ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2019年02月17日

施工品質管理の向上と働き方改革

施工品質管理の向上のため、情報の一元化を行い、

セキュリティの高いコミュニケーションツールを用いて、

いつでもどこでも現場の見える化をする。

それが、&ANDPAD(アンドパッド)という

施工管理アプリで、この度、導入することにしました。


詳しくは、 
 


只今、1300社以上が採用していてシェア率NO1だそうです。

特徴は、

1、写真・資料が自動クラウド整理 → 紙やエクセルはもう不要に

2、現場チャットでチーム施工 → 電話・FAX・移動を削減

3、工程・検査の標準化 → 稼働管理・施工品質向上を実現

4、引合からOB管理まで顧客管理 → 一気通貫システムで入力は1回

5、実行予算・オンライン受発注 → 発注・請求ペーパーレス実現

6、施主共有・プレゼンテーション → お施主さんとの対話も楽に

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:03Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月15日

木持ちのいい家だより47号が完成

年間3回のニュースレターとして、

「木持ちのいい家だより」を発行していて、

今回で47号目の「春号」が完成しました。



お客様や協力業者、関係方に約3000通ほど

送らせていただいています。

来週に封入作業を行い、来週末には

皆様のお手もとにお届けできると思います。

その中で、3月見学会のご案内でもお伝えしますが、



4回の完成見学会を開催します、

また、毎年恒例のひおきまつりは、明石の「時のウィーク」に出展し、

他に「HK友の会」のお客様感謝祭と変更して新たな取組みを行います。


他にも施工例や訪問レポート等も充実した情報を

盛りだくさんに入れて作成しています。

お手元につきましたら、是非ご覧下さい。



  

Posted by 明石の日置建設  at 00:42Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月14日

日置建設㈱社員の心得

社員の心得をどれだけ遂行できているか、確認し、

今後に活かしていくために、毎年2回、下記の25項目を

まず、自己採点を行い、上長評価、社長評価をして、

1人1人私と面談を行っています。
 
 日置建設㈱社員の基本行動自己評価リーダ評価社長評価

1お客様の立場に立って物事を考え行動している

2整理整頓がきちんとできている(毎日、毎週、毎月必ず実行)

3時間厳守    (10分前行動を基本とし5分前には必ず時間厳守)

4約束厳守    (特に自分から発した約束は必ず守る)

5経営理念を理解し、常に理念に基づき行動している

6元気に挨拶ができている (大きな声で明るく元気に誰にでも挨拶をする)

7何事にも真面目に取り組むことができている

8誰に対しても報告・連絡・相談ができている

9他人を思いやる気持ちを持ち、気配りができている

10目標を自ら立てて、目標達成に向けて努力することができている

11責任感を持って行動できている

12礼儀・マナーをわきまえ行動している

13身だしなみ・言葉づかいがしっかりできている

14就業時間内で仕事が終了できるよう集中して仕事を行う(水曜日は18時帰社)

15絶えず前向きな考え方ができている

16同僚・社長・顧客とキチンと意思の疎通ができている

17新しいことに興味を持ち、好奇心旺盛行動できている

18法律やルール、コンプライアンスを守っている

19社内の約束事・規律を守り、社内マニュアルを遂行し改善への協力をしている

20会社の仲間のために、利他の心を持って行動している

21素直に行動できている

22謙虚な気持ちで行動できている

23感謝の心を持って行動できている

24社会貢献活動を行っている (お客様や地域方々のために行動している)

25日置建設フィロソフィを理解し、行動できている

  しっかり出来た4点  大体出来た3点  
 
  あまり出来ていない2点   出来ていない1点

  満点は25問×4点=100点

  

Posted by 明石の日置建設  at 00:01Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月11日

第三者による品質監査!実施

弊社の新築住宅においては、

長期優良住宅に要求される以上の性能を備えた

『長く安全に快適で健康に暮らせる家』をご提供しています。


長期優良住宅の申請はもとより、安心して暮らしていただく保証に

ついてもサポートさせていただいています。


その上で、弊社が自主的に取り組んでいることは、

第三者による品質監査を導入しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。



木造住宅における自社の施工品質基準書を作成しました。



施工基準書をもとに、現場の工程ごとに10回のチェックを行います。



今後においては、現場の見える化についても検討しています。


ネクストステージに依頼をして、一緒に品質向上に向けて

日々、業者さんと取組んでします。



  

Posted by 明石の日置建設  at 18:53Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月10日

暮らしのバスツアー残りわずか

いつも人気の「暮らしのバスツアー2019冬」

昨日、朝刊の神戸新聞の明石欄に掲載しましたが、



定員まで残りわずかです。


暮らしのバスツアー開催

日時:31年2月23日(土) 13:00~17:30


 好評の 自然素材のお宅訪問で「暮らしのバスツアー」
 
今回は、 お住まいのお宅3邸の暮らし方を見学いただけるツアー。



日置建設の事務所に集合いただき、バスに乗り見学会会場へ、

各会場では、参加者の方に全体説明会をし、お施主様より暮らしぶりを

話していただいたあと、直接住み心地をお聞きいただけます。


 詳しくは、こちらこちら

 予約制で、定員になり次第、締め切りさせていただきます。

  場所:お宅訪問先・・・

1軒目は、

  「HKハウス高倉台の家」

 

 


2軒目は、

 「HKハウス千代が丘の家」

  弊社設計スタッフの自邸です。

 

 

 

 自宅にワンちゃんと猫ちゃんがいます。

 
 

3軒目は、

 「BINO Earth Park野々上の家」

 

 スキップフロアのコンポーネント住宅です。

 

 



 予約制で、定員になり次第、締め切りさせていただきます。
  

Posted by 明石の日置建設  at 14:56Comments(0)仕事に対しての取り組みイベント関係

2019年02月06日

消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応について


国土交通省の開催で、説明会が六甲アイランドであり、参加。


平成31年10月1日に予定されている消費税率の引上げ後の

住宅取得にメリットが出る支援策!

1.住宅ローン減税

 控除期間が3年延長(建物購入価格の消費税2%分減税(最大))

2.すまい給付金

 給付額が最大50万円に(収入に応じて10万~40万円の増額)

3.次世代住宅ポイント制度

 新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当を付与する新たなポイント制度創設

4.住宅取得等のための資金に係る贈与税非課税措置

 贈与税非課税枠は最大3000万円に拡大(現行最大1200万円)



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:49Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月05日

「日置建設フィロソフィ2019」の残り27項目

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、

人として生きるための常識的な考え方と日置建設という会社を経営する上で

会社の考え方・行動指針を示したバイブルです。

まずは、残りの27項目

28、見えてくるまで考え抜く

29、人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

 人生や仕事の結果は、「考え方」と「熱意」と「能力」の

  3つの要素の掛け算で決まります。

  このうち「能力」と「熱意」は、それぞれ0点から100点まであり、

  それを掛け合わせます。そうすると、自分の能力を鼻にかけ

  努力を怠った人よりも、自分には普通の能力しかないと思って

  誰よりも努力した人の方が、はるかにすばらしい結果を残すことになります。

  そして、これに「考え方」が掛かります。

  「考え方」とは、生きる姿勢であり、マイナス100点からプラス100点まであります。

  考え方次第で人の人生や仕事の結果は180度変わってくるのです。

  つまり、掛け算ですからわずかばかりの否定的な考え方であったとしても、

  人生や仕事の結果は全てマイナスになってしまいます。

  そこで、「能力」と「熱意」とともに、

  人間として正しい「考え方」をもつことが何よりも大切になるのです。


30、小善は大善に似たり、大善は非情に似たり

31、真の勇気をもつ

32、対極をあわせもつ

33、現場主義に徹する

34、ベクトルを合わせる

35、実力主義に徹する

36、果敢に挑戦する

37、美しい心をもつ

38、一人ひとりが日置建設

39、反省のある人生をおくる

40、考えからこそが人生を決め、運命を変える

41、善きことを思い、善き行動をする

42、足るを知る

43、公明正大に利益を追求する

44、売上を最大に経費を最小に

45、倹約を旨とする

46、必要な時に必要なだけ購入する

47、採算意識を高める

48、正しい数字をもとに経営を行う

49、全員参加で経営をする

50、値決めは経営である

51、日々の採算をつくる

52、ものごとをシンプルにとらえる

53、高い目標をもつ

54、原理原則にしたがう


 1項目ずつ解説文を週2回の朝礼で輪読しています。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:14Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月04日

「日置建設フィロソフィ2019」のまずは27項目

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、

人として生きるための常識的な考え方と日置建設という会社を経営する上で

会社の考え方・行動指針を示したバイブルです。

まずは、最初の27項目


1、人間として何が正しいかで判断する
 
  日置建設フィロソフィの根本にあるのは、

  「人間として何が正しいか」ということです。

  「素直で正直であれ」「嘘をつくな」「人を騙すな」

  「約束を守る」「謙虚さを忘れるな」「他人を思いやる」

  「感謝をする」といったような、子供の頃、親や学校の先生から

  教わった非常にベーシックな道徳観のことでもあります。


2、心を高め、心清らかであれ

3、仲間のために尽くす

4、素直な心をもつ

5、常に謙虚な姿勢

6、感謝の気持ちをもつ

7、お客様の立場に立って考え行動する

8、利他の心を判断基準とする
9、常に明るく前向きに


10、完璧主義を貫く

11、真面目に一生懸命仕事に打ち込む

12、地道な努力を積み重ねる

13、信頼関係を築く

14、仕事を好きになる

15、自ら燃える

16、ものごとの本質を究める

17、渦の中心になれ

18、率先垂範する

19、土俵の真ん中で相撲を取る

20、本音でぶつかれ

21、常に創造的な仕事をする

22、有意注意で仕事にあたる

23、コンプライアンスを徹底する

24、人間の無限の可能性を追求する

25、強い持続した願望をもつ

26、有言実行でことにあたる

27、楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する


1項目ずつ解説文を週2回の朝礼で輪読しています。

  » 続きを読む


Posted by 明石の日置建設  at 23:22Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月01日

「日置建設フィロソフィ2019」

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、

人として生きるための常識的な考え方と日置建設という会社を

経営する上で会社の考え方・行動指針を示したバイブルです。

経営理念を遂行していくために、そして、人間として何が正しいかを

常に判断基準とし、まじめに一生懸命働き、思いやりをもった仲間同士が

気持ちよく働ける会社にするために、「日置建設フィロソフィ」は全従業員で実行する。

「日置建設フィロソフィ」の作成にあたり、人の心はシステムや体制、

マニュアルでコントロールできません。システムどおりにできないこともあり、

それを叱って守らせる、仕組みで縛れば反発も出ます。

従業員も協力業者もお客様もいろいろな考え方をもち、日々仕事をとおして、

相手に対する言葉一言、行動一つでも変わり、相手に対してとらえ方、

感じ方が変わってきます。本来、考え方や思想は人それぞれ自由です。

たとえば、利己的に生きて、儲け話にのり仕事を進め、お金だけで人を使い、

利益を出して経営する会社もあれば、人のために尽くし、好きな仕事だけ行い、

言われるがままにお金を払い、赤字経営の会社もあります。

会社は社長の考え方次第で、会社経営が大きく変わります。

社長の考え方がしっかりしていないといけないが、どういう考え方で会社を

経営していくのか、それをしっかり示し、従業員と意見交換しながら

会社の考え方を共有していく。

その会社の考え方、行動規範、哲学を作成したものが「日置建設フィロソフィ」です。


それを繰り返し、繰り返し行うことで、その考え方を全従業員と共有できます。

「日置建設フィロソフィ」が全従業員に浸透し、同じ考え方、思想をもった者同士が、

日々の会社の業務に当たることで仕事がスムーズに進む。

このことが一番大切だと考え「日置建設フィロソフィ」を2013年に1年かけて

週1回45項目作成し、2014年はそれを毎週2回朝礼で輪読し浸透してきました。

2015年は「日置建設フィロソフィ」を改良し、1項目減らし3項目を増やし

47項目とし毎週3回朝礼で輪読を行いました。

そして、それをさらに2016年には4項目を、2017年には1項目を、

2018年は2項目を増やして、54項目を2019年も全従業員が

「日置建設フィロソフィ2019」を共有し、心を高め、すばらしい人生を送るために、

毎週2回(火・金)朝礼で輪読を行い、日々の仕事を通して実行します。

  

Posted by 明石の日置建設  at 09:24Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月29日

「報告・連絡・相談」 徹底

        
1、 報告とは、社長や先輩からの指示や指令に対して、

  部下が経過や結果を知らせること。

   報告  (催促される前に行う)
   い つ・・・定例・定期
   目 的・・・会社のため
   内 容・・・進捗状況・結果
   対 象・・・社長や先輩に
   留意点・・・義務(報告することで仕事が完了)

2、 連絡とは、知り得た情報を関係者に知らせること。

  そこには自分の意見や憶測は不要。

  連絡  (お客様満足への掛け橋)

    い つ・・・タイムリーに・適時
    目 的・・・他者のため・仲間のため
    内 容・・・自分が得た情報や状況
    対 象・・・タテ・ヨコ・ナナメすべてに
    留意点・・・ホスピタリティ(気づかい・心づかい)

3、 相談とは、判断に迷う時や意見を聞いてもらいたい時などに

  社長や先輩・同僚に参考意見を聞いて、アドバイスをもらうこと。


    相 談  (会社組織を強くする)
    い つ・・・いつでも
    目 的・・・自分のため・部下のため
    内 容・・・何でも・必要事項
    対 象・・・社長や先輩・関係者に
    留意点・・・感謝
  

Posted by 明石の日置建設  at 22:00Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月23日

近藤典子流、「狭くして広く使うリビングクローク」

本日、22時からの「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に

弊社のリビングクロークが、全国放送で放映されました。



近藤典子さん監修の弊社にあるリビングクローク

「日置建設㈱「兵庫県」とテロップまで付けていただきました。




ふだんはクロークの扉は開けっぱなして使っていただいて、

来客時やリビングでゆっくりくつろぎた時は、扉を閉めて使います。




フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に

近藤典子さんがテレビ出演され、収納の極意をお話しされました。


さらに、弊社の設計スタッフの2級建築士の安岡陽子も

インタビューに答えて、放映されました。



【テレビ】 2019年1月23日(水)放送されました

【番組名】 フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」

https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2019/190122-i034.html


「狭くして広く使うリビングクローク」をご覧いただきたい方は、

ご連絡ください。使い勝手等、ご説明もさせていただきます。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:35Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月23日

BARBER SHOP SWALLOW 本日OPEN!



東加古川のバーバーショップ スワローさんが、

本日、ニューオープンされました。



店舗入り口の板への塗装はDIYでされました。



看板は、ガラスにカッティングシートを貼られました。



チラシをいただいてきました。

2/28までオープニングキャンペーンで、20%OFF



オーナーさんが洗髪中


場所は、加古川市平岡町高畑260-1
      フロムウエスト1F

    2号線沿いの、平岡小学校の北側です。

 連絡先は、079-425-1038

 予約優先だそうです。

 営業時間は、9:00~20:00

 定休日は、月曜日と第2、第3火曜日の連休だそうです。




BARBER SHOP SWALLOW

  

Posted by 明石の日置建設  at 20:22Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月22日

職場の三原則


1、  「時を守り」

2、  「場を清め」

3、  「礼を正す」


1、 【時を守り】とは、時間を守ること。

 この意味は、相手を尊重すること。それにより自分が信用を積み重ねること。

 実践目標は、すべての予定の開始5分前に姿勢を正し、心を静め、開始を待つこと。

2、 【場を清め】とは、掃除をすること。

 掃除をすることの意味は、5Kで表され、気づく人になれる、心を磨く・謙虚になれる
 
 ・感動の心をはぐくむ・感謝の心がめばえる。

 実践目標は、一つでも足元のゴミを拾うこと。一つ拾えば一つだけきれいになる。

         できれば15分間、人のために尽くす。

3、 【礼を正す】とは、挨拶をすること、返事をすること。

 挨拶の意味は、心を開いて相手に迫るということ。

 挨拶をすれば人間関係がよくなり、挨拶をしなければ人間関係が悪くなる。

 実践目標は、朝の挨拶は人より先に、誰に会っても、相手が聞こえる大きな声で、

 相手が気持ちよくなる挨拶をする「おはようございます!」

 そして、呼ばれたら「ハイ!」と返事をする。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:54Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月21日

高丘の家、室内検査と社員で外周清掃


「HKハウス高丘の家」 室内の社内検査を行い、

  現場の外周や側溝掃除を社員で行いました。



  外構工事は別途発注のため、建物のみをお引き渡しします。




  午後からは太陽が外壁にあたり、スーパーそとん壁が

 風合いのよい真っ白になり、玄関前を木の格子でアクセント。




 2階の寝室の窓から前の公園が借景です。




 寝室の西側に上下で借景を楽しめるよう、細長い窓を設置、

 右奥には大容量の収納ルームを配置。


1月26日(土)の10:00~16:00 完成見学会を開催します。

寒い冬の床下エアコンを体感できます。

場所は、明石市大久保町高丘 (詳しくはご連絡後、地図を郵送します)

予約制ですので、事前にメールかお電話ください。


詳しくは、こちらをご覧ください。  

Posted by 明石の日置建設  at 19:53Comments(0)仕事に対しての取り組みHKハウス高丘の家

2019年01月21日

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に弊社も!


近藤典子Home&Life研究所さんから連絡があり、

フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に

近藤典子さんがテレビ出演されます。

予告で観られたかたもいらっしゃるかもしれませんが、

金田朋子&森渉邸のビフォーアフターをされました!





その番組の中で、弊社の収納提案ルームの映像が

流れて、弊社のテロップも出るかもしれません。



近藤典子さん流の提案でどのように変わったのか?を、

ぜひ、ご覧ください♪


【テレビ】 2019年1月23日(水)放送

【時間】  22:00~22:54

【番組名】 フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」

https://www.fujitv.co.jp/umezuba/

  

Posted by 明石の日置建設  at 17:39Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月19日

BARBER SHOP SWALLOW 店舗新装工事

先日、東加古川で、理容店の店舗の工事をさせていただきました。



BARBER SHOP SWALLOW 店舗新装工事で、

引渡しをさせていただき、一部未完成は、ご自身でのDIYと看板工事です。



1月23日OPENで、只今、開店に向けての準備中です。



場所は、2号線沿いの北側で、平岡小学校の北側です。



当初はスケルトンの状況で借りられて、



間仕切り工事をして、



仕上工事をして、完成しました。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:13Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月19日

アメーバ経営導入に向けて


 アメーバ経営を導入する上で従業員に向けて
 H28年5月に書いた文章を今年少しアレンジしました。

弊社は昭和45年7月に父が創業し、風呂敷に包めるような経営
(人に迷惑をかけない経営)を行い、その後、母は確実性のある
堅実経営(石橋を叩いて渡る経営)をし、私が筋肉質経営と踊り場
経営(無理のない事業展開の経営)をしてきました。

私自身が、アトピーで苦しんだ経験をもとに、快適で健康な暮らしを
提供し、地域に密着し、地域で必要な住宅会社として地域No.1を
目指しています。

見学会や感謝祭の開催、お客さんの満足度の向上を目指すことで、
紹介受注を増やし、自然素材と高性能(断熱、気密、耐震)で
ワンランク上の住宅提供。さらに性能の見える化(効果を数字で表し、
体感し納得し暮らしてからの満足して頂く)に取り組んでいます。
ここまで様々な取り組みをできたのも従業員皆様のおかげです。

さて、ここまでいろいろな取り組みをしてきた弊社ですが、
経営においては私自身ワントップの鍋蓋経営を貫き営業、設計、
工事もこなす体制でパートナーがつくれなかった。

自分自身で仕組みを作ろうと試行錯誤したがうまくいかず、
従業員には迷惑もかけてしまい、ここ数年間ほど4億円前後で
成長が思うように上がらず鍋蓋経営に限界を感じてきていました。

そんな時「アメーバ経営」の本に出会い、盛和塾の経営に対する考え方、
正直者が必ず報われるのだという経営哲学に感動し、盛和塾に入り勉強し、
アメーバ経営の前に「日置建設フィロソフィ」を作成し、従業員とともに
輪読し学びを深めてきました。
その上で今回の「アメーバ経営」を導入することを決意しました。

アメーバ経営とは、組織を小集団部門に分けます。

各部門のリーダーは、それぞれが中心となって自らの部門の計画を立て、
メンバー全員が知恵を絞り、努力することで、部門の目標を達成していきます。
そうすることで、従業員ひとりひとりが主役となり、自主的に経営に参加する
「全員参加経営」を実現します。さらに経営を効率的に行うことで財務面も
よくなり高収益体質の実現ができる仕組みです。

アメーバ経営の導入により、日置建設を「兵庫県一の「快適で健康な暮らし
専門店」の注文住宅会社」にしたいと考えています。
「兵庫県一の注文住宅会社」とは兵庫県下で本社を持つ注文住宅会社として、
お客様に快適で健康な暮らしを提供し続けることで、世の中に貢献する
住宅会社を目指します。

そのような「快適で健康な暮らし専門店」の住宅会社になるために、
従業員の皆さん全員が経営に参加できる仕組みを構築することが
必要であると考えています。

それにより、皆さんが仕事を通じて成長し、今まで以上に仕事に対する
やりがいや達成感を感じることができるのです。そして、そのような
注文住宅会社を皆さんと一緒に創り上げることで、弊社は永続的に
存続できる会社となり、皆さんにとって「日置建設で働いてよかった」と
胸を張って言える会社にできると確信しています。

我々の未来を我々で勝ち取るために、従業員皆さん一人一人が会社経営に
積極的に参加する気持ちを持ち、これからの日置建設を従業員全員の手で
創り上げていきましょう。
  

Posted by 明石の日置建設  at 00:07Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月16日

「経営の原点12ヶ条」


1.事業の目的、意義を明確にする
 公明正大で大義名分のある高い目的を立てる。

2.具体的な目標を立てる
 立てた目標は常に社員と共有する。

3.強烈な願望を心に抱く
 潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと。

4.誰にも負けない努力をする
 地味な仕事を一歩一歩堅実に、弛まぬ努力を続ける。

5.売上を最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
 入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。
 利益は後からついてくる。

6.値決めは経営
 値決めはトップの仕事。
お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。

7.経営は強い意志で決まる
 経営には岩をもうがつ強い意志が必要。

8.燃える闘魂
 経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要。

9.勇気をもって事に当たる
 卑怯な振る舞いがあってはならない。

10.常に創造的な仕事をする
 今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。
創意工夫を重ねる。

11.思いやりの心で誠実に

 商いには相手がある。相手を含めて、ハッピーであること。皆が喜ぶこと。

12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で
  

Posted by 明石の日置建設  at 18:56Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月15日

弊社の2019年のビジネスモデルの構築②

ビジネスモデルの構築その②

製品・サービスは

 ・HKハウス(ハイブリット健康住宅)(完全自由設計)
 ・BINO/FREEQ(コンポーネント住宅)
 ・リノベーション(高性能の大型フルリフォーム工事)
 ・リフォーム(修繕・維持管理工事)
 ・全ての商品で、標準化、マニュアル、手順、流れ等の仕組み化に取組む
 ・上記商品が顧客にわかりやすく見える化し、発信する

どんな技術を使うのか

 ・今まで培ってきたものを再考し、整理し、次に活かしていく
 ・今まで以上にスペックを上げ、数値化し、見える化し、裏付けを取る
 ・他地域の同業他社の先行モデル情報を収集し、吟味し真似る化をする

競争優位性及び、なりえそうな内容

 ・社歴49年の実績       
 ・新築完成棟数の実績
 ・会社の取組等の開示     
 ・自己資本力
 ・地域のブランド力      
 ・真面目で素直な優秀なスタッフ
 ・顧客からも評判のいい協力業者
 ・第三者管理の実施で質の向上
 ・きめ細かな顧客対応     
 ・手作り造作、オリジナル家具の作成
 ・床下エアコンの実績     
 ・アフターメンテナンスの充実
 ・暮らし方、収納の提案力   
 ・雑貨・DIY・家具等の提案・販売
 ・モデルハウスを持っている

市場の選定

 ・優位に戦える市場: 
   明石中心で地域の絞り込み45分圏内とする
 ・市場拡大規模がある:
   明石中心で住宅地開発が進み、流入する顧客確保
 ・生涯単価を確保する:
   既存のお客様より紹介受注率を上げる
 ・参入障壁を作る:  
   強みを磨き、ブランド力を高め、発信量を増やす
 
上記に基づき顧客が知りたいことをさらに詳しく社長が作成し、発信していく。

  

Posted by 明石の日置建設  at 21:42Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年01月14日

弊社の2019年のビジネスモデルの構築


今年の基本的な取り組みは、

 原点に戻り、今まで行なってきたことを再構築し、選別し、仕組み化し、

 全従業員で目標実現に向けて、繰り返しうまく運営できるよう取組む。


その上で、ターゲット顧客と顧客価値、商品やサービス、
  どんな技術を使うのか、競争の優位性、市場の選定をまとめてみました。


ターゲット顧客と顧客価値

 ・地域の方々:
   ・明石市を中心として、施工エリアを絞り込んだ方を対象とします。

 ・快適な暮らしを望まれる方:

   ・建物の高性能化(断熱・気密・耐震・換気・劣化対策等)
   ・自然素材の使用(木、土、紙、シロアリ処理、塗料等)
   ・間取りの可変性(家族構成により可変性のある間取り)
   ・導線の利便性 (住まわれる方に合った導線で快適に)
   ・整理された室内(いつもきれいに整理された飾りと収納)
   ・メンテナンス (定期点検と暮らしてからの不具合に対応)
     以上、上記を総合的に充実されたい方

 ・健康な暮らしを望まれる方:

   ヒートショックやシックハウス症候群を防止し健康な暮らしの実現
    さらにそこで暮らされる方々が健康で長寿命化につながっていきます。

   ・温度のバリアフリー(室内温度差が少ない快適温度と湿度で暮らす)
   ・体にいいものを使う(有害な化学物質の排出しない自然素材の建材)
   ・きれいな空気(第一種換気で結露のない新鮮な空気の流れを確保)
   ・香りを楽しむ(リラックスできる木の香りで癒し効果)
     以上、上記を総合的に充実されたい方

 ・リーズナブルな価格を希望される方
   いいものを吟味し適正価格で提供し、お客様の想像以上の提案力や
    会社や個々の対応力で価格以上の付加価値を提供します。

    ・日々進化する建材・技術等弊社なりに吟味し、交渉し提供します
    ・想像以上の提案力:(デザイン、間取り、導線、収納等の提案力)
    ・会社や個々の対応力:(全従業員・協力業者の方も含め人間性を高め、
      人格を磨き、HP、SNS、メールや電話、社内外でも現場でも、
      全員が顧客に対して思いやりの心を持って真摯に対応)
    ・高性能化によりランニングコストが安くなり、結果的に得をする
    ・上記のような取組みに共感し、同じ価値観を持った方
    ・永く弊社と共に快適で健康な暮らしを求められる方

  

Posted by 明石の日置建設  at 22:42Comments(0)仕事に対しての取り組み