ポチッと応援お願いします⇒ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
ただいま過去の記事を整理中で、写真が見えていない記事があります。m(_ _)m
写真が正常に表示された過去記事を読みたい場合はこちらへ⇒優優素材住宅のススメ

2010年12月27日

「松江Ⅱの家」屋根一体型太陽光発電

長期優良住宅の「HKハウス松江Ⅱの家」に

パナソニックの屋根一体型太陽光発電システムを設置しました。




「野地ぴたF」という屋根と一体感のあるデザインの太陽光パネルです。


屋根材一体型の特徴は、

・ 景観性・意匠性 太陽電池を含め、屋根がひとつのシステムとなり
  全体として調和がとれデザインで、美しい屋根が構築できます。

・屋根荷重の軽減 軽い。地震にも強い軽量設計です。

・ 工期の短縮 屋根施工完了と共に、太陽電池の設置が終了し、
  施工性が優れ工期短縮が可能です。

・モジュール自身が屋根材であり周囲の屋根との取合もいいため、
  総費用を低く抑えることができる。



  
現場では、屋根が終わり、外部の外張り断熱工事も終わりました。



ここで、太陽光発電システムを検討中の方へ


国の「太陽光補助金」の補正予算が決定!


12月22日付けで、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)より、

平成22年度補正予算分補助金の開始が発表されました。

補助金7万円/kwと売電単価¥48という大きなメリットは

本年度が最後とも言われています。


太陽光発電スステムは、既存住宅の屋根にも設置可能です。


詳しくは、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)

ホームページをご覧ください。


  


Posted by 明石の日置建設  at 22:18Comments(0)HKハウス松江Ⅱの家