ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2009年07月15日

屋根、断熱、サッシ工事

「HKWハウス五色山の家」の屋根、外張り断熱とサッシの取付け完了。



屋根工事完了、外壁はラス下地の工事中です。



サッシ取付け完了、外壁はラス下地の工事中です。


屋根はカラーベストを貼りました。

サッシについては、

三協立山アルミのアルミ樹脂複合サッシ「マディオJ」を採用。

アルミと樹脂の複合構造は、

外気にじかに接するアルミ部分が冷気で冷やされても、

枠内の断熱樹脂で熱伝導を抑え、躯体内の結露の軽減する構造になっています。

ガラスは、

空気層12mmの複層ガラスを採用し、

遮熱LOW-Eガラスや防犯ガラスにも変更可能です。


外壁はラス下地の工事中で、

外壁仕上げは、「スーパーそとん壁塗り」のため、外張り断熱に通気胴縁を付け、

それにラス下地をして、防水紙を張り、S字ラスを張り、そとん壁を塗ります。


この時点で、

弊社では、性能の高い住宅を施工しているので、気密検査を行います。




気密測定は、測定後「C値」(相当隙間面積)の数値を算出します。


「C値」とは、

総隙間面積を建物の延べ床面積で割った数値です。

すなわち、建物全体の隙間がどれくらいあるかを測定した結果の値です。


次世代省エネ基準では、この地域(明石)は5.00㎝2/㎡以下が基準となっています。

この数値が低いほど風や温度差による影響が少なく熱の損失を抑えます。



その測定結果は、0.40㎝2/㎡といういい結果が出ました。

基準値よりはるかにいい性能です。





ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

一戸建 注文住宅 の人気ブログを見てみる⇒ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

建築・リフォームの人気ブログを見てみる⇒ 人気ブログランキングへ

同じカテゴリー(HKWハウス五色山の家)の記事画像
「五色山の家」雑誌の撮影・取材
雑誌の取材と撮影
見学会で断熱性能を体感
建物引き渡しと思い出
長期優良住宅先導的モデルの性能
「HKWハウス五色山の家」外観紹介
同じカテゴリー(HKWハウス五色山の家)の記事
 「五色山の家」雑誌の撮影・取材 (2009-11-29 21:31)
 雑誌の取材と撮影 (2009-09-22 23:59)
 見学会で断熱性能を体感 (2009-09-07 12:07)
 建物引き渡しと思い出 (2009-09-05 22:26)
 住宅性能評価書 (2009-09-04 22:48)
 長期優良住宅先導的モデルの性能 (2009-09-03 22:30)

Posted by 明石の日置建設  at 22:28 │Comments(0)HKWハウス五色山の家

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。