ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2009年04月10日

24時間換気のQ&A②

前回に引き続き、24時間換気で第1種換気についてのQ&Aです。

24時間換気のQ&A②

小屋裏に第1種換気の全熱交換型24時間換気の機械と配管ダクト。



Q : 24時間換気について、最近基礎に換気口を設けず、基礎断熱にして、

第1種換気(給排気型)にする工法がありますが、御社は如何でしょうか?



A : 基礎はほとんど「べた基礎」が多いため、梅雨時期や池が近くにある場所は

基礎内へ湿気が入り込むケースや、寒い冬は冷気が入り床下で結露して

基礎部分が湿気るという問題が発生しています。

そのため、弊社でも基礎断熱し基礎部分も室内と同じ環境して、第1種換気で

床下換気をすることにより、大切な土台が湿気や結露から守れると考えています。

さらに、床下も室内と同じ環境のため、1階に床暖房がなくても足元が暖かい。



Q : エネルギーロスを考慮すると第1種換気のメリットが少ないように思われるし、

メンテナンス性や計画換気の確実性から言えば第3種換気の方が良いと思いますが?



A : 第1種換気は全熱交換型の機械を使用すると、エネルギーロスは少ないです。

メンテナンスでフィルターの清掃は第3種換気でも同じように必要ですし、

24時間計画換気の確実性は換気方法より気密性能が大切です。



Q : 気密性能(C値1.0以下)が良いと、圧力の関係でドアが開けにくいといった

デメリットもありますが如何でしょうか?


A : 気密性能はC値が1.0以下でないとしっかりとした換気経路が確保できません。

ドアが開けにくくなるのは、外部のドアですが、換気量の多い台所の換気扇は

同時給排気型の換気扇を使用すると大丈夫です。








ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

一戸建 注文住宅 の人気ブログを見てみる⇒ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

建築・リフォームの人気ブログを見てみる⇒ 人気ブログランキングへ

同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事画像
エアコン1台で快適な建物3件見学できます。
ベトナム人労働者が建築現場にも増えてきた
夏本番!江井島海岸も多くの人!
地引網が明石ケーブルTVで放映中!
【 快適性・利便性・耐久性を考慮した設計セミナー 】
江井島海岸で地引網!
同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事
 エアコン1台で快適な建物3件見学できます。 (2019-08-22 20:25)
 ベトナム人労働者が建築現場にも増えてきた (2019-08-22 00:11)
 夏本番!江井島海岸も多くの人! (2019-07-29 17:15)
 令和元年地域型住宅グリーン化事業が採択 (2019-07-10 23:28)
 地引網が明石ケーブルTVで放映中! (2019-07-07 22:07)
 【 快適性・利便性・耐久性を考慮した設計セミナー 】 (2019-07-05 23:17)

Posted by 明石の日置建設  at 23:59 │Comments(0)仕事に対しての取り組み

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。