ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2019年02月21日

床下エアコンの暖房、その②

4.床下エアコン作動時の熱移動 

(住まいと環境社の野池 政宏さんに計算していただきました。)

床下エアコンの能力算定の流れを理解するために、エアコン作動時における

熱移動についての模式図を以下に示します。




E: エアコンからの放出熱、

Hi: 室内に向かう熱、

Hoa: 立ち上がり基礎コンクリートから外気に逃げる熱、

Hos: 基礎隅角部あたりから土壌に逃げる熱、

Hc: 底盤基礎コンクリートから土壌に逃げる熱

ここでHoa、Hos、Hc の一部が基礎コンクリートに蓄熱されます。

その熱を7 時~23 時まで使おうというわけです。


5.床下エアコン停止時(7 時~23 時)の熱移動

ここでは模式化しませんが、基礎コンクリートに蓄えられた熱が

「基礎→外気/土壌」と「基礎→室内」に分かれて移動します。

当然ながら、暖房に使えるのは「基礎→室内」に移動する熱量分です。

基礎に設置する断熱材の性能が高いほど(実際には熱抵抗が大きいほど)

「基礎→室内」に移動する熱量の割合が高くなり効率的です。

また基礎コンクリートの熱容量も重要です。

この熱容量を超える熱量を基礎コンクリートに与えても無駄になるからです。

熱容量(蓄熱量)は【kJ/℃】という単位で示され、

基礎コンクリートの上昇温度に比例して増えていきます。

ただしエアコン吹き出し温度はほぼ一定であるため(45℃前後)、

基礎コンクリートの上昇温度はその吹き出し温度で決まることになり、

それによって基礎コンクリートの蓄熱量の最大値も決まります。


6.床下エアコンの能力算定における基本方針

以上の熱移動の様子を踏まえながら、かつエアコンの特性も考慮しながら、

最終的には基礎コンクリートに蓄えられた熱量のうち室内に向かう熱量が

適切になることを目指します。



ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

一戸建 注文住宅 の人気ブログを見てみる⇒ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

建築・リフォームの人気ブログを見てみる⇒ 人気ブログランキングへ

同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事画像
植栽について、社内勉強会
ZEH等3省合同説明会に参加
太陽光発電0円で新築住宅に設置!
秋山設計道場in明石 その②
秋山設計道場in明石
床下エアコンの暖房その④
同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事
 植栽について、社内勉強会 (2019-03-14 22:23)
 ZEH等3省合同説明会に参加 (2019-03-11 20:58)
 太陽光発電0円で新築住宅に設置! (2019-03-06 22:46)
 床下エアコンの暖房その⑥ (2019-03-03 20:46)
 床下エアコンの暖房その⑤ (2019-03-02 23:50)
 秋山設計道場in明石 その② (2019-02-28 00:01)

Posted by 明石の日置建設  at 23:43 │Comments(0)仕事に対しての取り組み

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。