ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2017年08月23日

近藤典子さんと間取りの打ち合わせ

近藤典子さんが昨日弊社に来ていただき、

お客様との間取りの打ち合わせをしていただきました。



事前にスタッフと一緒に近藤典子さんと打ち合わせ




弊社設計士とのプランが大枠で固まり、

家事導線、収納、暮らし方の確認をしていただくため、

近藤典子さんに一緒にアドバイスしていただき、

いい間取りプランが固まりました。




和やかな雰囲気の中、お客様に寄り添いながら

プロとしてのアドバイスをしながらの打ち合わせをされます。


是非、打合せをご希望される方はお声がけください。

弊社では、株式会社 近藤典子 Home&Life研究所 と

業務提携していますので、個別相談、プランアドバイス、暮らし提案等が可能です。





  

Posted by 明石の日置建設  at 23:55Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年07月28日

本日、既存住宅状況調査技術者講習を受講。


国土交通省は中古住宅の品質を確保し、流通をはかるため、

既存住宅状況調査技術者講習を建築士に対して開始。

その背景として

平成30年4月に施行予定の改正宅建業法の建物状況調査に対応

改正宅建業法の建物状況調査に向けた取り組みである。

それだけでなくリフォーム工事着工前の現況検査や

既存住宅売買瑕疵保険の加入に際して必要な現況検査など、

幅広くインスペクション等業務に携われる方への講習です。



弊社でも住宅診断の充実をはかるため、受講しました。




弊社の住宅診断に対する取り組みの詳細は、

「日置住宅診断サービス」のホームページをご覧ください。


  

Posted by 明石の日置建設  at 21:58Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年07月19日

盛和塾の第25回世界大会でパシフィコ横浜へ

今日と明日の2日間、盛和塾の第25回世界大会がパシフィコ横浜で



今年も開催され、全世界から4,757名メンバーがの参加。



会場は3階席まで満席です。



2日間メンバー6名の経営体験発表と稲盛塾長の講話を聴き、

心を高め、今後の経営に活かしていきます。



懇親会では稲盛さんが歌を歌われました。

今年で会員は11,719名でどんどん増えています。



会場では、日本航空(JAL)の大西賢会長と植木義晴社長とも

名刺交換させていただき、会話もさせていただきました。
  

Posted by 明石の日置建設  at 22:45Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年07月06日

WAKU+AKASHI は明日からSALE!



JR大久保駅駅の南にある

WAKU+AKASHI (ワクタスアカシ)は明日から初めてのセールをします。

今朝の神戸新聞朝刊明石欄の広告です!

詳しくは、WAKU+AKASHIのFacebookをご覧ください。

インテリア雑貨が5%~15%OFF




場所はAKASAKA HILLSの2階です。  

Posted by 明石の日置建設  at 22:57Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年06月29日

今後の住宅政策、補助金の情報

昨日、一般社団法人JBN・全国工務店協議の代議員総会で東京へ




今後の住宅政策、補助金の情報等を

直接国土交通省住宅局木造住宅振興室の方よりお聞きしました。




・平成29年度地域型住宅グリーン化事業について
  良質な木造住宅等に対して100万円の以上の補助金が交付される。
  詳しくは、こちら

 今年度も昨年とほぼ同じ114億円の予算が付いています。

 この事業は今年度で終了ですが、来年度も再要求し、必ず継続できるよう
 働きかけるそうです。(形を変えて予算編成されるとのことでした)

 

 ・地域に根ざした木造住宅施工技術体制細微事業
  詳しくは、明日6/30に発表になるそうです。

 ・サステナブル建築物先導事業が今年度もあります。

(住宅局住宅生産課より)

 ・サステナブル建築物先導事業(次世代住宅型)について
 
  本事業は、IoT 技術等の活用による住宅の市場価値及び居住・生産環境の
  向上等に係る先導的な技術の普及啓発を図るため、予算の範囲内において、
  住宅等のリーディングプロジェクトの整備費等の一部を支援するものです。
  
  1) 主な事業要件
   ① IoT技術等を活用した住宅等であること
   ② 一定の省エネ性能等を満たすものであること
   ③ 平成29年度に事業着手するもの
   ④ 「IoT技術等を活用した次世代住宅懇談会とりまとめ」※を踏まえたものであること

  2) 補助対象費用
   ① 調査設計計画費(IoT技術等を活用した設計に係るシミュレーション費用など)
   ② 建設工事費(先導的なIoT技術等の導入に係る費用等)
   ③ マネジメントシステムの整備費用
   ④ 効果の検証等に要する費用 等
 
  3) 補助率・補助限度額
    補 助 率:補助対象費用の1/2
    補助限度額:(共同住宅)総事業費の5%又は10 億円のいずれか少ない金額
    (戸建住宅)300 万円/戸

  4) 応募期間
    平成29 年6 月19 日(月) ~ 7 月28 日(金)


  最新情報を取りいれて少しでお客様に還元できるよううまく活用していきます。
  

Posted by 明石の日置建設  at 08:36Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年06月21日

ようやく平成29年度地域型住宅グリーン化事業 募集の開始

地域型住宅グリーン化事業とは、

 良質な木造住宅等新築する場合、100万円以上の補助金が支給されます。


国土交通省はようやく6月21日より、

平成29年度地域型住宅グリーン化事業のグループ募集を開始しました。

昨年は4月27日に募集が開始していましたが、

今話題のM学園の担当部局でごたごたしていて遅くなったようです。


1.事業の趣旨

 本事業は、地域の木材関連事業者、流通事業者、建築士事務所、中小工務店
等が連携して取り組む省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅・
建築物の整備や、これと併せて行う三世代同居への対応等に対して補助する
ものです。
これらにより、地域における木造住宅の生産体制の強化や、環境負荷の
低減等を図り、良質な木造住宅・建築物の供給を促進します。


2.補助対象となる木造住宅・建築物の種類と上限額

  [1]長寿命型(長期優良住宅:木造、新築)                :100万円/戸
  [2]高度省エネ型(認定低炭素住宅:木造、新築)           :100万円/戸
  [3]高度省エネ型(性能向上計画認定住宅:木造、新築)      :100万円/戸
  [4]高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅:木造、新築および改修 :165万円/戸
  [5]優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物) :1万円/㎡


詳しくは、地域型住宅グリーン化事業評価事務局をご覧ください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 21:13Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年06月14日

夏のお風呂、エコでお得なのはどちら?

最近、涼しかったが、だんだん暑い季節を迎えます。

そこで、



暑い日はシャワーで済ませたい。

でもシャワーは水道代がかかりそう、シャワーと湯船につかるの、

どちらがお得なのかな?

迷うときありませんか?

一般的なシャワーの湯量は1分間で約12リットル。

約16,7分の使用で浴槽いっぱいの水量(約200L)になるそうです。

つまり、17分以内の使用であれば

お湯をはるよりシャワーがお得ということになります。

一般的には、3人家族までならシャワーのほうが省エネであり、

4人以上になるとシャワー+湯船がいいと言われているようです。



また、シャワーには、手元止水ボタン付きのシャワーヘッドの利用がおすすめ。

シャワーを持ったその手でカチッと水を止められるので、便利なうえに水道代の節約にも。

湯船にお湯をはる場合でも、これからの季節なら設定温度を下げたり、

湯量を減らして半身浴に変えたりと、省エネのポイントはいろいろとありそうですね。

みなさんの生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか。
  

Posted by 明石の日置建設  at 20:19Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年06月09日

江井島中学がトライやるウィークで3人受け入れ

6/5から6/9までの5日間、「トライやるウィーク」で

江井島中学校の2年生陸上部男子1人・女子2人が頑張りました!




今回は3人とも違う住宅模型に挑戦していただき、完成!




初日は3人とも緊張していました。




模型作りのほかに、完成建物の見学、草刈り後の掃除作業、

明石公園の清掃作業、WAKU+AKASHIで販売も体験!


1週間を通して、子どもたちに話したのは、

今まで大きくなったのはお父さん、お母さんがいて、

先生や友人、地域の方々がいてここまで成長してきたこと。

そのことに感謝をし、そのうえで少しでも恩返しをして下さい。と言いました。

毎日、一つでもいいので人にために喜んでもらうことを

積極的にしていただきました。


仕事を通して、世のため、人のために尽くすことが大切ですと、

実際に自分たちで行動し、体感することでその意味を理解してもらいました。

また、明確な目標を持っている子が2人もいたので、

是非、その目標が叶うよう、つらい時でも前向きに、

日々努力してください。と最後に伝えました。


今後の成長が楽しみです!

1週間お疲れ様でした。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:55Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年05月20日

性能向上リフォームで100万円の補助金!

29年度の長期優良住宅化リフォーム推進事業の説明会が

大阪のグランキューブであり、大勢の建築関係者が参加。



性能向上リフォームで100万円の補助金が頂けます。

3世代同居だとさらに50万円アップします。

詳しくは、こちらをご覧ください。


今、大型リフォームをご提供中の方に提案させていただきます。


説明会の冒頭で、私たち国土交通省住宅局住宅生産課は

森友学園問題の補助金交付を担当していた課であり、

不正受注が無いよう常に管理をしているので、今まで通り

しっかりと精査して補助金発行しますと言われました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 00:37Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年05月12日

HK協力会と京都へ研修の旅

協力業者会「HK協力会」メンバーと社員で

京都で日本一現場きれいを目指す「HORI建築」さんへ

研修旅行として取り組み等を学ばさせていただきました。



大型バスで工事中の現場2棟、モデルハウスを見学


まず1件目は、



外装もほぼ終わり、大工工事が完了し内部の仕上げ中です



工事中なのに裸足で歩けるほどきれいな現場。



資材置き場、清掃道具、廃材入れ等しっかりされています。


2件目は



建前を終え、屋根工事と大工の木下地と外張り断熱工事中です。



弊社スタッフも業者さんも参考になることが多く、食い入るように見て、

HORI建築の監督さんや大工さんにどんどん質問が出ていました。



HORI建築さんと協力業者さんからの取り組みを紹介していただき、



本社の横のモデルハウスを見学させていただき、



帰りにサービスエリアで記念写真を取り、恒例のビンゴ大会をして

帰ってきました。






  

Posted by 明石の日置建設  at 00:49Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年05月07日

鹿児島のベガハウス新社屋を見学

息子がお世話になっている鹿児島のベガハウスの新社屋を視察



ものづくりの木造校舎としてスタッフ全員で造られた新社屋。



造園家の荻野寿也さんと一緒に造られ、



駐車場部分も広い庭として洗礼されています。



お客様との打ち合わせ室や



応接室の家具も家具デザイナーの村澤一晃さんと一緒に造られたそうです。


さらに「ベガ荘」は



離れになっていて、研修生が泊まれるようにしているそうです。



竹林のきれいな土間リビング。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:20Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年04月11日

らしさネクスト研究会のメンバーが見学

株式会社ロスコ・アールディ研究所の 佐藤善秀氏が運営している

「らしさネクスト研究会」とは、

「地域住宅会社の明日を、ご一緒に考えましょう!」という会で、


「自然素材」や「○○工法」で他社との差別化ができる時代は終わりました。

生活者にとって、「健康」「安心」「安全」は、もはや当たり前です。

次の“らしさ”――本当の意味であなたの会社にしかない“らしさ”を

見つけなければならない時代が来たのです。

ここにご提案させていただきましたのは、地域住宅業界の次の時代・

経営を担う人たちのための勉強の場、仲間づくりの場です。

様々な課題を共有し、一緒により新しい“らしさ”づくりに挑戦していく仲間の会です。


その同業の工務店メンバーが来られ、



WAKU+AKASHIを見ていただいて説明しました。




いろいろ意見交換して、弊社も勉強になりました。


その後、西島モデルハウス、



HKハウス中尾の家のモデルハウスを見ていただき、

事務所で1時間ほどのセミナーをしました。




  

Posted by 明石の日置建設  at 23:35Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月22日

協力業者の方と安全パトロール

安全な現場監理を目指して、2/20に

HK協力業者会の役員さんと安全パトロールをしました。

2つの現場をまわりました。



足場解体中の「HKハウス上ノ丸Ⅱの家」



外構工事中の「ゆめのもり保育園」



内部の吹き抜け足場も外れ、内部は仕上げ作業に入っています。

  

Posted by 明石の日置建設  at 20:00Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月21日

JBN理事会で、東京都の東雲へ

2月16日はJBNの理事会のため、

東京の東雲にある、橋本総業さんの

みらいエコリフォームセンターへ行ってきました



理事会の前の1時間だけ、会場見学させていただきました。



バーチャルリフォーム室内の体験や



最先端の設備機器の展示



太陽電池で走る自動車や太陽光発電だけで暮らせる

ユニットハウス中のものを見せていただきました。

その後、理事会をして、



話題の豊洲、築地も見て日帰りしました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:25Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月20日

滋賀県木造住宅協議会で講演

2月15日に滋賀県の近江八幡にある建材やさんの八興へ行き、

滋賀県木造住宅協議会メンバーに対して、京阪神木造住宅会長として

3時間半の講演をさせていただきました。




  「地域工務店が語るセミナー」と題して

3部構成で1時間ずつテーマを変えて体験談をもとに話をしました。



1部:日置建設の取り組み

2部:京阪神木造住宅協議会の取り組みと
    職人起業塾について

3部:里山住宅博 企画からファイナル、その後・・・

その後、役員のメンバーと懇親会をして、

いろいろ意見交換をし、勉強させていただきました。

その上、お菓子と謝礼までいただいてしまいました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:17Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月07日

夏水組のdecolfaの展示方法を研究

「decolfa」(デコルファ)は、

壁紙やタイルのテキスタイルなどを取り入れたオリジナルのDIYアイテムです。

代官山の夏水組のDecor Tokyoでdecolfaの展示方法や

来場者への説明、DIYの方法など聞いてきましたので、

さっそくWAKU+AKASHIで試してみます。




実際にインテリアフィルムテープ壁や物に貼ってみてもらう。




インテリアマスキングテープを壁に額縁のように張って使うものいい。




インテリアマスキングテープをラインナップに見本を見てもらう。



ウォールミラーステッカーは鏡でもないがしっかり映るので見てもらう。

その他、



塗料のDIYのことや



輸入壁紙のDIYことなど聞いて、勉強してきました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 22:22Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月11日

「残り福」えびすで商売繁盛

午後からのリーダー会議終了後、

1月13日上棟予定の東須磨の現場確認に行き、



  (基礎が完成し、土台と合板梁を終え、1階の材料取り込みが完了。)

2017年の今年は11日の「残り福(のこりふく)」に、

柳原の蛭子神社にお参りしてきました。

今年も商売繁盛を願い、神様に今年度の目標達成を誓いました。





今年も夜行きましたが、最終日の割には

 あまり混んではおらず、スムーズに参拝できました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:54Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月10日

「日置建設フィロソフィ2017」

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、人として生きるための常識的な考え方と
日置建設という会社を経営する上で会社の考え方・行動指針を示したバイブ
ルです。

経営理念を遂行していくために、そして、人間として何が正しいかを常に判断
基準とし、まじめに一生懸命働き、思いやりをもった仲間同士が気持ちよく働
ける会社にするために、「日置建設フィロソフィ」は全従業員で実行する。

「日置建設フィロソフィ」の作成にあたり、人の心はシステムや体制、マニュアル
でコントロールできません。システムどおりにできないこともあり、それを叱って
守らせる、仕組みで縛れば反発も出ます。従業員も協力業者もお客様もいろい
ろな考え方をもち、日々仕事をとおして、相手に対する言葉一言、行動一つでも
変わり、相手に対してとらえ方、感じ方が変わってきます。本来、考え方や思想
は人それぞれ自由です。たとえば、利己的に生きて、儲け話にのり仕事を進め、
お金だけで人を使い、利益を出して経営する会社もあれば、人のために尽くし、
好きな仕事だけ行い、言われるがままにお金を払い、赤字経営の会社もありま
す。

会社は社長の考え方次第で、会社経営が大きく変わります。社長の考え方がし
っかりしていないといけないが、どういう考え方で会社を経営していくのか、それ
をしっかり示し、従業員と意見交換しながら会社の考え方を共有していく。その
会社の考え方、行動規範、哲学を作成したものが「日置建設フィロソフィ」です。
それを繰り返し、繰り返し行うことで、その考え方を全従業員と共有できます。

「日置建設フィロソフィ」が全従業員に浸透し、同じ考え方、思想をもった者同士
が、日々の会社の業務に当たることで仕事がスムーズに進む。このことが一番
大切だと考え「日置建設フィロソフィ」を2013年に1年かけて週1回45項目作成し
2014年はそれを毎週2回朝礼で輪読し浸透してきました。2015年は「日置建設
フィロソフィ」を改良し、1項目減らし3項目を増やし47項目とし毎週3回朝礼で
輪読を行いました。そして、それをさらに2016年には4項目を、2017年には
「49、全員参加で経営をする」の1項目を増やし52項目を全従業員が「日置建
設フィロソフィ2017」を共有し、心を高め、すばらしい人生を送るために、毎週
3回(月、水、金)朝礼で輪読を行い、日々の仕事を通して実行します。

目   次

1、人間として何が正しいかで判断する
2、心を高め、心清らかであれ
3、仲間のために尽くす
4、素直な心をもつ
5、常に謙虚な姿勢
6、感謝の気持ちをもつ
7、お客様の立場に立って考え行動する
8、利他の心を判断基準とする
9、常に明るく前向きに
10、完璧主義を貫く

11、真面目に一生懸命仕事に打ち込む
12、地道な努力を積み重ねる
13、信頼関係を築く
14、仕事を好きになる
15、自ら燃える
16、ものごとの本質を究める
17、渦の中心になれ
18、率先垂範する
19、土俵の真ん中で相撲を取る
20、本音でぶつかれ

21、常に創造的な仕事をする
22、有意注意で仕事にあたる
23、コンプライアンスを徹底する
24、人間の無限の可能性を追求する
25、強い持続した願望をもつ
26、有言実行でことにあたる
27、楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
28、見えてくるまで考え抜く
29、人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
30、小善は大善に似たり、大善は非情に似たり

31、真の勇気をもつ
32、対極をあわせもつ
33、現場主義に徹する
34、ベクトルを合わせる
35、実力主義に徹する
36、果敢に挑戦する
37、美しい心をもつ
38、一人ひとりが日置建設
39、反省のある人生をおくる
40、考えからこそが人生を決め、運命を変える

41、善きことを思い、善き行動をする
42、足るを知る
43、公明正大に利益を追求する
44、売上を最大に経費を最小に
45、倹約を旨とする
46、必要な時に必要なだけ購入する
47、採算意識を高める
48、正しい数字をもとに経営を行う
49、全員参加で経営をする
50、ものごとをシンプルにとらえる

51、高い目標をもつ
52、原理原則にしたがう


                   以上、  

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:14Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月09日

日置建設の中長期目標と2017年度の目標

                          
長期目標(約12年後)
  兵庫県で、注文住宅会社としてNo1企業を目指す!
  (兵庫県下に本社をもつ注文住宅会社としてお客満足度No1を目指す)
    
中期目標(約4年後)
  明石という地域で、お客様に合った快適な注文住宅
   (リノベーションも含め)会社として地域NO1企業となり、
  地域で愛され必要とされる企業になる。
   (明石市内に本社をもつ注文住宅会社としてお客満足度No1を目指す)
  
29年度(第47期)の目標
  新築住宅工事HKハウス12棟, 新築規格住宅工事3棟,
   保育園新築工事 、大型リノベーション工事、リフォーム工事
  総売上げ目標 7.5億円   

本年度の目標

 ・人間力アップで、心豊かに!

 ・さらにお客様満足度向上を目指す!

 ・売上げ最大、経費最少、に努める!

 ・アメーバ経営で部門ごとに成果を上げる! 

目標実行手順

 ・日置建設フィロソフィの勉強と実践を繰り返し行い、人間性を高め、人格を磨く。

 ・顧客満足度の強化(アンケート実施)日々の実践とアフター強化を行う。

 ・性能の見える化、ZEHの採用と実践、性能評価の実施、WAKU+AKASHIを
  軌道に乗せて、新築・リフォームの受注拡大を目指し、経費削減にも努める。

 ・リーダー会議でアメーバ経営を確実に実行し、各アメーバ毎に目標達成を目指す。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:08Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月08日

平成29年度日置建設のアメーバ経営導入に向けて

昨年度よりアメーバ経営導入しました。

その経緯等を書き綴りリーダー会議で輪読し、

ベクトルを合わす意味で全体会議で発表し、実行します。
                      
従業員の皆様へ

弊社は昭和45年7月に父が創業し、風呂敷に包めるような経営
(人に迷惑をかけない経営)を行い、その後、母は確実性のある
堅実経営(石橋を叩いて渡る経営)をし、私が筋肉質経営と踊り
場経営(無理のない事業展開の経営)をしてきました。私自身が、
アトピーで苦しんだ経験をもとに、快適で健康な暮らしを提供し、
地域に密着し、地域で必要な住宅会社として地域No.1を目指し
ています。見学会や感謝祭の開催、お客さんの満足度の向上を
目指すことで、紹介受注を増やし、自然素材と高性能(断熱、気
密、耐震)でワンランク上の住宅提供。さらに性能の見える化(効
果を数字で表し、体感し納得し暮らしてからの満足して頂く)に取
り組んでいます。ここまで様々な取り組みをできたのも従業員皆
様のおかげです。感謝しています。

さて、ここまでいろいろな取り組みをしてきた弊社ですが、経営に
おいては私自身ワントップの鍋蓋経営を貫き営業、設計、工事も
こなす体制でパートナーがつくれなかった。自分自身で仕組みを
作ろうと試行錯誤したがうまくいかず、従業員には迷惑もかけて
しまい、ここ数年間ほど4億円前後で成長が思うように上がらず
鍋蓋経営に限界を感じてきていました。そんな時「アメーバ経営」
の本に出会い、盛和塾の経営に対する考え方、正直者が必ず報
われるのだという経営哲学に感動し、盛和塾に入り勉強し、アメ
ーバ経営の前に「日置建設フィロソフィ」を作成し、従業員とともに
輪読し学びを深めてきました。その上で今回の「アメーバ経営」を
導入することを決意しました。

アメーバ経営とは、組織を小集団部門に分けます。各部門のリー
ダーは、それぞれが中心となって自らの部門の計画を立て、メン
バー全員が知恵を絞り、努力することで、部門の目標を達成して
いきます。そうすることで、従業員ひとりひとりが主役となり、自主
的に経営に参加する「全員参加経営」を実現します。さらに経営を
効率的に行うことで財務面もよくなり高収益体質の実現ができる
仕組みです。

アメーバ経営の導入により、日置建設を「兵庫県一の注文住宅会
社」にしたいと考えています。「兵庫県一の注文住宅会社」とは兵
庫県下で本社を持つ注文住宅会社として、お客様に快適で健康
な暮らしを提供し続けることで、世の中に貢献する住宅会社を目
指します。そのような住宅会社になるために、従業員の皆さん全
員が経営に参加できる仕組みを構築することが必要であると考え
ています。それにより、皆さんが仕事を通じて成長し、今まで以上
に仕事に対するやりがいや達成感を感じることができるのです。

そして、そのような注文住宅会社を皆さんと一緒に創り上げること
で、弊社は永続的に存続できる会社となり、皆さんにとって「日置
建設で働いてよかった」と胸を張って言える会社にできると確信
しています。我々の未来を我々で勝ち取るために、従業員皆さん
一人一人が会社経営に積極的に参加する気持ちを持ち、これか
らの日置建設を従業員全員の手で創り上げていきましょう。

         日置建設株式会社  代表取締役 日置尚文
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:03Comments(0)仕事に対しての取り組み