ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2018年10月22日

特定建築物の定期調査

特定建築物の定期調査の依頼を受け、

今日は、マンションを2件建物診断しました。



屋上の防水検査から始まり、



各階の共用部の調査を行い、クラックや腐食、建物状況を



細かく確認し、基礎や外周状況まで調べて報告します。




他には、勾配屋根に上り防水状況も確認したり、



RC構造の場合、打診をしながら、浮きや爆裂の状況を調査します。


特定建築物(特殊建築物)として指定された公共性の高い建築物は、

利用者の安全のためにも建築物全体が常に適法状態にあることを

定期的に報告する必要があり、そのために制度化されたものが

特定建築物定期調査になります。


特定建築物調査を行うことができる資格者は、一級建築士、二級建築士、

そして指定された講習を受講修了した特定建築物調査員です。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:58Comments(0)仕事に対しての取り組み