ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2017年02月22日

協力業者の方と安全パトロール

安全な現場監理を目指して、2/20に

HK協力業者会の役員さんと安全パトロールをしました。

2つの現場をまわりました。



足場解体中の「HKハウス上ノ丸Ⅱの家」



外構工事中の「ゆめのもり保育園」



内部の吹き抜け足場も外れ、内部は仕上げ作業に入っています。

  

Posted by 明石の日置建設  at 20:00Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月21日

JBN理事会で、東京都の東雲へ

2月16日はJBNの理事会のため、

東京の東雲にある、橋本総業さんの

みらいエコリフォームセンターへ行ってきました



理事会の前の1時間だけ、会場見学させていただきました。



バーチャルリフォーム室内の体験や



最先端の設備機器の展示



太陽電池で走る自動車や太陽光発電だけで暮らせる

ユニットハウス中のものを見せていただきました。

その後、理事会をして、



話題の豊洲、築地も見て日帰りしました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:25Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月20日

滋賀県木造住宅協議会で講演

2月15日に滋賀県の近江八幡にある建材やさんの八興へ行き、

滋賀県木造住宅協議会メンバーに対して、京阪神木造住宅会長として

3時間半の講演をさせていただきました。




  「地域工務店が語るセミナー」と題して

3部構成で1時間ずつテーマを変えて体験談をもとに話をしました。



1部:日置建設の取り組み

2部:京阪神木造住宅協議会の取り組みと
    職人起業塾について

3部:里山住宅博 企画からファイナル、その後・・・

その後、役員のメンバーと懇親会をして、

いろいろ意見交換をし、勉強させていただきました。

その上、お菓子と謝礼までいただいてしまいました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:17Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年02月07日

夏水組のdecolfaの展示方法を研究

「decolfa」(デコルファ)は、

壁紙やタイルのテキスタイルなどを取り入れたオリジナルのDIYアイテムです。

代官山の夏水組のDecor Tokyoでdecolfaの展示方法や

来場者への説明、DIYの方法など聞いてきましたので、

さっそくWAKU+AKASHIで試してみます。




実際にインテリアフィルムテープ壁や物に貼ってみてもらう。




インテリアマスキングテープを壁に額縁のように張って使うものいい。




インテリアマスキングテープをラインナップに見本を見てもらう。



ウォールミラーステッカーは鏡でもないがしっかり映るので見てもらう。

その他、



塗料のDIYのことや



輸入壁紙のDIYことなど聞いて、勉強してきました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 22:22Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月11日

「残り福」えびすで商売繁盛

午後からのリーダー会議終了後、

1月13日上棟予定の東須磨の現場確認に行き、



  (基礎が完成し、土台と合板梁を終え、1階の材料取り込みが完了。)

2017年の今年は11日の「残り福(のこりふく)」に、

柳原の蛭子神社にお参りしてきました。

今年も商売繁盛を願い、神様に今年度の目標達成を誓いました。





今年も夜行きましたが、最終日の割には

 あまり混んではおらず、スムーズに参拝できました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:54Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月10日

「日置建設フィロソフィ2017」

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、人として生きるための常識的な考え方と
日置建設という会社を経営する上で会社の考え方・行動指針を示したバイブ
ルです。

経営理念を遂行していくために、そして、人間として何が正しいかを常に判断
基準とし、まじめに一生懸命働き、思いやりをもった仲間同士が気持ちよく働
ける会社にするために、「日置建設フィロソフィ」は全従業員で実行する。

「日置建設フィロソフィ」の作成にあたり、人の心はシステムや体制、マニュアル
でコントロールできません。システムどおりにできないこともあり、それを叱って
守らせる、仕組みで縛れば反発も出ます。従業員も協力業者もお客様もいろい
ろな考え方をもち、日々仕事をとおして、相手に対する言葉一言、行動一つでも
変わり、相手に対してとらえ方、感じ方が変わってきます。本来、考え方や思想
は人それぞれ自由です。たとえば、利己的に生きて、儲け話にのり仕事を進め、
お金だけで人を使い、利益を出して経営する会社もあれば、人のために尽くし、
好きな仕事だけ行い、言われるがままにお金を払い、赤字経営の会社もありま
す。

会社は社長の考え方次第で、会社経営が大きく変わります。社長の考え方がし
っかりしていないといけないが、どういう考え方で会社を経営していくのか、それ
をしっかり示し、従業員と意見交換しながら会社の考え方を共有していく。その
会社の考え方、行動規範、哲学を作成したものが「日置建設フィロソフィ」です。
それを繰り返し、繰り返し行うことで、その考え方を全従業員と共有できます。

「日置建設フィロソフィ」が全従業員に浸透し、同じ考え方、思想をもった者同士
が、日々の会社の業務に当たることで仕事がスムーズに進む。このことが一番
大切だと考え「日置建設フィロソフィ」を2013年に1年かけて週1回45項目作成し
2014年はそれを毎週2回朝礼で輪読し浸透してきました。2015年は「日置建設
フィロソフィ」を改良し、1項目減らし3項目を増やし47項目とし毎週3回朝礼で
輪読を行いました。そして、それをさらに2016年には4項目を、2017年には
「49、全員参加で経営をする」の1項目を増やし52項目を全従業員が「日置建
設フィロソフィ2017」を共有し、心を高め、すばらしい人生を送るために、毎週
3回(月、水、金)朝礼で輪読を行い、日々の仕事を通して実行します。

目   次

1、人間として何が正しいかで判断する
2、心を高め、心清らかであれ
3、仲間のために尽くす
4、素直な心をもつ
5、常に謙虚な姿勢
6、感謝の気持ちをもつ
7、お客様の立場に立って考え行動する
8、利他の心を判断基準とする
9、常に明るく前向きに
10、完璧主義を貫く

11、真面目に一生懸命仕事に打ち込む
12、地道な努力を積み重ねる
13、信頼関係を築く
14、仕事を好きになる
15、自ら燃える
16、ものごとの本質を究める
17、渦の中心になれ
18、率先垂範する
19、土俵の真ん中で相撲を取る
20、本音でぶつかれ

21、常に創造的な仕事をする
22、有意注意で仕事にあたる
23、コンプライアンスを徹底する
24、人間の無限の可能性を追求する
25、強い持続した願望をもつ
26、有言実行でことにあたる
27、楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
28、見えてくるまで考え抜く
29、人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
30、小善は大善に似たり、大善は非情に似たり

31、真の勇気をもつ
32、対極をあわせもつ
33、現場主義に徹する
34、ベクトルを合わせる
35、実力主義に徹する
36、果敢に挑戦する
37、美しい心をもつ
38、一人ひとりが日置建設
39、反省のある人生をおくる
40、考えからこそが人生を決め、運命を変える

41、善きことを思い、善き行動をする
42、足るを知る
43、公明正大に利益を追求する
44、売上を最大に経費を最小に
45、倹約を旨とする
46、必要な時に必要なだけ購入する
47、採算意識を高める
48、正しい数字をもとに経営を行う
49、全員参加で経営をする
50、ものごとをシンプルにとらえる

51、高い目標をもつ
52、原理原則にしたがう


                   以上、  

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:14Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月09日

日置建設の中長期目標と2017年度の目標

                          
長期目標(約12年後)
  兵庫県で、注文住宅会社としてNo1企業を目指す!
  (兵庫県下に本社をもつ注文住宅会社としてお客満足度No1を目指す)
    
中期目標(約4年後)
  明石という地域で、お客様に合った快適な注文住宅
   (リノベーションも含め)会社として地域NO1企業となり、
  地域で愛され必要とされる企業になる。
   (明石市内に本社をもつ注文住宅会社としてお客満足度No1を目指す)
  
29年度(第47期)の目標
  新築住宅工事HKハウス12棟, 新築規格住宅工事3棟,
   保育園新築工事 、大型リノベーション工事、リフォーム工事
  総売上げ目標 7.5億円   

本年度の目標

 ・人間力アップで、心豊かに!

 ・さらにお客様満足度向上を目指す!

 ・売上げ最大、経費最少、に努める!

 ・アメーバ経営で部門ごとに成果を上げる! 

目標実行手順

 ・日置建設フィロソフィの勉強と実践を繰り返し行い、人間性を高め、人格を磨く。

 ・顧客満足度の強化(アンケート実施)日々の実践とアフター強化を行う。

 ・性能の見える化、ZEHの採用と実践、性能評価の実施、WAKU+AKASHIを
  軌道に乗せて、新築・リフォームの受注拡大を目指し、経費削減にも努める。

 ・リーダー会議でアメーバ経営を確実に実行し、各アメーバ毎に目標達成を目指す。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:08Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月08日

平成29年度日置建設のアメーバ経営導入に向けて

昨年度よりアメーバ経営導入しました。

その経緯等を書き綴りリーダー会議で輪読し、

ベクトルを合わす意味で全体会議で発表し、実行します。
                      
従業員の皆様へ

弊社は昭和45年7月に父が創業し、風呂敷に包めるような経営
(人に迷惑をかけない経営)を行い、その後、母は確実性のある
堅実経営(石橋を叩いて渡る経営)をし、私が筋肉質経営と踊り
場経営(無理のない事業展開の経営)をしてきました。私自身が、
アトピーで苦しんだ経験をもとに、快適で健康な暮らしを提供し、
地域に密着し、地域で必要な住宅会社として地域No.1を目指し
ています。見学会や感謝祭の開催、お客さんの満足度の向上を
目指すことで、紹介受注を増やし、自然素材と高性能(断熱、気
密、耐震)でワンランク上の住宅提供。さらに性能の見える化(効
果を数字で表し、体感し納得し暮らしてからの満足して頂く)に取
り組んでいます。ここまで様々な取り組みをできたのも従業員皆
様のおかげです。感謝しています。

さて、ここまでいろいろな取り組みをしてきた弊社ですが、経営に
おいては私自身ワントップの鍋蓋経営を貫き営業、設計、工事も
こなす体制でパートナーがつくれなかった。自分自身で仕組みを
作ろうと試行錯誤したがうまくいかず、従業員には迷惑もかけて
しまい、ここ数年間ほど4億円前後で成長が思うように上がらず
鍋蓋経営に限界を感じてきていました。そんな時「アメーバ経営」
の本に出会い、盛和塾の経営に対する考え方、正直者が必ず報
われるのだという経営哲学に感動し、盛和塾に入り勉強し、アメ
ーバ経営の前に「日置建設フィロソフィ」を作成し、従業員とともに
輪読し学びを深めてきました。その上で今回の「アメーバ経営」を
導入することを決意しました。

アメーバ経営とは、組織を小集団部門に分けます。各部門のリー
ダーは、それぞれが中心となって自らの部門の計画を立て、メン
バー全員が知恵を絞り、努力することで、部門の目標を達成して
いきます。そうすることで、従業員ひとりひとりが主役となり、自主
的に経営に参加する「全員参加経営」を実現します。さらに経営を
効率的に行うことで財務面もよくなり高収益体質の実現ができる
仕組みです。

アメーバ経営の導入により、日置建設を「兵庫県一の注文住宅会
社」にしたいと考えています。「兵庫県一の注文住宅会社」とは兵
庫県下で本社を持つ注文住宅会社として、お客様に快適で健康
な暮らしを提供し続けることで、世の中に貢献する住宅会社を目
指します。そのような住宅会社になるために、従業員の皆さん全
員が経営に参加できる仕組みを構築することが必要であると考え
ています。それにより、皆さんが仕事を通じて成長し、今まで以上
に仕事に対するやりがいや達成感を感じることができるのです。

そして、そのような注文住宅会社を皆さんと一緒に創り上げること
で、弊社は永続的に存続できる会社となり、皆さんにとって「日置
建設で働いてよかった」と胸を張って言える会社にできると確信
しています。我々の未来を我々で勝ち取るために、従業員皆さん
一人一人が会社経営に積極的に参加する気持ちを持ち、これか
らの日置建設を従業員全員の手で創り上げていきましょう。

         日置建設株式会社  代表取締役 日置尚文
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:03Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月07日

平成29年度の日置建設の経営について

「経営の原点12ヶ条」

1.事業の目的、意義を明確にする
     公明正大で大義名分のある高い目的を立てる。

2.具体的な目標を立てる
     立てた目標は常に社員と共有する。

3.強烈な願望を心に抱く
     潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと。

4.誰にも負けない努力をする
     地味な仕事を一歩一歩堅実に、弛まぬ努力を続ける。

5.売上を最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
     入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。             
     利益は後からついてくる。

6.値決めは経営
     値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。

7.経営は強い意志で決まる
     経営には岩をもうがつ強い意志が必要。

8.燃える闘魂
     経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要。

9.勇気をもって事に当たる
     卑怯な振る舞いがあってはならない。

10.常に創造的な仕事をする
     今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。
     創意工夫を重ねる。

11.思いやりの心で誠実に
     商いには相手がある。相手を含めて、ハッピーであること。皆が喜ぶこと。

12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

 上記の盛和塾で学んだことを今年度は実践していきます。
  

Posted by 明石の日置建設  at 22:52Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月06日

平成29年度の日置建設は本日始動!

今日から弊社の初出で、朝一から魚住町中尾の

住吉神社へ行き、 正式参拝をしました。



その後全体会議で平成29年度の日置建設の経営方針を発表しました。


経営理念の組織哲学を確立するために!
                    
~ 組織哲学 ~
「全従業員の成長を通して、物心両面の幸せを追求します。」

「全従業員」とは
日置建設に従事する全ての社員、
すなわち、社長も役員も社員もパートも含めた全員の幸せを追求する。

「物の幸せ」とは
最低限の生活ができる衣・食・住の充実。
会社としては、まず「物」の幸せのために従業員の毎月の給与を遅配することなく支払い続けることが最優先。
全従業員一人ひとりとしては、目標達成という義務を果たすことが重要。

「心の幸せ」とは、
仕事の場で自己実現を通して得ることができる、生きがいや働きがいといった人間としての豊かさ。

「幸せ」とは
幸せとは心の在り方。
自分が幸せと思え「足るを知る」という心です。
そして、「人生で今が楽しく幸せと思える心」です。

「幸せになるために」
1、いつでもどんな時でも自分の心に余裕を持つこと。
2、素直さと謙虚さと感謝の心を持って行動する。
3、仲間とともに困難に挑戦し、克服することが最高の幸せをもたらす。
その挑戦と克服の過程で、より人間性・人格が高められ、その人間的成長自体が、幸せをもたらす。
4、無償の愛を与えることにより、無償の愛を受ける。
5、利他の心で行動により感謝をいただく。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:41Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月03日

西江井住吉神社へ幕の奉納

昨年12月に西江井住吉神社の方から依頼を受け、

以前父が奉納した幕が破れてボロボロになってきたので

幕の新調していただけますかと連絡があり、

黒川染工場に依頼して、昨年末「幕」を奉納をさせていただきました。




弊社の氏神様の西江井住吉神社です。



正面の白い幕を奉納させていただきました。



左側に会社名「日置建設株式会社」



右側には奉納年月日「平成29年1月吉日」


今年もよい年になりますよう、お祈りしました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:37Comments(0)仕事に対しての取り組み

2017年01月03日

新年、明けましておめでとうございます

  謹賀新年



   皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。


今年の初詣は、厳島神社へお参りしてきました。



1/1の朝は干潮で、神社の大鳥居の海側からも御本殿をお参りできました。



干潮になると大鳥居の足元まで行けます。



鳥居は樹齢600年から800年ほどのクスノキを使っていて、

この鳥居は8代目だそうです。



岩みたいなクスノキの大木です。



干潮時間が過ぎるとどんどん鳥居が海水に浸かっていきます。



時間がたつと満潮になり、一面が海。



宮島観光公式サイトより

海の中に建つ大鳥居は宮島のシンボル。
実はこの大鳥居の根元は海底深く埋められているわけではなく、
自分の重みだけで建っているのです。

それなのに台風や地震がきてもびくともせず、動いたり、
倒れたりしないのはなぜでしょう???

その秘密の1つは鳥居上部の島木は箱形の造りで、
中にこぶし大の玉石約7トンを詰めて“おもし”にしているから。

また主柱・袖柱あわせて安定感のある6本足とし、
柱と屋根の交差する部分には特殊な造りのクサビがほどこされて、
柱と屋根の動きやひずみなどを自然に吸収。

海底部分は松材の杭を打って地盤を強化したうえで、
その上に布石を並べて基礎の代わりとしています。

まさに先人の知恵のたまもの。
数百年前にこれだけの仕掛けを行っているわけですから、
改めて驚かされます。

大鳥居の高さは約16メートル、主柱の周囲は約10メートルもあり、
しかもクスの自然木。

クスの木は、腐りにくく虫に強いためです。

  

Posted by 明石の日置建設  at 00:06Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年12月31日

今年の漢字2016 「飛」 を神戸新聞朝刊に!

今年の漢字2016 「飛」を

       神戸新聞朝刊明石欄に掲載!

  「飛躍の1年。

    さらなる満足度向上を目指して。」



今年の漢字2016 「飛」 と書きました。


今年度は2棟のモデルハウスを建て、たくさんの方にご覧いただき、

来年初旬にはJR大久保駅南に雑貨とDIYの新店舗「WAKU+」

(ワクタス)のオープンを予定するなど、大きく「飛躍」してきました。

来年度はその足固めの意味でも原点に戻り、社内体制の強化と

人間力のアップに努め、お客様へさらなる満足度向上を目指して

取り組んでいきますので、よろしくお願いします。 



今年1年ご愛読ありがとうございました。

 また、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。

  皆様に感謝!

 そして、来年もよろしくお願いします。


   日置建設株式会社

   代表取締役 日置 尚文


  

Posted by 明石の日置建設  at 00:29Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年11月18日

原発事故被害で今だ手つかずの福島の現状!

先日、JBN全国大会で福島へ行き、福島原発の手前までレンタカーで行き、

浪江町や大熊町、双葉町等の近くの街並みも回ってきました。



福島第一原子力発電所の1.5キロ手前の看板です。

これより先は検問があり、一般車両は通行止め。



国道6号線で、大熊町は全ての家、道路は完全にバリケードで封鎖。



帰還困難区域に指定されているため、震災当日のまま手つかずの状態。



道路上のコンビニや店舗等原発汚染されているので5年前のまま。



浪江駅もそのまま閉鎖、駅前には誰一人いません。



建物も壊れたままですが、ようやく復旧に向けて下水道工事が始まりました。



富岡駅周辺もまだ震災のままの建物がそのまま残っています。



ただ、至る所に除染のため削り取った土がシートに覆われ放置のまま。



福島原発事故で計り知れぬ被害となり、廃炉にむけて毎日8000人ほどの方が、

作業をされているそうで、当日も何台もの大型バスが作業員を乗せて出入りしていました。

大熊町では閉鎖された家に、イノシシ等の動物が住みついているそうです。




富岡駅前はようやくインフラ整備がされ、新築の建物の建設も始まってきました。

徐々に、福島の原発周辺の街も復興に向けた取り組みが始まってきました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:55Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年11月15日

JBN全国大会in福島2016

JBN全国大会で福島のスパリゾートハワイアンズへ役員理事として参加。



全国から500名ほどのJBNメンバー及び関係者が参加し、

盛大な第9回の全国大会となりました。



その後の懇親会もハワイアンズらしい催しもあり盛り上がりました。


一般社団法人JBNとは

一般社団法人JBNと称し英文ではJapan Builders Networkと表示する。

中小工務店の全国組織で事務、技術、人材、品質、情報等の面から

会員をサポートし地域工務店とこれからを取り巻く関連事業者と共に

北米NAHBを参考に業界を形成し持続的かつ健全な発展をはかり、

もって地域の良好な住環境と木造建築物の整備に貢献することを目的とする。

従来地域工務店の技術、営業、経営、資材等の数多くの勉強会、

フランチャイズが存在したが国の施策に対する受皿、実態報告、

提言が出来社会の要求に応えられる全国組織はなかった。

地域家づくり・家守りには、地域工務店が必要でありその中心に

あり続けるには1社では無理で組織で対応する必要がある。

その為に出来たのが「工務店による工務店の組織」JBNです。

そのメンバー会員は2500社以上になる大きな団体です。


詳しくは、こちらをご覧ください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:55Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年11月10日

寒い冬対策に、省エネに関する補助金がもらえる!

寒い冬が到来!

開口部の断熱改修などの対象工事について、最大30万円の補助がもらえる!

以前にあった住宅エコポイントのようなものです。

また、耐震性が低い住宅を解体し、エコ住宅に建替えで、

最大50万円の補助がもらえる!

それが、「住宅ストック循環支援事業」だ。


 「住宅ストック循環支援事業」とは、

1、耐震性を確保しつつ省エネルギー性能を高めるエコリフォーム、

2、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得、

3、一定の省エネ性能を有する住宅への建て替え、の3つの事業に対して、

国がその費用の一部について支援する補助制度。


その中でエコリフォーム補助制度は、開口部の断熱改修などの対象工事について、

最大30万円/戸の補助を住宅所有者が受けられるというもの。

開口部の断熱改修は「ガラス交換」「内窓設置」「外窓交換」「ドア交換」が対象となる。

期間は、補助事業者(リフォーム事業者など)の事業者登録が11月1日からはじまり、

補助金交付申請が2017年1月18日~同年6月30日の予定。


詳しくは、国土交通省のHPをご覧ください。  

Posted by 明石の日置建設  at 23:55Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年10月28日

冬の乾燥対策。加湿器なしで快適な湿度を保つ方法とは?

日本の四季を感じながらも湿気対策で体感温度が変わります。

快適な湿度の目安どれくらいかわかりますか?

室内の快適な湿度の目安は、夏は55%から65%で、冬は45%から60%と言われています。

湿度が低すぎるとウイルスの生存率が上がりますし、静電気も起きやすくなります。

湿度が高くなりすぎると、不快感を感じますしカビやダニが繁殖しやすくなります。

人にとって過ごしやすい湿度を保つことが、病気やカビを防ぐ近道だということを

忘れないようにしましょう。


今度は、加湿のしすぎもよくない

加湿のしすぎが招くのは、カビやダニの繁殖です。

カビやダニは70%以上の湿度が大好きです。

室温が20度から30度で湿度が70%を超えるような場合は、

換気などをして除湿しましょう。 また、加湿しすぎると結露も発生します。

結露はカビやダニだけでなく、腐朽菌や白アリの発生にも影響します。

見える所だけでなく、見えないところにも発生することもありますので、注意が必要です。

以下のHPには詳しく書かれています。

出典元:乾燥対策の基本的な方法7選(iemo) https://iemo.jp/41638

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:25Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年10月21日

明日だけ、古民家リノベーション完成見学会

古民家リノベーションの完成見学会を半日だけ開催します。

  日時:10月22日(土) 13:00~16:00

  場所:明石市大久保町西島

 ご予約が必要です。

 ご予約・詳細はこちらをご覧ください。




外部足場が外れ、外装も一新しました。



雨漏りしていた屋根を葺き替え、入り母屋屋根を切り妻屋根に変更し、




外壁は自然素材100%のスーパーそとん塗りで仕上げました。



1階の南側を半間分減築しました。



建替えも検討しましたが、建築面積が減るため、リノベーションをしました。




2階の洋室は大きな丸太梁を出し、勾配天井にすることで部屋の圧迫感がない。



以前は、丸太梁の下にフラット天井でした。



大きなきれいな丸太梁なので十分きれいに使えます。



古民家の屋根には、地松の大きな丸太がほとんど使わてていて、

化粧としてもいい感じです。

  

Posted by 明石の日置建設  at 02:19Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年10月20日

「住まいづくり応援フェスタ」で、セミナー開催

10月22日(土)に、「住まいづくり応援フェスタ」を開催いたします。

家づくりやリフォームを始める前に、知っておきたいイロイロな情報を

セミナー形式でご紹介します。近畿ろうきん主催です。

当日はハウスメーカー等による新築・リフォーム・土地活用などの

個別相談も受け付けております。ぜひご参加ください。







●日時
2016年10月22日(土) 10:00~16:00

●開催場所
明石市立産業交流センター 2階「多目的ホール」

明石市大久保町ゆりのき通1-4-7
JR大久保駅(南口)より徒歩 約2分


●内容
【セミナー】

・リフォームあれこれセミナー 10:30~

・楽しくてキレイの収納法則セミナー 11:10~

・知っておきたい住宅に係わる保障セミナー 12:10~

・住宅取得に係る税金セミナー 13:00~

・土地探しセミナー 14:00~  日置建設 日置尚文


・住宅ローン選択のポイントセミナー 14:50~

【相談会】
10:00~16:00 住まいの相談(新築・リフォーム等)、ローン相談


●参加費
無料

●お問い合わせ先
近畿ろうきん明石支店
Tel:078-912-3303  月~金(平日) 9:00~17:00

●予約お申し込み
ご案内チラシの「ご予約申込シート」記入の上、下記要領でお申し込みください。
【会員組合員※の方】
所属組合に持参いただくか、「近畿ろうきん明石支店Fax:078-912-3318」へFAX送信してください。
【会員組合員※以外の方】
「近畿ろうきん明石支店Fax:078-912-3318」へFAX送信してください。

※会員組合員とは、当金庫に出資加入いただいている労働組合などに所属されている組合員の方です。

 ☆日置建設へご連絡いただいてもOKです。

  
●主催
近畿ろうきん 明石支店

●共催
明石労働者福祉協議会 全労済ぐりんぼう神戸

●協賛
コープ住宅 住友林業 積水ハウス 大和ハウス工業 パナホーム 日置建設

近畿ろうきんのHPにも掲載
  http://www.rokin.or.jp/event/2016/2115/
  

Posted by 明石の日置建設  at 00:05Comments(0)仕事に対しての取り組み

2016年10月16日

天才ピアニスト松永貴志さんとツーショット!

株式会社ナビックの50周年記念式典に参加。




西宮市にある総合建設業で、仲内悦治様は、大学のスキー部の先輩でもあり、

盛和塾大阪でもお世話になっていますのでお祝いに行かせていただきました。



その懇親会の中で演奏されたのが、天才ピアニスト松永貴志様で、



そのあと、CDを購入してツーショット撮影をしていただきました。

松永貴志様は

兵庫県芦屋市出身。巨匠ハンク・ジョーンズに絶賛され、

17歳でアルバム「TAKASHI」でメジャーデビュー。

18歳で作曲・演奏したテレビ朝日系「報道ステーション」テーマ曲

「オープン・マインド」で一躍注目を浴びる。

「題名のない音楽会21」のゲスト司会をこれまでに3度務める。

フジテレビ系「新報道2001」(朝への扉)、
朝日放送「NEWSゆう+」(We're friends!)、
BS朝日「激論!クロスファイア」(クロスファイア)の
テーマ曲および挿入曲を作曲・演奏。

パリのルーヴル美術館で行われた国際親善記念コンサートに出演。

  

Posted by 明石の日置建設  at 01:33Comments(0)仕事に対しての取り組み