ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2009年10月02日

住宅ローン、固定金利はどこがいい?

昨日の続きで、住宅ローンでどこの「固定金利」がいいのか

調べてみました。(あくまでも私見です。)


固定金利は、短期と中長期型と全期間型があります。

短期や中期だと当面は大きな金利上昇がないともいわれているので、

固定金利を選ぶ場合は、「長期か全期間固定金利」の方がいいと思います。

理由は、

月々の返済額が多少高くても景気に左右されることなく一定なので、

住宅ローン返済が終わるまで、安心して、安定した生活がおくれる。


それでは、どこの「長期か全期間固定金利」がいいのか?

よく知られているのが「フラット35」です。

金融機関により金利が違うが、平成21年10月分では、

安い金融機関では、2.89%、金利引き下げ型だと2.64%
 (金利引き下げ型とは、融資額の1.26%を手数料として先に払う、
  ただし、金融機関により取扱いがない場合もある。 )

さらに、「フラット35S」だと20年間0.3%引下げ
(長期優良住宅だと適応可能)


すなわち、「フラット35S」で金利引き下げ型を使うと、

金利が 2.34%になる。 (20年間、その後2.64%)

(注:保証料はかかりませんが、団体信用生命保険料は別途です。)

「フラット35」については、都市銀行の方が金利が高い場合があり、

逆に、信用金庫の方が金利が安い場合がある。


他には、金融機関で「フラット35」と同じくらいの長期固定金利型を

持っているところもあり、時期により変わるので調べるのも一つの手だ。


最後に、私のお勧めは、

兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度の住宅ローンです。

平成21年度下半期 25年間、 固定金利1.8%になりました。
(平成21年10月1日~平成22年3月31日融資実行分まで適用)

最高限度額2,000万円と25年以内という制約があるがこれはお得!

この特別融資制度については、取扱できる金融機関が限られていて、

金融機関にはあまりメリットがないので勧めませんが、

借りる側はかなりメリットがあります。


次回は、住宅ローンを組む場合の注意点を書きます。







ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

一戸建 注文住宅 の人気ブログを見てみる⇒ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

建築・リフォームの人気ブログを見てみる⇒ 人気ブログランキングへ

同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事画像
エアコン1台で快適な建物3件見学できます。
ベトナム人労働者が建築現場にも増えてきた
夏本番!江井島海岸も多くの人!
地引網が明石ケーブルTVで放映中!
【 快適性・利便性・耐久性を考慮した設計セミナー 】
江井島海岸で地引網!
同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事
 エアコン1台で快適な建物3件見学できます。 (2019-08-22 20:25)
 ベトナム人労働者が建築現場にも増えてきた (2019-08-22 00:11)
 夏本番!江井島海岸も多くの人! (2019-07-29 17:15)
 令和元年地域型住宅グリーン化事業が採択 (2019-07-10 23:28)
 地引網が明石ケーブルTVで放映中! (2019-07-07 22:07)
 【 快適性・利便性・耐久性を考慮した設計セミナー 】 (2019-07-05 23:17)

Posted by 明石の日置建設  at 23:27 │Comments(0)仕事に対しての取り組み

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。