ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2018年10月22日

特定建築物の定期調査

特定建築物の定期調査の依頼を受け、

今日は、マンションを2件建物診断しました。



屋上の防水検査から始まり、



各階の共用部の調査を行い、クラックや腐食、建物状況を



細かく確認し、基礎や外周状況まで調べて報告します。




他には、勾配屋根に上り防水状況も確認したり、



RC構造の場合、打診をしながら、浮きや爆裂の状況を調査します。


特定建築物(特殊建築物)として指定された公共性の高い建築物は、

利用者の安全のためにも建築物全体が常に適法状態にあることを

定期的に報告する必要があり、そのために制度化されたものが

特定建築物定期調査になります。


特定建築物調査を行うことができる資格者は、一級建築士、二級建築士、

そして指定された講習を受講修了した特定建築物調査員です。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:58Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年10月15日

鹿児島観光と「西郷どん館」へ!

14日は、指宿温泉「秀水園」でおいしい朝食を頂き、浜辺を散歩して、



みんなで玄関前で記念撮影をしてから



指宿のシンボル薩摩富士(開聞岳)を見ながら



知覧特攻平和会館に行き、特攻隊員の遺書等を読み胸が熱くなりました。



その後、桜島を築山に、錦江湾を池に見立てて「借景」を取り入れた作庭で、



世界文化遺産に登録された「仙厳園」に行き、郷土料理「鶏飯」を頂きました。



最後に西郷どん大河ドラマ館へ行き、撮影の裏側など映像も見て、

大河ドラマの世界観を体感しました。

そして、お土産を買って新幹線で帰ってきました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 10:00Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年10月14日

社員旅行で、研修会も兼ねて鹿児島・指宿へ!

13日から新幹線で鹿児島中央駅へ行き、照国神社参拝後、

鹿児島の郷土料理で黒豚のしゃぶしゃぶを頂きました。



その後、息子がお世話になっていますベガハウスの本社に訪問し、



八幡社長さんにもいろいろご説明していただきました。



研修棟でくつろぎながら、



工房の加工場や倉庫等も詳しく見学させていただきました。

また、ショーホームの「わおんの家」も見学させていただき、勉強になりました。



夕方には指宿温泉「秀水園」へ行きの砂むし温泉を体感して、

その後大広間で宴会を行い、三次会まで行き1時まで飲んでいました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 22:32Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年10月12日

30年度下半期の県産木融資固定金利が0.8%に!




兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度(県産木材住宅ローン)は、

半期に一度金利の見直しがあり、平成30年10月1日~平成31年3月31日の間に

融資実行される住宅融資に対する適用金利が公表されました。

前回より 金利が下がり、0.2%下がりで

平成30年度下半期  適用金利: 「0.8%」

   (平成31年3月31日までの融資実行分に適用、償還期間25年以内)
   
 なお、償還期間35年以内に延長する場合は、26年目以降1.8%となります。


しかし、35年間の固定金利で日本一安いのが県産木材住宅ローンで、

固定金利だと決めた金利はまったく変わらないため、安心して暮らせます。

但し、兵庫県の方で兵庫県の木を使わないといけないという多少の制約があります。




兵庫県産材木材利用木造住宅特別融資制度の実施について

さらに、今回も融資限度額が増えました。

 ①県産木材使用割合50%以上60%未満
   1,500万円(環境配慮型住宅の建設・県産粘土瓦を使用で最大2,000万円)

 ②県産木材使用割合60%以上80%未満
  2,000万円(環境配慮型住宅の建設・県産粘土瓦を使用で最大2,700万円)

 ③県産木材使用割合80%以上
  2,300万円(環境配慮型住宅の建設・県産粘土瓦を使用で最大3,000万円)
    *平成27年度より、県産木材使用割合80%以上で融資限度額を引き上げ


そして、弊社がお勧めしている銀行は「近畿ろうきん」です。

土地を購入される場合はどうしても変動金利で借りないといけないためで、

近畿ろうきんの変動金利が0.625%と比較的安い。


住宅ローンは将来的なコスト(ランニングコスト)を考えるうえで大切です。

個々の返済方法に応じて住宅ローンアドバイザーの資格を持った私が、

詳しくアドバイスさせていただきますので、お気軽にお声掛けください。
  

Posted by 明石の日置建設  at 15:16Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年10月10日

46回目のニュースレターが完成!

「木持ちのいい家だより」2018秋号 No46が




以下のように盛りだくさんの内容で完成しました。

・ぴかぴかの施工例(HKハウス中尾の家)
・わくわく訪問レポート(BinO松陰の家)
・住まいのドクター通信
・エコルーム通信
・HK協力会通信
・見学会の案内
・L’ Espace Agreable~心地よい空間~
・暮らしのメモ



3000部ほどもあり、封入作業をして

間もなく発送いたします。  

是非、ご一読いただき、よければご感想などお聞かせください。


  

Posted by 明石の日置建設  at 20:18Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年09月29日

WAKU+AKASHIが「輝翔」の掲載!

明石西高等学校の同窓会「輝翔会」が年1回発行している

同窓会報「輝翔No37」にWAKU+AKASHI(ワクタスアカシ)を

1ページで掲載していただきました。



「輝翔NO.37」 今年は輝翔会発足40周年になります。



「WAKU+AKASH」の紹介ページ

明石西高の同窓会の方へはこの広報誌がそろそろ届いていると思います。


輝翔会の方へ

お部屋の壁や家具に貼って、自分だけの空間づくりができる

マスキングテープ(Decolfa)をプレゼントします!

「輝翔会の広報誌を見ました○○回生の○○です」とスタッフに声掛け下さい。



  

Posted by 明石の日置建設  at 09:52Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年09月01日

新築工事の仕様書の勉強会

弊社のHKハウス(新築工事)の標準手引書について

仕様変更しましたので、その説明会を

第三者機関であるネクストステージの方に

解説をしていただき、開催をしました。




大工さんを中心に関係業者さんに来ていただきました。




新築の大切な仕事の話なので、みんな真剣に勉強しました。




新築住宅の「木造住宅工事 標準仕様書の手引書」です。


2015年作成し、この度少し改正し、今後しっかりと手引書による

施工と現場管理を行っていくため、説明会をしました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 22:59Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年08月08日

近藤典子さんのセミナーに参加後、記念写真

8/3に近藤典子さんの暮らしアカデミーの

住まい方アドバイザーの養成講座の特別課外授業が、

弊社の2階収納提案ルームで行われました。

その後、



神戸で、京阪神木造住宅協議会の主催で、

近藤典子さんに、「片づく家」の作り方セミナーをしていただきました。

技術面のハードに加え、住み手に求められるソフト提案を

実例を交えて「3つの間=空間」を詳しく教えていただきました。

セミナー終了後



近藤典子さんと記念撮影。
  

Posted by 明石の日置建設  at 00:01Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年08月02日

近藤典子さんが弊社で撮影中!

住まい方アドバイザーとして、

住空間を提案する上で、実際に弊社の収納提案ルームを

使って、本日夕方から近藤典子さんが来ていただいて、

動画の撮影をされました。



一つづつわかりやすくご紹介していただいています。



パントリーも寸法や使い方についてを説明をされました。



冊子としても作られるので、静止画像も撮影しました。


動画編集ができましたら、皆様にも見ていただく機会を設けます。


そして、

明日は、住まい方アドバイザー養成講座の特別課外授業で

全国から生徒さんが来られて勉強されますので、

私どもも一緒に勉強をさせていただきます。

  

Posted by 明石の日置建設  at 19:13Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年07月26日

兵庫県木材利用拡大現地見学会に参加

兵庫県が県産木材の利用促進に取り組まれていて、

その事業の一環として昨日炎天下の中、

兵庫県木材利用拡大現地見学会に参加しました。

なかなかハードスケジュールで、

神戸と明石と姫路からバス3台でツアーがあり、

私は「ひょうご木の匠の会」として、明石からバスに乗り込みました。



まずは、宍粟市一宮の東河内の整備された林業地を見学しました。



間伐もされて下草も生え、手入れが行き届いています。



その後、製材工場、兵庫木材センターを見学。

次に、森林木材技術センターで昼食をしながら、県の研究内容を学びました。



昼食後、広い材木市場の山崎木材市場を見学。

そして、近くの久我木材工業のプレカット工場を見学後、



県産木材モデル住宅として姫路の総合展示場にある、



ヤマヒロさんのモデルハウスを見学して終了。

18:30に明石に戻り、充実して1日でした。

バスの中では、ひょうご木の匠の会長として、

ひょうご木の匠の会の取組みと弊社の県産木に対する取り組みを

事例を交えて紹介させていただきました。




  

Posted by 明石の日置建設  at 12:04Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年07月20日

7月と8月のイベント情報



完成見学会、家づくり住まい講座、無料相談会、まるしぇ等の

7月と8月のイベントカレンダーです。

詳細はこちらからホームページにアクセスして確認できます。


そのイベントで、8月26日の「ひおきクラフトまるしぇ」で、

7/7のひおきまつりが中止になったので、

「ひおきミニまつり」を開催しようと計画しています。

内容は、まるしぇと木工体験、少しの飲食ブース程度ですが、

夏の終わりにこじんまりと行います。


詳しくは、ホームページにて告知します。

お楽しみに!

  

Posted by 明石の日置建設  at 00:22Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年06月22日

明石乗馬協会、全天候型馬場オープン!



6/23、明石乗馬協会の全天候型テント馬場オープン!



40M×60Mという超大型テント工事の骨組み施工中です。



テントシートを張り上げて、



内部整備と照明器具の取り付け。




建物の外周の整備も何とか完成し、



馬場の整備を終え、明日オープンします。


PS:



さらに、馬房の増築工事も最終段階です。


詳しくは、明石乗馬協会のホームページをご覧ください。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:39Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年06月05日

江井島中学がトライやるウィークで2人受け入れ

6/4から6/8までの5日間、「トライやるウィーク」で

江井島中学校の2年生男子2人を受け入れ、頑張っています。





初日は2人とも緊張していました。


 初日は会社説明とトライやるの意義を伝えました。

子どもたちには、弊社での体験を通して、豊かな感性や創造性を自ら高め、

自分なりの生き方をみつけ、たくましく生きる心を育めるようにしたい。


「トライやるウィーク」の活動で大切なこと、

・将来の自分の進路を見つめさせるとともに、どの職業も社会に
  貢献しているという正しい職業観を養う。

・働くことの厳しさ、大切さを体験することによって、勤労の厳しさ、喜び、
  生きがいを理解させ、忍耐力や自律性を身につけさせる。

・地域社会での社会的常識や礼儀(時間厳守、あいさつ等)の必要性を学ばせる。

・地域、事業所、学校、家庭の協力、連携によって生徒の豊かな人間性を育てていく。





 現場巡回とモデルハウス、WAKU+AKASHIの見学をしました。






 昨日の午後と今日は模型作りを体験!


 

模型完成しました。初めてにしては二人とも上手です。



  

Posted by 明石の日置建設  at 16:45Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年05月09日

冬のフォトコンテストの結果発表!

第2回HK友の会「冬のフォトコンテスト」を行い、

ホームページにて、結果発表させていただきました。

フォトコンテストに多数のご応募ありがとうございました。

私たちがお邪魔してご家族の生活風景を撮影させていただくこともありますが、

自然な家族のくつろぎや何気ない生活感、家族だから自然と見せる笑顔は

どうしても撮影することができません。

そこで、今回もHK友の会のメンバーにお願いして、

その様子を撮影して投稿していただきました。


どの写真もいいものばかりで、正直、選考には迷いました。

選考方法は弊社で建てさせていただいた建物の内外で家族の何気ない様子が

分かる写真を全社員で投票制にして、最優秀賞1点、優秀賞3点を選びました。

最優秀賞



HKハウス長坂寺の家 明石市O様


優秀賞



BinO西江井ヶ島の家  明石市 Y様


優秀賞



HKハウス住吉の家 明石市S様


優秀賞



HKハウス 錦が丘の家  明石市 I様


HK友の会会員限定の「冬のフォトコンテスト」にご応募いただきありがとうございました。

冬の普段の何気ない様子を撮影して、投稿していただきました。


冬ということもあって、ほっこりとした写真が多く、特に優秀賞は、愛らしい写真で、

思わず待ち受け画面にできそうなワンショットです。

入賞された方々、おめでとうございます。


詳しくは、こちらをご覧ください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 21:35Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年05月08日

モデルハウスで楽しむ家の探検会開催!

What's BinO&FREEQ?

5月12日~5月20日まで大久保POCHEのモデルハウスの

見学会で素敵なプレゼント(ランタン)を差し上げます。

さらに特典もございますので、お気軽に予約をしてください。





手に入れるのはかっこいい家と楽しい暮らし

家は、暮らしを楽しむためのもの。
どんなに豪華な家を建てても、暮らしを楽しめなければ意味がありません。

住む人が、無理することなく、豊かに暮らせる家をつくりたい。
BinOとFREEQは、そんな想いから生まれた住宅ブランドです。
自分らしく、人生を豊かにする家づくりを始めませんか?

詳しくは、こちらをご覧ください。



  

Posted by 明石の日置建設  at 22:15Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年04月27日

JBN・全国工務店協会の前会長青木宏之様のお別れ会

4月26日に、一般社団法人JBN・全国工務店協会の前会長青木宏之様の

お別れ会が、青山葬儀所であり、JBN理事してお手伝いさせていただきました。



当日は晴天にも恵まれ、全国から沢山の方が参列され、懇親会も開催され、

そこでJBNの10年間歩みも放映されました。


青木様には、京阪神木造住宅協議会の立ち上げより

大変お世話になり、またJBNの理事にも任命した頂き、

本当にありがとうございました。

冥福ををお祈り申し上げます。
  

Posted by 明石の日置建設  at 22:00Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年04月21日

弊社で近藤典子さんの暮らしアカデミー開催

近藤典子さんと「住まい方アドバイザーとの家づくり」で契約を締結しており、

住まい方アドバイザーの生徒さん20名ほど全国から来ていただいて、

弊社2階で近藤典子さん監修のスペースの見学とレクチャーをされました。



兵庫、大阪、東京からと遠い方は青森からも来られました。



近藤典子さんより住まいづくりに欠かせない「3つの間」

空間・時間・人間について最初に説明があり、



個々の部位で、丁寧に説明をしていただきました。

その後、



大和ハウス工業とコラボした2007年ケーススタディハウス神戸が丸11年を迎え、

6月に終了となるということで、現地で近藤典子さんの特別課外授業を開催。

最後に



近藤典子さんとツーショット写真

  

Posted by 明石の日置建設  at 10:46Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年04月12日

お得なリフォームキャンペーン!

電化で”プチ”リフォームキャンペーンということで、

オール電化セットなどを特別価格で販売いたします。



時期は6月末までなので、

電化リフォームご検討中の方は、ぜひこの機会にご利用ください。

リフォームについて、分からない点やご相談などございましたら

お電話または、お問い合わせフォームから何なりとお気軽にお問い合わせください。


詳しくは、こちらです。

  

Posted by 明石の日置建設  at 09:19Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年04月08日

あなたの住宅診断してみませんか?

本日、神戸新聞朝刊の折り込みで「住宅診断してみませんか?」という

チラシを江井島中心の方に配布させていただきました。





今だけキャンペーンとして、

弊社にて戸建ての住宅診断費用は20,000円ですが、

現地調査料として15,000円は下記期間は無料とします。

キャンペーン期間: 4月10日から7月31日




『住宅診断』 (ホームインスペクション)とは

建物の劣化状況や構造上の問題・耐震性の優劣などを一級建築士や
住宅診断士といった専門家が、第三者の立場で見極める『住宅の健康診断』です。

住宅の診断は主に目視及び専用の器具を使って行います。

では、どんな所を調査・診断していくのかを
一部ですが紹介いたします。


まずは外壁の診断。

『打診棒』というもので、モルタルが浮いていないか・・・
つまり、外壁にひび割れがないかを確認しています。
音の違いなどで判断します。

その他にも、給湯器や窓のフェンスなど、丈夫かどうかなど、外壁廻りも調べていきます。
また、汚水や雨水、雑排水も問題なく使用しているかの確認も行います。


次に、室内の診断・調査。
台所の床下収納部分、和室の床下などを点検。
和室の場合は、畳をめくって点検用に開けられた板を外して、覗き込んでの点検。

『下げぶり』や『水平器(水準器)』を使って、家の柱が垂直かどうかを調べます。


建物は、必ず時の経過により劣化します。
その劣化がどのような状態、環境により劣化したかを見極める事が大切です。

『住宅の劣化状況』
『欠陥の有無』
『改修すべき箇所やその時期』
『修繕にかかるおおよその費用』

こういったことを見極め、外壁や基礎に不具合が見られないか、
室内に雨漏りの形跡がないか、などを目視で確認し、
専用の機器を使用して調査し、建物のコンディションを診断依頼者様に報告します。

詳しくは、日置・住宅診断サービスのHPをご覧ください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 17:15Comments(0)仕事に対しての取り組み

2018年04月02日

新卒生向けの会社説明会

来年4月採用に向けて、「リクナビ」に求人募集の掲載!

詳しくは、こちらをご覧ください。

会社概要、採用情報、今後の会社説明会の予定が

記載されています。


そして、3月31日の会社説明会では3名の学生が参加。

まず、参加した学生より自己紹介からしてもらって、

私の自己紹介と会社の歴史、経営理念に目標、

日置建設フィロソフィと会社の取組み、弊社の

今後の展開等を話をさせていただきました。



その後、梨恵より自己紹介と収納提案ルームで

収納や暮らし方について説明してもらいました。


ちなみに、

次回の会社説明会は、4/18の13:30~15:30

5/15の9:30~12:30と6/2の13:30~15:30です。





  

Posted by 明石の日置建設  at 23:07Comments(0)仕事に対しての取り組み