ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2015年01月08日

平成27年度の日置建設の方向性と行動 その2

4、ハイブリッド健康住宅を標準化する。

日置建設が提案する「ハイブリッド健康住宅」を標準化することで、知識が

深まり、習熟し、ミスがなくなり、自信がもてる。そのことで、時短につなが

り、利益率がアップし、建物のクオリティが上がる。

そして、自社のスタイル(作風)を明確にすることで個性が生まれ差別化に

つながる。

標準化するべきもの、設計ルール・仕様・納まり・単価・発注・施工手順・工

程・現場管理シート・現場美化・社内検査チェックポイント・顧客対応書類等

があり、標準以外をオプションとして、標準としっかり分けて明確化する。


5、高齢者に優しい健康・快適エコリフォームの強化とPR。

 江井島を中心とした地域の築30年ほどの戸建て住宅にお住まいの

高齢者の方に対して、セカンドライフを健康で快適に暮らし続けていただ

くために、構造補強と断熱改修、自然素材を用いたエコリフォームをPRし、

地元密着の工務店としてアフターについても強化して販売促進に取り組む。

 取り組み方法として、改修工事をしたお客様へのヒアリング、光熱費シミュ

レーション、コストのわかりやすさ、材料、単価、施工方法、書面の標準化、

プレゼン力のアップ、補助金を大いに活用した提案を行う。
 

6、住宅診断・点検・アフターメンテナンスからリフォーム受注へつなげる。

今年も「住宅診断サービス」もっとPRし、リフォーム工事依頼を受けた方に積

極的に建物全体の住宅診断を行い、施工前にしっかり建物の状況を伝え、お

客様の立場に立って的確なアドバイスすることで、受注拡大につなげていく。

また、既存客に対しても住宅診断サービスをPRし、家守りの仕組み化に取り

組む。そのポイントは、点検・保証・緊急対応・暮らしの提案・イベント・コミュニ

ティ化・メンテ・リフォーム提案等で、これらのルールづくりを行い、住宅履歴と

顧客台帳に落とし込み、適切な時期に適切な提案する。


7、1985地域アドバイザー拠点として活動を行う。

新築、リフォーム工事を通して、豊かで快適な暮らしができ、無理なく省エネル

ギー社会の創出を目指し、いろいろな技術や工夫を活かして家庭でのエネル

ギー消費量と電力消費量を通常に家の1/2以下にしようとすることに積極的

に取り組む。
  
 

 ・ さらに、人財づくり、弊社が目指す理想の家づくり、マンションリフォームに

向けても取組む。

  

Posted by 明石の日置建設  at 21:22Comments(0)仕事に対しての取り組み

2015年01月07日

平成27年度の日置建設の方向性と行動 その1

今日から弊社の初出で、朝一から魚住町中尾の住吉神社へ行き、

正式参拝をしました。




その後、会社に帰って平成27年度の日置建設の方向性と行動を発表!


今年は「飛躍するためのステップ(踏み台)づくりを行う」

ホップ・ステップ・ジャンプと飛躍をする2年目としての体制づくりを行う。


1、経営理念と高い目標へ向けて、全従業員で遂行していく。

経営理念を昨年見直し、「社会的使命」・「組織哲学」・「行動方針」と分類し、

新たな項目「全従業員の成長を通して、物心両面の幸せを追求します。」を

付け加え、その実現に向けて全従業員で取り組む。又、昨年掲げた「兵庫

県で注文住宅会社としてお客様満足度NO.1 を目指す」という高い目標に

向けて、全員が心ひとつにして、努力を積み重ね、全従業員一丸となって

遂行していく。

「物心両面の幸せ」とは、経済的な安定と豊かさを求め、仕事場での自己実

現を通し生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさをもとめてい

くものです。



2、「日置建設フィロソフィ」を全従業員で共有するため繰り返し実行。

一昨年、日置建設フィロソフィ44項目を1年かけて作り、昨年はそれを週2

回朝礼を通し輪読し、日置建設の考え方を浸透してきました。今年は昨年の

ものを少し改良し3項目増やし47項目としていつでも確認できるよう冊子化

します。そしてそれを全従業員で共有するために、繰り返し繰り返し実行し、

心を磨き、人間性を高める。

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、人として生きるための常識的な考え方と

日置建設という会社を経営する上で会社の考え方・行動指針を示したバイブ

ルです。

3、ハイブリッド健康住宅の商品化と独自性をPRして販促を行う。

弊社の新築商品「ハイブリッド健康住宅(HKハウス)=高性能とパッシブを

兼ね備え、低燃費で安心して快適に暮らし続けられる家」をお客様にわかり

やすく商品化して、お客様の満足度の高さと、独自性をPRして販売促進活

動をしていく。

商品化については、性能の見える化、暮らしてからの燃費と快適性のわかり

やすさ、性能に応じたコストのわかりやすさを追求した建物にする。その上で、

主力商品として今までの35坪×56万円=1960万円と30坪×50万円=15

00万円をベースとしたカスタマイズ住宅の商品化を行い、販売していく。

但し、どちらも性能や価格ありきでなく、お客様の暮らしの価値観を十分引き

出せる設計力とオプション提案を行い、満足度の高い住宅とする。


つづきは明日へ
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:29Comments(0)仕事に対しての取り組み

2015年01月06日

古宮の家、構造見学会で何がわかる?

「素人が構造を見て、何がわかるの?」と疑問の方へ。

確かに素人が家の構造を理解するには、勉強して知識を身につけておかないとわからない。

一般の住宅展示場は、家具やインテリアでこれでもかというほど厚化粧をしています。

それに比べ構造見学会は地味かもしれませんが、建物の骨組みや着飾る前の

実物の家の素顔であって、なかなか見る事はできませから、一度は見ておいた方が、

実際の自分の家の工事のときの参考になります。


そこで、構造に詳しくない一般のお方は何を見ればよいのかというと、ポイントは3つ。

1、「構造」は力を伝える仕組みですから、2階の荷重をどのようにつたえるのか、

   耐震の働きは、といったことを確認してください。

   (木造・鉄骨造・コンクリート造)

2、「工法」は、建物の造り方で、それぞれ特徴がありますから、

   その工法のメリット、デメリットを確認しておきましょう。

   (木造軸組み工法・2×4工法・プレハブ工法・鉄骨ラーメン工法等々)

3、「材料」は骨組みとなる構造材の部材から、材料的に問題がないか確認しましょう。

   特にどこにどのような材料が使われているのかも確認してください。



工事中の現場には、建築会社の真の姿が現れます!

少々大げさと思うかもしれませんが、大事なポイントです。


具体的にどんなところを見ればいいの?

 ①現場がきれいか?汚いか?

 ②材料は何をどこになぜそれを使っているのか?

 ③現場での社内の検査体制はどうなっているのか?

 ④現場で立ち会って工事内容を確認する制度はあるのか?

 ⑤現場で働いている職人さんのマナーは?

 ⑥接客スタッフの対応は?

これらを確認することで、建築会社の住まいづくりに対する想いがわかり、

信頼できる会社であるか判断する事ができます。

信頼できるということは、夢を託せるパートナーを見つけることができるのです。


と言いつつ、弊社は決して優れているわけでもありません。

他社と比べてどれだけの会社なのか比較検討していただければ幸いです。




古宮の家の大工さんが2階の床張り作業が終わり、外周のボード貼り中。


「HKハウス古宮の家」で構造見学会を年明け早々の1/10土曜日開催。

  構造見学会もセミナー形式で行いますので、

  ご参加希望の方は13:30にお越しください。

   設計セミナーを 14:00~14:30

   構造全般の話を14:30~15:00


   場所:HKハウス古宮の家(加古郡播磨町古宮)

  事前予約が必要ですので、詳しくは、 弊社イベント情報 をご覧ください。

  

Posted by 明石の日置建設  at 23:59Comments(0)HKハウス古宮の家

2015年01月05日

今年は明るい年になりそうだ!

今年の仕事始めは、少し遅い1月7日ですが、

私は一足早く今日から始動しました。



明石の勤労会館で新年交換会がお昼に開催。




冒頭、泉市長の挨拶で、兵庫県下で明石市だけがここ2年人口が増加している。

子育て世代が明石で暮らしたいと希望し、明石で新築住宅を購入する

傾向が強くなっている。

それは、「明石市に住む0歳から中学生までの子どもの医療費が無料!」

住宅業界にもいいし、明石市の経済効果も上がってくる。

しかも、今年は景気も上向きになりそうなので、明るい年になりそうだ!とのこと。


そんな情報と業界紙「住宅産業大予想」を年末年始に読んで、

只今、今年の方向性を文章化しています。




  

Posted by 明石の日置建設  at 22:28Comments(0)仕事に対しての取り組み

2015年01月04日

江井島海岸のきれいな夕日

1月4日の夕方に江井島海岸に行ってみると、

ちょうど灯台に一直線に沈んでいく夕日が見れて、

思わずスマホで撮影しました。




夕日のラインがきれいに海に反射し、灯台を包み込んでいます。




この時期の夕日の写真はきれいに撮れるのか10名ほどの方が

大きな望遠レンズを持って撮影に来ていました。  

Posted by 明石の日置建設  at 23:28Comments(0)私の仕事以外の取り組み

2015年01月03日

神戸新聞にて新年の挨拶

1月3日の神戸新聞朝刊12面の全県版にて新年のご挨拶。





私の記事は、下段の中央付近掲載されました。

- 健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを -


マイベストプロ神戸のメンバーとして紹介。

詳しくはマイベストプロのHP で確認ください。
  

Posted by 明石の日置建設  at 23:28Comments(0)仕事に対しての取り組み

2015年01月01日

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。




今年も 江井島海岸から撮影した初日の出です。




海岸から見える景色がきれいので、毎年たくさんの方が初日の出を見に来られます。




しかし、初日の出の時刻が7時過ぎでしたが、厚い雲がかかっていて、

一向に雲が動く様子もなく、時間が過ぎていくたびに人が減っていき、

7時45分にはほとんど人がいなくなってしまいましたが、待つこと1時間10分。




8時になってようやく初日の出を拝むことができました。






今年も例年と同じように、

年が明けた12時過ぎに地元の氏神様「西江井の住吉神社」にお参りし、

そのあと「魚住の住吉神社」にもお参りしました。


今年は去年のホップからステップと飛躍するためのよい年に

なりますよう、お誓いし、お参りしてきました。



  

Posted by 明石の日置建設  at 23:01Comments(0)仕事に対しての取り組み