ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2015年09月07日

堅実に一歩ずつ家族も会社も守り通した母

本日、日置建設会長であり母、日置俶子の告別式。





父が志半ばで帰らぬ人となったのは、母がまだ47歳の時でした。

涙に頬を濡らす暇もなく、父が遺した日置建設を引き継ぐと、

父の経営理念「風呂敷に包める経営」を心に刻みバブルが

訪れても崩壊しても、世の風潮に流されることなく母は堅実に

石橋を叩きながら会社を守り通しました。

そして、私たちに教えてくれた「人に迷惑をかけてはいけない」と

いう言葉を自ら実践して、家族を思い遣り、社員や周りの人を

気遣う温かい母であり、経営者であり続けました。

余命3ヶ月と告げられた時でさえ、母は病気を受け止め、前向きに

人前では落ち込むそぶりを見せることなく、笑顔で接し続けました。

それから3年間、闘病を続けながら会長として社員を温かく見守り、

ご近所の皆様とグランドゴルフやカラオケや旅行を楽しみ、家族で

くつろぐ食事会でおしゃべりに花を咲かせ・・・と、人生を歩んできました。


これからは31年ぶりに再会した父と寄り添いながら、

私たちも見守ってくれることでしょう。

今まで本当にお疲れ様でした。

私は、会社をしっかりと守ります。


満78歳の実り多き生涯を閉じました。

生前のご厚情に深く感謝し、御礼申し上げます。


  

Posted by 明石の日置建設  at 23:59Comments(0)仕事に対しての取り組み