ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2019年02月01日

「日置建設フィロソフィ2019」

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、

人として生きるための常識的な考え方と日置建設という会社を

経営する上で会社の考え方・行動指針を示したバイブルです。

経営理念を遂行していくために、そして、人間として何が正しいかを

常に判断基準とし、まじめに一生懸命働き、思いやりをもった仲間同士が

気持ちよく働ける会社にするために、「日置建設フィロソフィ」は全従業員で実行する。

「日置建設フィロソフィ」の作成にあたり、人の心はシステムや体制、

マニュアルでコントロールできません。システムどおりにできないこともあり、

それを叱って守らせる、仕組みで縛れば反発も出ます。

従業員も協力業者もお客様もいろいろな考え方をもち、日々仕事をとおして、

相手に対する言葉一言、行動一つでも変わり、相手に対してとらえ方、

感じ方が変わってきます。本来、考え方や思想は人それぞれ自由です。

たとえば、利己的に生きて、儲け話にのり仕事を進め、お金だけで人を使い、

利益を出して経営する会社もあれば、人のために尽くし、好きな仕事だけ行い、

言われるがままにお金を払い、赤字経営の会社もあります。

会社は社長の考え方次第で、会社経営が大きく変わります。

社長の考え方がしっかりしていないといけないが、どういう考え方で会社を

経営していくのか、それをしっかり示し、従業員と意見交換しながら

会社の考え方を共有していく。

その会社の考え方、行動規範、哲学を作成したものが「日置建設フィロソフィ」です。


それを繰り返し、繰り返し行うことで、その考え方を全従業員と共有できます。

「日置建設フィロソフィ」が全従業員に浸透し、同じ考え方、思想をもった者同士が、

日々の会社の業務に当たることで仕事がスムーズに進む。

このことが一番大切だと考え「日置建設フィロソフィ」を2013年に1年かけて

週1回45項目作成し、2014年はそれを毎週2回朝礼で輪読し浸透してきました。

2015年は「日置建設フィロソフィ」を改良し、1項目減らし3項目を増やし

47項目とし毎週3回朝礼で輪読を行いました。

そして、それをさらに2016年には4項目を、2017年には1項目を、

2018年は2項目を増やして、54項目を2019年も全従業員が

「日置建設フィロソフィ2019」を共有し、心を高め、すばらしい人生を送るために、

毎週2回(火・金)朝礼で輪読を行い、日々の仕事を通して実行します。



ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

一戸建 注文住宅 の人気ブログを見てみる⇒ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

建築・リフォームの人気ブログを見てみる⇒ 人気ブログランキングへ

同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事画像
施工品質管理の向上と働き方改革
木持ちのいい家だより47号が完成
第三者による品質監査!実施
暮らしのバスツアー残りわずか
近藤典子流、「狭くして広く使うリビングクローク」
BARBER SHOP SWALLOW 本日OPEN!
同じカテゴリー(仕事に対しての取り組み)の記事
 施工品質管理の向上と働き方改革 (2019-02-17 23:03)
 木持ちのいい家だより47号が完成 (2019-02-15 00:42)
 日置建設㈱社員の心得 (2019-02-14 00:01)
 第三者による品質監査!実施 (2019-02-11 18:53)
 暮らしのバスツアー残りわずか (2019-02-10 14:56)
 消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応について (2019-02-06 23:49)

Posted by 明石の日置建設  at 09:24 │Comments(0)仕事に対しての取り組み

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。