ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2019年03月17日

姫路大塩の家、お引き渡し

HKハウス大塩の家、「土間を活かす家」が完成し、

昨日お引渡しをさせていただきました。




外構工事は一部お施主様がされるので残りましたが、




昨日、玄関前でテープカットを行い、




室内で引渡し書類等の説明と業者さんに来ていただき取説もしました。


お世話になりました。

これからもよろしくお願いします。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:07Comments(0)HKハウス大塩の家

2019年03月17日

大窪Ⅴの家、引渡し


HKハウス大窪Ⅴが完成し、本日お引渡しをさせていただきました。



外構工事も完成し、本日テープカットと書類等をお渡ししました。



背面カウンターで書類の確認と取り扱いやメンテナンスの説明。


お世話になりました。

これからもよろしくお願いします。
  

Posted by 明石の日置建設  at 00:19Comments(0)HKハウス大窪Ⅴの家

2019年03月15日

星が丘の家、無事上棟

HKハウス星が丘の家、雨で延期しましたが、

先日、天候にも恵まれ、無事に上棟しました。



手際よく、慣れた大工さんたちで段取りよく1日で屋根断熱まで完了




屋根断熱はアキレスQ1ボード50㎜です。




2階の天井はこれが仕上げで、化粧垂木に桧化粧合板貼り




夕方にはきれいに片づけをして、上棟式をしました。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:49Comments(0)HKハウス星が丘の家

2019年03月14日

植栽について、社内勉強会

4月13日「HK友の会」のメンバーの方へ

植栽に関する座学と実演をしてます。

植栽に興味を持っていただき、、お手入れを上手に、

しかも楽しみながら簡単にして頂くためのセミナーです。


HK友の会の方に、ただセミナーをするのではなく、

まず自分たちで学び、少しでもアドバイスできるよう、

昨日、リビングソイル研究所の西山雄太さんに来ていただき、

社員向けの座学と実演体験をして頂きました。


 リビングソイル研究所とは、土から考える会社 

社員向けに、



・庭ってあれば良いけど、手入れがめんどくさいのでは?

・手入れのかからないようにしたいが、そんな樹木はあるの?

・雑草が生えるので、抑えることはできないの?

・冬になると落ち葉が嫌 といったお客様の声にお答え出来るよう、

日頃の数分のちょっとした手入れで、庭 をラクしてきれいに

保てる術を教えていただきました。



その後、外に出て、



植物の負担が少ない剪定の方法



「なんでも枯らしてしまう」方に枯らさない植え方

など教わりました。

今回の目的

 お客様に“庭があって良かった”“庭がもっと欲しい”思っていただく

今回の目標

 社員ができる日常の庭の手入れ習得

 会社やモデルハウスの管理やお客様への提案


PS:

3年ほど前に植えたケヤキが元気がなかった理由



ケヤキは落葉樹なので今は葉が落ちていますが、

夏には青々と茂るはずが毎年元気がなかった。

実は、



25㎝程深く埋まっていて、根がしっかりと水分を

補充できなく、枯れ枝が多かったのです。


この際ケヤキも抜いて、弊社の庭をリフォームします。



  

Posted by 明石の日置建設  at 22:23Comments(0)仕事に対しての取り組みイベント関係

2019年03月13日

睡眠に「不満」 日常生活の乱れが睡眠に悪影響

今日の夜のゴールデンタイムにも良い睡眠取り方等、

睡眠についてのTVが放映されていました。

また、睡眠に関する著書も多数出ています。

私自身も睡眠不足ということで、こんな記事を見つけました。


 積水化学工業住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所は、

 3月11日、「睡眠状況に関する実態調査」の結果を発表した。

 睡眠の満足について調査したところ、

 睡眠に満足している「満足層」は66%、

 不満を感じている「不満層」は34%だった。

  年齢別では、中年層で睡眠不満が高く、

 30代、40代、50代それぞれで4割を超える数値となった。

 


 睡眠に不満を感じている具体的な点を調べたところ、

全体では「日中に眠気がある」(80%)、

「夜中に目が覚めてトイレに行く」(77%)、

「睡眠時間が足りていない」(67%)、

「夜中に何度も目が覚める」(66%)、

「起床時刻より早く目が覚める」(60%)などが多かった。


 「不満層」では「睡眠時間が足りていない」(91%)、

「日中に眠気がある」(88%)、

「起きた時すっきりしない目が覚めない」(83%)と

睡眠不足に関する悩みが多かった。


 また、睡眠不満と生活状況の関係を調べたところ、

「睡眠時間が足りない」、「起きた時のすっきり感がない」という人では、

「平日の寝る時間の変動」、「休日の寝る時間・起きる時間の変動」、

「平日の夜更かし」に当てはまる人が多く、

日常の規則性が乱れている傾向が窺えた。

さらに、これらの傾向が「まったく当てはならない」人に比べ、

「とても当てはまる」人の方が「疲労感」、「イライラ感」、

「風邪の引きやすさ」をより強く感じていることも分かり、

生活の規則性が乱れると身体の不調につながることが確認された。



 睡眠不満と寝室の音環境の満足度について調べたところ、

全年代の「不満層」で音をうるさく感じる人が多く、

「外部の音がうるさい」では中年の「不満層」が53%だった。

温熱環境(家全体、寝室)についても、「不満層」全体で不満が多く、

「寝室の温度」は中年の不満層で31%だった。

また、「不満層」の中でも築20年以上の住宅に住んでいる人は、

温熱の不満割合が30%と高い傾向にあった。



これを見ると家の温熱環境の断熱性も重要なカギになります。


  

Posted by 明石の日置建設  at 00:00Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2019年03月11日

ZEH等3省合同説明会に参加


ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。



詳しくは、経済産業省のHP http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.htmlをご覧下さい。



30年度との変更点です。


環境省より、戸建住宅のZEH補助金として、31年度も1戸当たり70万円が補助されます。

国土交通省より、戸建住宅のゼロ・エネルギー住宅に対して125万円が補助されます。

どちらか1つを選んでいただき、弊社もZEHビルダー登録をしていますので、採用可能です。

31年度は太陽光発電システムを0円で搭載可能ですので、積極的にZEHには、取り組んでいきます。

  

Posted by 明石の日置建設  at 20:58Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年03月08日

大窪Ⅴの家、明日完成見学会

HKハウス大窪Ⅴの家は、明日、完成見学会です


完成見学会の開催

  日時: 3月9日 10:00~16:00

  場所: 明石市大久保町大窪

  予約制ですので事前にご連絡ください。

  詳しくは、こちらです。




2階から見下ろした中庭のデッキスペース



洗面スペースから中庭を通して和室へ



和室から中庭の見ると物干しスペースとしても活用できる

ダイニングや和室の採光や通風も確保できるプランです。




開放的な子ども部屋で、将来的に梁の下で間仕切りがつくれる。



寝室の奥にはウォークインクローゼット

上部はロフトスペースも確保


もう一つの特徴は、



建物真ん中に吹き抜けを設け、夏用のエアコンとして、

廊下にエアコンを付け、吹き抜けへと冷気を落として、

1階も涼しく感じれる。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:27Comments(0)HKハウス大窪Ⅴの家

2019年03月07日

大窪Ⅴの家、同時に大久保モデルハウス見学可!


HKハウス大窪Ⅴの家はモデルハウスの北側にあり、

同時に大久保モデルハウスの見学も可能です。





完成見学会の開催

  日時: 3月9日 10:00~16:00

  場所: 明石市大久保町大窪

  予約制ですので事前にご連絡ください。

  詳しくは、こちらです。


~ 4間角 +α の家 ~

構造はシンプルに4間角にまとめていますが、南側ファサード

(建物の正面デザイン)に変化をつけるために下屋を、ダイニングや

和室の採光を確保するために中庭をプラスしています。





どの部屋にも2面以上開口があり、空気の流れも良く、全体に

循環する間取りになっています。

さらに家事導線を優先することで、シンプルでまとまった

必要最小限の家となりました。





  

Posted by 明石の日置建設  at 23:51Comments(0)HKハウス大窪Ⅴの家

2019年03月06日

太陽光発電0円で新築住宅に設置!

この度、

関西電力 X 長州産業 X 日置建設 タイアップしました。

長州産業
(太陽光発電システムをメインとする住宅関連機器メーカー)は、

太陽光発電システムが0円で新築住宅に設置できるサービスを提案。

『ソラトモサービス』を開始いたします!


ソラトモサービスとは、

設置後10年間は長州産業が設備の所有者となり、

余剰電力の売電収入を長州産業が得ることにより設置費用を回収します。

ソラトモサービス終了後(10年後)にはお客様に設備を無償で譲渡し、

発電した電気は全てお客様のものとしてご活用いただけるサービスです。


お客様メリットは、

1.電気代が割安

 関西電力と契約が必要で、10年間は日中に発電した電気を割安な価格で
 購入できる(値上げなし)。環境に良い生活を実現。

2.太陽光発電システムを無償譲渡

 ソラトモサービス終了後には、太陽光発電システムが無償で手に入る。
 その後、長期に渡って発電した電気を全て活用できる。

3.安心の残存保証

 無償譲渡後、出力15年保証、製品5年保証も付いている。

4.災害時に活躍
 
 停電しても、太陽が出ていれば非常用の電気を無料で使える。




  

Posted by 明石の日置建設  at 22:46Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年03月06日

大窪Ⅴの家、外観の移り変わり

HKハウス大窪Ⅴの家の外観を

モデルハウス2階から随時撮影していました。



基礎工事完了



上棟後の構造躯体



外張り断熱アキレスQ1ボード施工中



屋根瓦完了



外壁バラ板張り



外装完成し、足場撤去完了


完成見学会の開催

  日時: 3月9日 10:00~16:00

  場所: 明石市大久保町大窪

  予約制ですので事前にご連絡ください。

  詳しくは、こちらです。


  

Posted by 明石の日置建設  at 00:04Comments(0)HKハウス大窪Ⅴの家

2019年03月05日

大窪Ⅴの家、外装の完成

「HKハウス大窪Ⅴの家」外装が完成し、足場を撤去しました。



外壁材はスーパーそとん壁Wのスチロコテ仕上げです。



以前に、HK協力会の役員さんと安全パトロールをしました。

定期的に弊社スタッフと現場の安全状況の確認に行きます。




3/5の神戸新聞朝刊の明石欄に掲載

完成見学会の開催

  日時: 3月9日 10:00~16:00

  場所: 明石市大久保町大窪

  予約制ですので事前にご連絡ください。

  詳しくは、こちらです。  

Posted by 明石の日置建設  at 00:04Comments(0)HKハウス大窪Ⅴの家

2019年03月03日

床下エアコンの暖房その⑥

13.最大暖房負荷、立ち上げ時等の確認

以上のことから、実際に市販されているエアコンの定格能力を

見れば、室内エアコン、床下エアコンとも定格能力が3.6kW のものを

選択することになります。

一般的なエアコンでは、定格能力が3.6kW の機種では

最大暖房能力は8kW 程度になっており、先に求めた最大暖房負荷

(約5520W)は十分に賄えることが確認できます。

また詳細は割愛しますが、この最大能力であれば立ち上げ時で

不満(なかなか温度が上がらない)を感じるリスクは小さいと考えられます。


14.基礎コンクリートの熱容量の確認

詳細は割愛しますが、12の1)で検討した必要蓄熱量に比べ、

基礎コンクリートの蓄熱量(熱容量)のポテンシャルは十分に大きくなります。

したがって、ここで想定した床下エアコンの能力(発生熱量)が過剰(無駄)に

なることはありません。


15.付記

・暖房期の電力消費量をチェックしながら、もっとも快適でもっとも光熱費が

少なくなるような運転の方法(床下エアコンとも)を見出していってください。

おそらく3 年ほどの冬を過ごせば、それが見つけられると思います。

  

Posted by 明石の日置建設  at 20:46Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年03月02日

床下エアコンの暖房その⑤

12.床下エアコンの設定

次に床下エアコンの能力を考えます。

やはり最頻暖房能力を考えるのが妥当であるため、

3000W-2200W=800W が床下で蓄えられた熱量が賄う分となります。

この数値は「少ないのでは?」と思われるかもしれませんが、

まずは一定に床表面温度が高くなることが期待できるので、

一定以上の快適性はここで確保されます。

また床下暖房の効果に満足度が高いことが実感されれば、

床下エアコンをoff にすると想定する時間帯(7時~23 時)においても

床下エアコンを動かすという方法もあります。

その場合は当然深夜電力料金時よりも暖房費は多くなりますが、

床下エアコンからの放熱分のうち室内に向かう割合はかなり多いと

思われ(基礎コンクリートの温度が一定に高いため)、

効率の悪い暖房方法ではありません。

1)蓄熱量において室内で使える熱量の割合の設定

先にも述べたように、基礎コンクリートで蓄えられた熱は

「室内」と「外気/土壌」に移動します。

そこでのそれぞれの単位温度差当たりの熱移動量は以下のようになります。

室内へ:2.4W/m2K(1 階床の熱貫流率)×60m2(1 階床面積)=144W/K

基礎立ち上がり部から外気及び土壌へ:34.2W/K(計算書より)

基礎底盤から土壌へ:2.4W/K(計算書より)

ここで床下空間の7 時~23 時における平均空気温度を

(40℃-18℃)/2+16℃=27℃として想定すると、

それぞれの平均熱移動量は次のように推定されます。

(40℃:7 時の時点の床下推定空気温度、

18℃:23 時の時点の床下推定空気温度)

室内へ:144W/K×(27K-20K)=1008W

基礎立ち上がり部から外気及び土壌へ:34.2W/K×(27K-10K)=581W

基礎底盤から土壌へ:2.4W/K(27K-13K)=33.6W

したがって、室内に移動する熱は蓄熱量全体の

1008/(1008+581+34)=62%ということになります。

もちろん基礎における断熱性を高めれば、この割合はさらに高くなります。

ここで床下の蓄熱分が賄う最頻暖房負荷は700W なので、

必要となる蓄熱による放熱量の全体は800W/0.62=1290W となります。

なお、この放熱量が7 時~23 時まで続けばよいと考えると、

実際に必要となる蓄熱量は1290W×16h×3600=74304kJ となります。

2)エアコン放熱量の算定

2 ページの図にあるように、エアコンからの放熱分は4つのルートで

移動していきます。ここで定常状態になるまでの熱吸収量はおよそ

それぞれの部位材料の熱伝導率に支配されると考えられます。

コンクリートの熱伝導率:1.6W/mK、床材の熱伝導率:0.16W/mK であり、

さらにコンクリートの表面積が床材よりもかなり大きいので、

エアコンからの放熱量のうち90%程度はコンクリートに吸収されると思われます。

ただし、定常状態になる前にも外気や土壌へ熱はある程度逃げるので、

それを勘案してエアコンの放熱量の80%程度が蓄熱されると想定します。

ここで1)で算出した74304kJ(必要蓄熱量)に23 時~7 時の8h で

達成させればよいことになり、74304kJ/0.8/8h/3600s=3.22kW=3220W の

平均放熱量があればよいと計算されます。

したがって、床下エアコンについては定格能力が3600W に近いものを

選べばよいことになります。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:50Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年03月01日

姫路大塩の家、明日、見学会開催

HKハウス大塩の家、「土間を活かす家」の完成見学会

 日時: 3月2日 10:00~16:00

 場所: 姫路市大塩町
  (詳しくは当日でも予約をいただければ地図をお送りします)

詳しくは、こちらをご覧ください。



リビング前の土間タイルスペースは、冬はダイレクトゲインで、

窓から差し込む日射熱を、熱容量の大きな床の蓄熱体に蓄え、

夜間や曇天時に放熱させて暖房効果を得る方式です。




夏場は、庇が深いので、蓄熱を回避し、土間としての清涼感がある。




小上がりの和室とLDKのつながりで広々空間に!


暖房は、床下エアコンのため、床下で蓄熱された暖気が

吹き抜けを通して家中暖かくなります。



冷房は、小屋裏から吹き抜けを通して冷気を落とし込み

このエアコンで1階のLDKもまかないます。


見学会は予約制ですので、当日でもご連絡をいただければ大丈夫です。

  

Posted by 明石の日置建設  at 22:56Comments(0)HKハウス大塩の家

2019年02月28日

姫路大塩の家、完成見学会開催


HKハウス大塩の家、「土間を活かす家」の完成見学会

日時: 3月2日 10:00~16:00

場所: 姫路市大塩町
  (詳しくは予約をいただければ地図をお送りします)

詳しくは、こちらをご覧ください。



太陽光を搭載した、スーパーそとん壁W塗りの外観です。



手摺右側は養生中の吹き抜けで、

吹き抜けと2階のホール上部は勾配天井になっています。



その2階ホールには小屋裏へ上がれる固定階段が付いています。

これは姫路市や加古川市では可能ですが、明石市や神戸市では無理です。



その階段を上がると広い小屋裏スペースがあります。

先ほどの2階ホール上部の勾配天井が小屋裏に繋がっています。





  

Posted by 明石の日置建設  at 21:44Comments(0)HKハウス大塩の家

2019年02月28日

秋山設計道場in明石 その②

秋山設計道場は、1日目は視察、2日目は実践設計と

参加メンバーが書いた図面を秋山東一先生が講評!



皆さん何度も何度も手書きで図面を書かれているのが慣れていて、

素晴らしい出来栄えでした。

弊社設計スタッフの谷口と安岡も一緒に参加し、

大変勉強になりました。ありがとうございます。



参加者の方とちょうど事務所にいた弊社スタッフで記念写真

どうも2日間お疲れ様でした。
  

Posted by 明石の日置建設  at 00:01Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月27日

秋山設計道場in明石

昨日、建築家の秋山東一先生の「秋山設計道場」があり、

鈴木様をはじめ11名のメンバーが鹿児島や千葉など

遠方から弊社にお越しくださいました。



大久保モデルハウスと裏の建設中のHKハウス大窪Ⅴの家、

モデルの隣の設計課題敷地を見ていただきました。



その後、HKハウス西二見Ⅱの家



そして、HKハウス住吉Ⅲの家



さらに、本社の収納提案ルームとWAKU+AKASHIをご覧いただきました。



その後、懇親会で「みつぼし」、2次会で「オオタニ」へ行き、

大いに盛り上がり、懇親を深めました。





  

Posted by 明石の日置建設  at 23:47Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月26日

床下エアコンの暖房その④

10.暖房能力設定の整理

ここで暖房能力設定の考え方を整理しておきます。

先ほどは最大暖房能力を設定する際に「最低気温の平均」

を用いましたが、それよりも外気温が低いこともあります。

また最大暖房能力は「室温(温度差)を保つ」という考え方

で求めた能力であり、起床時や帰宅時などは「なるべく速く室温を

上昇させたい」という状況が生まれます(これを「立ち上げ時」と呼ぶ)。

エアコンは「最小能力~定格能力~最大能力」の範囲で熱放出が

行われるため、最頻、最大、立ち上げ時及びとくに寒いときの

それぞれの必要能力を賄うことが可能です。

これらの必要能力について、室内エアコンと床下エアコン

(床下の蓄熱分)に分配させて考えていきます。





11.室内エアコンの設定

すでに述べたように、まずは最頻暖房負荷を考えながら

エアコンの設定を検討します。

今回の想定は、室内にも床下にもエアコンを設置するという考え方であり、

室内に設置するエアコンは冷房時には主たる除熱を賄います

(冷房時の床下エアコンの効果はあまり期待できない)。

また最初に述べたように床下エアコンの効果にはまだ不明な点があるため、

暖房についても床下エアコンに頼ることには一定のリスクがあります。

そのあたりを総合的に考え、最頻暖房負荷である3000W のうち、

室内エアコンが賄う分を2200w と設定します。

したがって、室内エアコンはこの2200W に定格能力が近いものを選びます。

  

Posted by 明石の日置建設  at 00:18Comments(0)仕事に対しての取り組み

2019年02月25日

淡路の西海岸で綺麗なサンセット

午前中、現場廻りをして、午後から淡路へ



伊弉諾神宮でしっかりお願い事をして、



淡路の海辺の白いカフェ「ミエレ」へ

ミエレとは、イタリア語で「はちみつ」という意味で、

はちみつを使った料理を出すのお店で、




はちみつバターシュガーワッフルのホイップ付きを

いただきながらきれいなサンセットを堪能しました。



淡路島の北淡エリアは日本の夕陽百選にも選ばれた名所!

まるで海に浮かぶ船に乗っているかのように感じる絶景

ウッドデッキから見えるサンセット。

必ずシャッターを押したくなってしまう絶景スポットです!


  

Posted by 明石の日置建設  at 00:07Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2019年02月23日

姫路大塩の家、3/2に見学会


HKハウス大塩の家、「土間を活かす家」の完成見学会



今朝の神戸新聞の明石欄に掲載!


  ~見どころ~

南西に配置した土間は家族の動線のメインに。

さらに冬場は蓄熱体になり、夏場は清涼感を与えてくれます。

他にも回遊動線が多いのも特徴です。

天井高さを2300 ㎜に抑えて計画したので

「なんだか落ち着く空間」が体感できます。



日時: 3月2日 10:00~16:00

場所: 姫路市大塩町
  (詳しくは予約をいただければ地図をお送りします)

詳しくは、こちらをご覧ください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 19:33Comments(0)HKハウス大塩の家