ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2013年05月31日

谷八木Ⅱの家、耐震等級3の基礎

長期優良住宅の「HKハウス谷八木Ⅱの家」、

地鎮祭を終えて、只今、基礎工事中です。




南東から見た建物正面からの模型


現場の施工状況は、




地鎮祭前に、式の流れを魚住の住吉神社の神主様から聞いて地鎮祭を行います。




鍬入れの儀は、お施主様が行っていただく大切な儀式です。


地鎮祭を終えて、建築確認申請済み書がおりると工事着工。




掘削をして、シロアリ対策用のターミダンシートを全面に敷き、

外周は捨てコンクリートを打設し、配筋作業中です。




型枠を建て、基礎の外張り断熱で

シロアリ対策用のTBボードを型枠に止めます。




N値計算法(構造計算により柱の軸力を算定するのは非常に労力を要します。

そこで、耐力壁の倍率から簡易的に引張力を算定する計算方法です。)により、

耐震等級3というしっかりと基礎なので、配筋量も通常の基礎より多くなります。

但し、許容応力度計算による基礎と違い、ハンチという下向きの配筋がありません。


今日、検査員資格をもった私の方で、

基礎の配筋が完了したので、配筋検査を行いました。

  


Posted by 明石の日置建設  at 23:03Comments(0)HKハウス谷八木Ⅱの家