ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2015年04月13日

垂水のリノベーション工事の取材

「はりま住宅本」に掲載のため取材。




リビングの南面で、中2階があったが床を撤去して開放的な空間に!




玄関を入ると土間スペースでリビングへ繋がる。




縁側を土間スペースにして外部土間テラスへと繋がる。




コンクリートデッキスペース



外観です。

6月販売予定です。  

Posted by 明石の日置建設  at 23:55Comments(0)垂水の古民家再生

2014年10月03日

SUUMOリフォームに実例掲載

「SUUMO リフォームの実例&会社が見つかる本」が9月末発売!



本の表紙で、本にはいろいろ事例が掲載されていたり、

予算内でこだわりを実現するためのリフォームのお金のキホンが書かれている。


弊社も垂水の古民家の家がP156とP157に掲載されています。




「耐震・断熱・自然素材にこだわるリフォーム

「住宅診断サービス」で中古購入も安心」 と言う表題で掲載。


以前の建物とは見違えるほどの大変身!

リフォームは、長くご両親とも暮らされていた家だからこそ、

手をかけて快適に安心して暮らせるよう価値がある!



弊社のリフォームに対する取り組みも掲載。

ホームインスペクター(住宅診断士)の資格で、中古住宅の購入時にも

住まいの点検を行い的確はアドバイスをさせていただきます。

詳しくは、日置・住宅診断サービスのHPをご覧ください。

また、マンションリフォームにも積極的に取り組んでいます。

詳しくは、弊社のリフォーム・リノベーションのページをご覧ください。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:54Comments(0)垂水の古民家再生

2014年08月31日

垂水の古民家再生、水周り他

「suumoリフォームの実例&会社が見つかる本」に掲載のため取材③



トイレもこだわられました。アンテックな露出配管に機器。




タオルリングにペーパーホルダー、スイッチなども注目。




トイレの取っ手も陶器にして、鍵にもこだわり




洗面所は北側によう壁があり、窓を付けても光が入りにくいため、

天窓から光を取り込み明るさを確保ました。

奥は浴室になっていて、浴室の窓を開けるとウッドデッキになっています。




奥が娘さん部屋、左は寝室、手前は息子さんの部屋で、ファミリーホールから

各部屋に入れるようになっていて、ファミリーホールは明るくて開放的なため、

普段は各部屋の戸も開けっ放しで、ピアノを弾いたり、机を出して勉強したり、

おもちゃを出して遊んだりと用途は自由自在!

  

Posted by 明石の日置建設  at 17:53Comments(0)垂水の古民家再生

2014年08月29日

垂水の古民家再生、実例紹介

「suumoリフォームの実例&会社が見つかる本」に掲載のため取材②。



リビングの南面で、中2階があったが床を撤去して開放的な空間に!




リビングの奥には障子を開け放せる和室を設けて、広く使える。

また、北側には風が抜けるよう開閉式の連想の木窓を設置。




ダイニングを奥様お気に入りのキッチンと収納に!




撮影には、お姉ちゃんと弟が参加していただきました。

開放的な南側のガラス障子を開けると土間縁側になっています。

キッチン上部は中2階の床を残して、小屋収納にしています。

また、対面キッチンの下には蓄熱暖房機を設置できるようにしています。




以前の和室を移動したため、造作の仏壇置き場も移動させ、

そのまま再現して新たな場所に取り付けました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 21:07Comments(0)垂水の古民家再生

2014年08月26日

垂水の古民家再生 取材

「suumoリフォームの実例&会社が見つかる本」に掲載のため、

先日、カメラマンとライターの方と一緒に取材をさせていただきました。




玄関アプローチからリビング前の土間を撮影




リビング土間スペースとつながる前庭スペースです




玄関引き戸を開けるとリビング土間スペースが奥まで続いている




玄関に入るとアクセントのある窓と小屋裏へ上がる持ち出し階段、

そして、その奥には戸外のウッドデッキスペースを設けた




このデッキスペースは、ルーバーを設けてお風呂場からは外部が見えず、

手前の書斎からは外部が見えるようになっていて、書斎でお仕事をして

少しくつろごうと思うとデッキに出て一休み何かはいかがでしょう。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:50Comments(0)垂水の古民家再生

2014年05月01日

垂水の古民家再生、和室他

垂水の平屋の古民家再生。



和室の仏間まわりは場所を変えて再利用しました。




和室の障子のデザインも少し変っています。




寝室、子ども部屋、ホールの床は杉の無垢材です。




子ども部屋の上にはロフト収納を設けました。




トイレのデザインもアンテック風で感じよく仕上がりました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 22:28Comments(0)垂水の古民家再生

2014年04月30日

垂水の古民家、方持ち階段

垂水の平屋の古民家は、kt一級建築士事務所様の設計のもと、

耐震補強は藤田設計の協力も含め、工事をさせていただきました。





玄関入ってすぐにロフトへ上がる鉄骨の方持ち階段が見え、

その奥にはインナーテラスが見えます。




反対から見るとこんな感じです。




インナーテラスは、ウッドデッキで目隠し用のルーバーを設けました。

右側は書斎になります。




間接照明付の書斎スペースで、書斎からインナーテラスに出られます。




インナーテラスのルーバーは書斎からは外が見えるようになっていて、

正面は浴室の窓で、外からは浴室が見えないようになっています。




洗面洗濯スペースの奥にユニットバスがあり、窓を開けるとインナーテラス。

ゆっくり窓を開けて、お風呂に入るのもいいかもしれません。

  


Posted by 明石の日置建設  at 22:02Comments(0)垂水の古民家再生

2014年04月29日

垂水の古民家、ビフォーアフターLDK編

垂水の平屋の古民家は、玄関の位置を変えて、縁側を土間スペースにした。



無垢の引き戸の玄関を開けると縁側土間スペースへと繋がります。



同じ角度から撮影し、元は壁でした。




玄関を入り縁側土間はLDKと繋がっています。




反対から玄関側を撮影しました。





同じ角度から工事前に撮影しました。全く違って見えます。




そして、LDKに上がり中2階の床を撤去することで開放的になりました。




これはほぼ同じ角度から撤去した様子を撮影。




これも同じ角度から工事前の写真です。




これが反対から撮影した縁側土間のあるLDKです。


  


Posted by 明石の日置建設  at 21:38Comments(0)垂水の古民家再生

2014年04月28日

垂水の古民家、ビフォーアフター外観編

垂水の平屋の古民家が完成しました。


先日、引き渡しさせていただき、記念のテープカット。



玄関前でご夫婦でテープカット。


ビフォーアフターの外観編



完成外観、黒のガルバリウム鋼板の屋根と白のサイディング塗装。




工事着工時の外観、赤い瓦屋根の昔ながらの平屋住宅。




夜は内部のライトアップで一段ときれいな外観。





北面から見た外観、10KWの太陽光発電を搭載したので、北側にもセット。




施工前の外観で、少し減築しました。




施工中の様子で、瓦を撤去し、屋根下地材を貼って養生中。




縁側前の玄関アプローチの外観で、夕方に撮影。




同じアングルからの写真で、かなり変わりました。




反対側から土間縁側を通して中のLDKの開放的な様子が伺えます。

  

Posted by 明石の日置建設  at 22:55Comments(0)垂水の古民家再生

2014年04月20日

垂水の古民家,完了前の検査

垂水の古民家は、今月末に引っ越しされます。

そのため、今日お客様と設計事務所の立会検査。




中2階の床をはずして、開放的なLDKとなりました。





縁側部分は床を下げて、アクセントでレンガを敷いて土間コンクリート。

欄間部分の上部に電動開閉の横長の窓を設けることで、

光を取り入れて明るくなり、風通しも良くなりました。

リビングと土間の間にはガラス建具が取り付けられます。




縁側部分の土間と同じ高さで外部へと続いていきます。

土間コンクリートを今週中ごろ打設予定です。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:43Comments(0)その他工事の施工例垂水の古民家再生

2014年04月04日

垂水の古民家の外装は黒と白

垂水の古民家は平屋で、只今、外部足場が外れました。



屋根と両袖の壁は黒のガルバリウム鋼板張り、正面はサイディング貼りの上、白の塗装です。




南側には大きな窓を設け、この後、外構工事を行います。




屋根には10KW以上の太陽光発電システムを搭載。


内装工事は、ほぼ大工仕事も終わり、仕上げ工事中。



小屋裏へ上がる階段は持ち出し式の鉄骨階段。




床は杉板の無垢材で、クリア塗装後、壁の仕上げ工事にかかります。

平屋の屋根裏を利用するため、小屋裏ロフトスペースを設けています。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:43Comments(0)その他工事の施工例垂水の古民家再生

2014年03月19日

垂水で古民家の再生工事中

垂水で古民家大型リノベーション工事の進捗状況




既存建物の内装を撤去して、屋根も外壁も撤去



すべて人力で撤去




柱・梁・屋根下地の構造躯体のみにして




基礎の補強コンクリート打設。



耐震補強金物の設置(耐震性1を確保)



柱・梁の補強を行い、耐震性を確保し、屋根下地をしています。




壁・屋根を吹き付け発泡断熱材で断熱性を確保。




断熱性をアップし、省エネに、




丸太梁を意匠的に使い、ボード張りまで進行中。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:45Comments(0)その他工事の施工例垂水の古民家再生

2014年03月07日

古民家再生現場の一斉清掃

今日は、HK協力業者会のメンバーと弊社スタッフ2班に分かれて、

現場の安全パトロールと現場周辺の一斉清掃をしました。


垂水区の古民家の大型リフォーム現場です。



現場作業が終わる17時から作業員と共に一斉清掃をしています。

建築工事を行う以上、どうしても車の出入り、材料の搬出入があり、

現場周辺にご迷惑をかけてしまうため、私どもが来た時よりも

美しい状態にさせていただくよう心がけています。


そのため、こうして現場周辺の特に溝掃除を定期的に掃除をしています。

こういう取組みをすることで工事が終わりお施主様が入居されても、

近隣の方とお客様がいい関係になられます。

そんな橋渡しの一助となればと思い取組んでいます。




現場内の安全パトロールで大工さんに現場の様子を伺っています。




平屋住宅の構造躯体だけを残してすべてをリノベーションしています。

  

Posted by 明石の日置建設  at 21:09Comments(0)垂水の古民家再生