ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2019年03月03日

床下エアコンの暖房その⑥

13.最大暖房負荷、立ち上げ時等の確認

以上のことから、実際に市販されているエアコンの定格能力を

見れば、室内エアコン、床下エアコンとも定格能力が3.6kW のものを

選択することになります。

一般的なエアコンでは、定格能力が3.6kW の機種では

最大暖房能力は8kW 程度になっており、先に求めた最大暖房負荷

(約5520W)は十分に賄えることが確認できます。

また詳細は割愛しますが、この最大能力であれば立ち上げ時で

不満(なかなか温度が上がらない)を感じるリスクは小さいと考えられます。


14.基礎コンクリートの熱容量の確認

詳細は割愛しますが、12の1)で検討した必要蓄熱量に比べ、

基礎コンクリートの蓄熱量(熱容量)のポテンシャルは十分に大きくなります。

したがって、ここで想定した床下エアコンの能力(発生熱量)が過剰(無駄)に

なることはありません。


15.付記

・暖房期の電力消費量をチェックしながら、もっとも快適でもっとも光熱費が

少なくなるような運転の方法(床下エアコンとも)を見出していってください。

おそらく3 年ほどの冬を過ごせば、それが見つけられると思います。



ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

一戸建 注文住宅 の人気ブログを見てみる⇒ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

建築・リフォームの人気ブログを見てみる⇒ 人気ブログランキングへ

同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事画像
植栽について、社内勉強会
ZEH等3省合同説明会に参加
太陽光発電0円で新築住宅に設置!
秋山設計道場in明石 その②
秋山設計道場in明石
床下エアコンの暖房その④
同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事
 植栽について、社内勉強会 (2019-03-14 22:23)
 ZEH等3省合同説明会に参加 (2019-03-11 20:58)
 太陽光発電0円で新築住宅に設置! (2019-03-06 22:46)
 床下エアコンの暖房その⑤ (2019-03-02 23:50)
 秋山設計道場in明石 その② (2019-02-28 00:01)
 秋山設計道場in明石 (2019-02-27 23:47)

Posted by 明石の日置建設  at 20:46 │Comments(0)仕事に対しての取り組み

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。