放的になりました。



間仕切り壁と収納を撤去しました。



和室の引戸を閉めても広いLDKが完成。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:40Comments(0)リノベーション工事

2019年11月28日

1日だけのリノベーションの完成見学会

リノベーション工事完成見学会  (予約制)

日時:11月30日(土)10:00~16:00  

場所:神戸市垂水区

予約制のため、ご連絡いただければ地図を送ります。

詳しくは、こちらをご覧ください。



プラン前に、建物の床下や小屋裏の調査を行い、建物診断をします。



基礎の状況、シロアリの検査等を行います。

但し、解体時にわかることがあり、



外壁からの漏水によりバラ板も土台も柱もシロアリにやられて、

バラ板はほとんどなくなっていました。

その場合、外壁を撤去して、土台と柱を新たに設け、補強します。



また、小屋裏を調査した際、きれいな丸太梁があったので、



うまくいかせないか検討し、天井断熱を行いロフトにしました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:37Comments(0)リノベーション工事

2019年11月25日

11/30 垂水区でリノベーション完成見学会開催

計画当初は、建て替えも視野に入れて話をしていましたが、

垂水区の傾斜地を造成した場所で、敷地の間口が狭く、

建物へは階段を上がっていくため、建物解体費用にコストがかかる。

仮設費や運搬費等建築工事費にもコストがかかる、。

解体後、地盤調査をして地耐力が弱い場合、高い擁壁があるため、

地盤改良費に多額のコストもかかるかもしれない。

ということでフルリノベーションに決定して、内外装含め全面改修しました。



奥の建物が、この度の工事前の建物です。



外装は完成し、引渡しに向けて外構工事中です。



高台にあるため、1階リビングからのロケーションがいいです。



屋根瓦も軽量化で耐震性を確保するROOGA「鉄平」の屋根材に葺き替え。

自然石風で重圧感と存在感がある商品です。


リノベーション工事完成見学会(予約制)

日時:11月30日(土)10:00~16:00  

場所:神戸市垂水区

予約制のため、ご連絡いただければ地図を送ります。

詳しくは、こちらをご覧ください。



  

Posted by 明石の日置建設  at 07:57Comments(0)イベント関係リノベーション工事

2019年11月09日

魚住でリノベーション完成見学会開催

リノベーション工事完成見学会(予約制)

日時:11月16日(土)10:00~16:00  

場所:明石市魚住町

予約制のため、ご連絡いただければ地図を送ります。

※11/17(日)の予約のみ対応可能



今朝の神戸新聞朝刊の明石欄でも広告


只今、魚住で内外装も含め、リノベーション工事中です。

築50年になるので、耐震性が弱いため、 耐震補強を行いました。

内部の様子



大工工事が完成し、LDKから和室と2階へ上がる階段を

2枚引き込み戸で仕切ります。



リビングクロークは狭くして広く使える収納スペースです。



手前がダイニングスペース、奥がリビングスペースです。



キッチン奥には階段下を利用したパントリーを設けました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:43Comments(0)イベント関係リノベーション工事

2019年10月29日

魚住のリノベーション工事の様子

只今、魚住で内外装も含め、リノベーション工事中です。

昭和44年に新築され、昭和50年に増築されたお宅で、

築50年になるので、耐震性が弱いため、兵庫県と明石市からの

耐震改修に伴う補助金(130万円)申請をして、工事中です。

流れとして、耐震診断を行い、リノベーションのプランを作成し、

耐震補強の設計と計算を行い、申請し、受領後の着工となります。

内部の様子



1階は間仕切りの多い間取りでした。



間仕切り壁を撤去し、洋室2つとDK、応接室、水廻りをメインに改修します。



耐力上必要は柱、梁、壁を残して撤去しました。



新たに作る壁の位置の下には耐震性も考慮し基礎も作ります。



外部のアルミサッシを断熱性のあるペアガラスのサッシに取替え、

外周の壁には、断熱材をしっかりと入れます。



床にも硬質系の断熱材を敷きます。



構造用合板による耐力壁を作っていきます。



間仕切り壁の新設と耐力壁を補強しながら施工中。


リノベーション工事完成見学会(予約制)

日時:11月16日(土)10:00~16:00  

場所:明石市魚住町

予約制のため、ご連絡いただければ地図を送ります。

※11/17(日)の予約のみ対応可能








  

Posted by 明石の日置建設  at 09:41Comments(0)リノベーション工事

2019年10月29日

魚住でリノベーション工事の見学会

只今、明石市魚住町でリノベーション工事を行っています。

リノベーション工事とは、

今までになかった新たな付加価値をつけて改修する工事です。

もとの建物の柱や梁、壁などの枠組みを使い、デザインや使い勝手、

耐震性や断熱性の性能をよくするために大規模な改修を行い、

より自分好みに作り替える改修工事のことを言います。

外観の様子



既存の建物の施工前の様子



前にあったコンクリートの倉庫とブロック塀を撤去



一部前の土地を購入されて間口も広がりました。



屋根を軽量の屋根材に葺き替え、サッシを断熱性のあるものに取替え、

一部サイディングに施工中で、残り壁は塗装仕上げします。



屋根の軽量化で耐震性を確保するROOGA「鉄平」の屋根材に葺き替え中です。

自然石風で重圧感と存在感がある商品です。


リノベーション工事完成見学会(予約制)

日時:11月16日(土)10:00~16:00  

場所:明石市魚住町

予約制のため、ご連絡いただければ地図を送ります。

※11/17(日)の予約のみ対応可能

  

Posted by 明石の日置建設  at 08:24Comments(0)イベント関係リノベーション工事

2019年10月03日

リノベーションでいろいろなことができる

神戸市垂水区でリノベーション工事完成



廊下の一角に造作の洗面スペース、さtらにDIYカウンターにタイルを貼られます。



その洗面スペース横にはステンドガラス入りの特注建具。



玄関を入って廊下の突き当りが脱衣スペースで、その扉がポイントだ。



廊下の左端に見えていた階段下の扉は、ねこちゃん専用の扉付きの寝室。

壁にはワンポイントでブリックタイルを貼られました。



さらに大工さんお手製のワークカウンターの脇にはタンスの引き出しを再利用した収納。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:23Comments(0)リノベーション工事